ローディング中

Loading...

砂糖って放っておくと、かちかちに固まってしまいますよね。しかし、意外と簡単にさらさらな状態へと戻すことができるんですよ!少ない道具で、家にあるものだけでできる方法や、あらかじめ予防ができる方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

固まった砂糖って使いづらい……

料理をするとき、砂糖は欠かせない調味料ですよね。
しかし、いざ使おうとしたら、かちかちに固まって使えない……なんてこと、ありませんか?仕方なくスプーンでほぐしたり削ったりして使うことが多いと思いますが、なかにはそのまま捨ててしまう人も少なくありません。

でも、ちょっと待ってください!
じつは固まってしまった砂糖は、意外と簡単にさらさらとした状態へと戻すことができるんですよ。さらにちょっとした手間をかけることで、固まらずに保存できる方法まであります。

朝の人気情報番組『ZIP!』にて紹介され、たちまち話題となったその方法を、今回はお教えしたいと思います。

砂糖が固まる原因は?

じつは乾燥が大敵!

そもそも、なぜ砂糖は放っておくと固まってしまうのでしょうか?

その理由は、砂糖の製造工程にあります。砂糖は製造されると、さらさらの状態を保つため、仕上げとして糖蜜(水分)を吹きかけられるのですが、保存しておくうちに糖蜜の水分が抜け、再結晶化して固まってしまうのです。
つまり、水分が抜けて乾燥したことで砂糖の粒同士がくっつきやすくなり、固まるんですね。

湿気にも注意

乾燥が危険ということは、湿度が高い状態なら大丈夫?と思いますが、そんなことはありません。湿気がある状態でも、砂糖は固まりやすくなってしまいます。

じつは、砂糖が湿気を吸うと、表面が溶けてさらにくっつきやすくなるんです。そんな状態で、保存容器に乾燥剤を入れられてしまったら……もう、かっちかちですよね。だからと言って乾燥剤を入れずにおいても、徐々に乾燥していくことには変わりないので、結局くっついてしまいます。

買ったそのままが一番の保存方法!

結局のところ、砂糖を密閉状態の袋から出してしまうと、もうそこは湿気と乾燥の世界が広がっているので、すぐに使わないのであれば封を開けずにそのまま保存しておくのが一番のようです。しかし、それでは正直言って、なんの解決にもなりませんよね。

そこでここからは、かちかちに固まってしまった砂糖の戻し方をご紹介します。

固まった砂糖を元に戻すには?

簡単解決法

一番の解決法として知られているのは、湿らせたキッチンペーパーを、ふたと容器の間に挟むという方法。湿らすということは、湿気がすごいことになりそうですが、じつは想像するのとは逆のことが保存容器の中では起きているのです。

なぜ戻るの?

なぜ固まった砂糖が、湿らせたキッチンペーパーでさらさらの状態に戻るのでしょうか。それは、固まってしまった粒同士の結合が、湿気によって緩むからです。簡単に言うと、キッチンペーパーが、砂糖から蒸発する水分を吸収し、容器の外に逃がさないようにしているため。

この方法は予防にも最適なので、使う機会が減ってきたり少し時間が経ってきたなと感じたら、試してみるといいかもしれませんね。

そのほかの方法も

水を一滴たらす

たった水を一滴たらすだけ。もしくは霧吹きでひと吹きするだけです。先ほど説明したとおり、砂糖が固まる原因は水分の蒸発・乾燥。なので、また水を足してあげればいいという単純な方法です。

1時間くらいから効果が出始め、3時間くらいで大体戻ります。ひと晩経てば、すっかり元通りのさらさら状態になりますよ。ただし、かけすぎると砂糖が溶けだしてしまうので、注意してください。

電子レンジを使う

もうひとつは、電子レンジを使う方法。上白糖以外の砂糖では、基本的に湿気により固まりやすくなります。すでに固まってしまった砂糖は温めもそれほど変化はありませんが、湿気を抱えたままだと、さらに固まりやすくなってしまうのです。

