ローディング中

Loading...

砂糖を放っておくと、かちかちに固まってしまいますよね。しかし、とっても簡単にさらさらな状態へと戻すことができるんですよ!家にあるものだけで戻す方法や、あらかじめ防止する方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

固まった砂糖って使いづらい……

料理をするとき、砂糖は欠かせない調味料ですよね。
しかし、いざ使おうとしたら、かちかちに固まって使えない……なんてこと、ありませんか?仕方なくスプーンでほぐしたり削ったりして使うことが多いと思いますが、なかにはそのまま捨ててしまう人も少なくありません。

でも、ちょっと待ってください!
じつは固まってしまった砂糖は、意外と簡単にさらさらとした状態へと戻すことができるんですよ。さらにちょっとした手間をかけることで、固まらずに保存できる方法まであります。

朝の人気情報番組『ZIP!』にて紹介され、たちまち話題となったその方法を、今回はお教えしたいと思います。

砂糖が固まる理由とは?

じつは乾燥が大敵!

そもそも、なぜ砂糖は放っておくと固まってしまうのでしょうか?

その理由は、砂糖の製造工程にあります。砂糖は製造されると、さらさらの状態を保つため、仕上げとして糖蜜(水分)を吹きかけられるのですが、保存しておくうちに糖蜜の水分が抜け、再結晶化して固まってしまうのです。
つまり、水分が抜けて乾燥したことで砂糖の粒同士がくっつきやすくなり、固まるんですね。

湿気にも注意

乾燥が危険ということは、湿度が高い状態なら大丈夫?と思いますが、そんなことはありません。湿気がある状態でも、砂糖は固まりやすくなってしまいます。

じつは、砂糖が湿気を吸うと、表面が溶けてさらにくっつきやすくなるんです。そんな状態で、保存容器に乾燥剤を入れられてしまったら……もう、かっちかちですよね。だからと言って乾燥剤を入れずにおいても、徐々に乾燥していくことには変わりないので、結局くっついてしまいます。

買ったそのままが一番の保存方法!

結局のところ、砂糖を密閉状態の袋から出してしまうと、もうそこは湿気と乾燥の世界が広がっているので、すぐに使わないのであれば封を開けずにそのまま保存しておくのが一番のようです。しかし、それでは正直言って、なんの解決にもなりませんよね。

そこでここからは、かちかちに固まってしまった砂糖の戻し方をご紹介します。

固まった砂糖を元に戻すには?

簡単解決法

一番の解決法として知られているのは、湿らせたキッチンペーパーを、ふたと容器の間に挟むという方法。湿らすということは、湿気がすごいことになりそうですが、じつは想像するのとは逆のことが保存容器の中では起きているのです。

なぜ戻るの?

なぜ固まった砂糖が、湿らせたキッチンペーパーでさらさらの状態に戻るのでしょうか。それは、固まってしまった粒同士の結合が、湿気によって緩むからです。簡単に言うと、キッチンペーパーが、砂糖から蒸発する水分を吸収し、容器の外に逃がさないようにしているため。

この方法は予防にも最適なので、使う機会が減ってきたり少し時間が経ってきたなと感じたら、試してみるといいかもしれませんね。

そのほかの解消法も

水を一滴たらす

たった水を一滴たらすだけ。もしくは霧吹きでひと吹きするだけです。先ほど説明したとおり、砂糖が固まる原因は水分の蒸発・乾燥。なので、また水を足してあげればいいという単純な方法です。

1時間くらいから効果が出始め、3時間くらいで大体戻ります。ひと晩経てば、すっかり元通りのさらさら状態になりますよ。ただし、かけすぎると砂糖が溶けだしてしまうので、注意してください。

電子レンジを使う

もうひとつは、電子レンジを使う方法。上白糖以外の砂糖では、基本的に湿気により固まりやすくなります。すでに固まってしまった砂糖は温めもそれほど変化はありませんが、湿気を抱えたままだと、さらに固まりやすくなってしまうのです。

なので、これ以上に固まりにくくするということで、電子レンジを使うことは効果的。レンジにかけたあとは、密閉した容器に入れて、湿気がうつらないようにして保存することが大切です。そして先ほども説明したとおり、上白糖には不向きです。あとは電子レンジにかけすぎると砂糖が溶けてしまいますので、注意してくださいね。

固まらないように防止する方法

さらさら状態に戻したいのはもちろんですが、できればそんな手間をかけることなく、ずっとさらさらでいてくれたらうれしいですよね。ここからは、固まらないための予防法をいくつかご紹介します。

密封容器に保管する

やはり砂糖は湿気にとても弱いので、密封できる容器に入れて、外からの湿気をシャットアウトしましょう。密閉しておけば、水分が外に出ていくこともありません。

冷蔵庫で保管する

砂糖が固まりやすい時期を考えると、夏が多いのではと思いませんか?
そう、砂糖は熱に弱いのです。温まると表面が溶け、さらにくっつきやすくなってしまうため、冷暗所や冷蔵庫などで保存をするのがおすすめ。普通に保管するより、長持ちしますよ。

顆粒状糖を一緒に入れておく

顆粒状糖とは、フロストシュガーとも呼ばれる、粒の大きい砂糖のことです。分かりやすい例としては、プレーンのヨーグルトに付いてくる砂糖。それらは固まりにくい性質を持つため、混ぜておくことで全体が固まりにくくなります。同じ砂糖なので味が変わることもありませんよ・

さらさらの砂糖でイライラ解消!

いかがでしたでしょうか。
こうしてまとめてみると、ほんのひと手間を加えるだけで、簡単にさらさらの状態に戻るということが分かりますね。ちょっとした工夫で長持ちさせることができるなら、やらない手はないでしょう!料理には欠かせない調味料だからこそ、大切に使いたいものです。

どれも、きちんと正しくおこなえば効果テキメンの方法ばかりなので、ぜひみなさんも実践してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お菓子 調味料 レシピ

クレームブリュレ作りに欠かせない、さとうきび100%のブラウンシュガー「カソナード」。良質なさとうきびから作られるカソナードは、その独特の香りやコクのある味わいで、お菓子作りから飲みものまでいろいろな使い方が…

スイーツ まとめ 東京 お土産

朝の情報番組「ZIP!」で、今が旬の「栗」を使ったスイーツを味わえるお店が10店舗紹介されました。比較的ゲットしやすいものから、レアなものまで……。実にたくさんのマロンスイーツがあ…

調味料

あまり知られていない塩の賞味期限。いつまでも使えるイメージがありますが、果たしてどうなのでしょうか。本記事では、塩の賞味期限・保存方法について解説いたします。意外な事実がわかるはずです。特に塩の味付けが好きな…

スイーツ

去年は原宿で、今年は福岡で行われた「あいぱく」こと「アイス万博」。日本中からめずらしい味のアイスが大集合し、大盛況のうちにイベントを終えました。今回はその中でも、アイスのプロがおすすめするアイスを紹介します!

レシピ

様々な料理に使われるはちみつですが、気づかないうちにいつも固まる…そんな経験、ありますよね。はちみつが固まる理由ってなんでしょう?上手な戻し方は?今回は、固まったはちみつの対処法や活用法を詳しく…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

調味料 まとめ

わたしたちが普段見ている「みりん」と「みりん風調味料」には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?どうやら料理によって、使い分けができるみたいですよ。きちんとその違いを知り、あなたも料理上手になりましょう!

パン サンドイッチ レシピ まとめ

ラップやホイルで食パン巻いて作る「ロールサンドイッチ」は簡単なのにとってもおいしい!華やかでかわいいので、運動会やピクニックなどのお弁当にもおすすめです。今回は、失敗しないロールサンドイッチの作り方やコツなど…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...