なので、これ以上に固まりにくくするということで、電子レンジを使うことは効果的。レンジにかけたあとは、密閉した容器に入れて、湿気がうつらないようにして保存することが大切です。そして先ほども説明したとおり、上白糖には不向きです。あとは電子レンジにかけすぎると砂糖が溶けてしまいますので、注意してくださいね。

固まらないように予防する方法

さらさら状態に戻したいのはもちろんですが、できればそんな手間をかけることなく、ずっとさらさらでいてくれたらうれしいですよね。ここからは、固まらないための予防法をいくつかご紹介します。

密封容器に保管する

やはり砂糖は湿気にとても弱いので、密封できる容器に入れて、外からの湿気をシャットアウトしましょう。密閉しておけば、水分が外に出ていくこともありません。

冷蔵庫で保管する

砂糖が固まりやすい時期を考えると、夏が多いのではと思いませんか?
そう、砂糖は熱に弱いのです。温まると表面が溶け、さらにくっつきやすくなってしまうため、冷暗所や冷蔵庫などで保存をするのがおすすめ。普通に保管するより、長持ちしますよ。

顆粒状糖を一緒に入れておく

顆粒状糖とは、フロストシュガーとも呼ばれる、粒の大きい砂糖のことです。分かりやすい例としては、プレーンのヨーグルトに付いてくる砂糖。それらは固まりにくい性質を持つため、混ぜておくことで全体が固まりにくくなります。同じ砂糖なので味が変わることもありませんよ・

早速実践してみよう!

いかがでしたでしょうか。
こうしてまとめてみると、ほんのひと手間を加えるだけで、簡単にさらさらの状態に戻るということが分かりますね。ちょっとした工夫で長持ちさせることができるなら、やらない手はないでしょう!料理には欠かせない調味料だからこそ、大切に使いたいものです。

どれも、きちんと正しくおこなえば効果テキメンの方法ばかりなので、ぜひみなさんも実践してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コーヒー

今回紹介するのは「コーヒービーンズシュガー」。名前が紛らわしいですが、コーヒー豆の形を模した砂糖のことです。特にカルディのコーヒービーンズシュガーは、手軽に手に入ることもあり、流行に敏感な女子の間で大人気なん…

調味料

きび砂糖とは、さとうきびを原料として作られている砂糖です。ほかの砂糖に比べ旨味成分が多く含まれ、カルシウムやカリウムと言ったミネラル成分を多く含んでいるため体にもよいとされています。今回はそんな魅力がたっぷり…

まとめ レシピ 餃子

餃子は手作りしてもおいしいし、自宅で作る方も多いでしょう。でもつい作りすぎるというのもよくある話。そんなときイタリアンにアレンジして、おいしく食べられる方法があります。「ギョウザニア」といういま話題の料理レシ…

残った砂糖をそのまま保存していたら、カチカチに固まったという経験はありませんか?そもそも砂糖って賞味期限があるのでしょうか?今回は、砂糖の賞味期限や保存方法、固まった砂糖を元に戻す方法をご紹介します。

サラダ アメリカ まとめ

NYで人気を博し、日本にも流行がじわじわと迫っている「パワーサラダ」を知っていますか?これひとつ食べれば、足りない栄養素を補うことができ、ボリュームも抜群なんです。都内でパワーサラダが食べられるお店をご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

八王子 焼肉 すき焼き

皆さんご存知「孤独のグルメ Season4」先日7月30日放送の第4話で登場したのは八王子にある焼肉店「大幸園」なんとこちら、多摩地区最強とも言われる、知る人ぞ知る地元の名店なんです。それではじっくりご紹介し…

新潟 お土産 スイーツ まとめ

新潟といえば、大自然から生まれた「おいしいもの」がたくさんあります。そんな、食材の宝庫・新潟県では、どのようなお土産が手に入るのでしょうか。わざわざ買いに行きたくなるような、絶品新潟土産をご紹介していきたいと…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...