ローディング中

Loading...

最近、「バナナ酢」の健康、美容効果が大きな注目を集めています。バナナをお酢に漬けるだけの簡単なものなのに、毎日飲むだけでやせる、きれいになると大評判!今回は、バナナ酢の効果や作り方、飲み方、保存期間まで、詳しくまとめてみました。

バナナ酢とは

「バナナ酢」はもともと、10年ほど前に雑誌やテレビで取り上げられ、人気を集めたダイエット法です。当時のブームを記憶に残している人もいらっしゃるのではないでしょうか。バナナ酢を手作りして飲むだけで、やせた!肌の調子がよくなった!便秘が改善した!との声が、さまざまなメディアで取り上げられました。

過去に一度話題になったダイエット法や美容法、健康法が、月日を経て、改めて注目されることがよくあります。近年では「酢玉ねぎ」もそのひとつです。じつは初めてメディアで紹介されたのは、今から30年近く前。逆にいえば、それほど長く美容や健康に活用されているわけですから、効果を実感している人が多いとも考えられますね。

バナナ酢も最近になって、改めて急速に注目を集めています。手軽に作れて美容と健康の両面に役立つので、ぜひ試してもらいたいセルフケアです。今回は、バナナ酢の効果や作り方、やり方、飲み方など、詳しくご紹介します。

バナナ酢の効果効能

バナナ酢はその名のとおり、バナナとお酢がメイン材料です。このふたつの食材が持つ作用を同時に実感できることから、さまざまな効果が期待できます。バナナとお酢に含まれる栄養から期待できる効果を、以下に詳しくまとめました。

ダイエット

お酢に含まれる3つの「酸」がダイエットを促します。クエン酸は、糖と脂肪を燃やすクエン酸回路という体内の働きに欠かせません。酢酸はそのクエン酸回路の活性化をサポートしてくれます。また、アミノ酸は「リパーゼ」という酵素を活発にさせます。リパーゼは体脂肪を分解する作用があるため、体重や体脂肪の減少を促すんです。

便秘の改善

バナナに含まれる食物繊維「ペクチン」とオリゴ糖が、お通じをよくします。特にオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれるので、腸内フローラの改善にも役立つでしょう。腸内フローラをよい状態に保つことは、健康と美容の土台作りに欠かせません。

美肌

肌の酸化(老化)を促進させる原因のひとつが、活性酸素です。活性酸素はエネルギー代謝の際に発生する酸化物質で、髪、肌、血管など全身の老化を引き起こします。肌の細胞を酸化させれば、シワやシミなどの原因になるでしょう。

お酢に含まれるクエン酸には、活性酸素を除去する働きがあるため、肌のアンチエイジングを後押しするんです。バナナに含まれるβカロチンが体内でビタミンAに変わり、皮膚の粘膜を守ってくれる点も見逃せません。

血液サラサラ

お酢に含まれるリジン、アラニン、ロイシンなどのアミノ酸は、血中の脂質などを下げて、血液をきれいにする働きがあるとされます。

デトックス

お酢は肝臓の働きをサポートします。肝臓は有害物質を無害化して、体外に排出するデトックス作用を持っていますが、現代人の肝臓はストレスや睡眠不足などで疲れぎみ。お酢を日常的に摂ることで肝臓の機能を高めれば、デトックス作用も期待できます。バナナに含まれる食物繊維も、体内の老廃物を排出してくれるデトックス成分です。

疲労回復

お酢から摂取するクエン酸が体内のクエン酸サイクルを活性化させて、疲労の回復を促します。また、バナナの糖質がクエン酸サイクルの回転を高めてくれるため、ふたつの食材は疲労回復に抜群の組み合わせです。

バナナ酢の作り方

バナナ酢の基本的な材料は、バナナ、お酢、黒糖です。お酢は穀物酢や果実酢を使うようにして、合成酢は避けましょう。黒糖は甘味料として使うので、代わりにはちみつを利用してもかまいません。

材料

・バナナ
・黒糖
・お酢
・耐熱容器

作り方

バナナは皮をむいたら輪切りにします。耐熱容器に黒糖とバナナを入れたらお酢を注ぎ、ふたをせずに電子レンジで加熱します。取り出してふたをして、翌日まで常温に置いたら完成です。

バナナ酢の保存期間

バナナ酢に入れたバナナは、1週間ほどで取り出してください。取り出したバナナもヨーグルトをかけるなどして食べられますが、無理に食べる必要はありません。

バナナ酢自体は、常温で1年間保存できるといわれています。ただし、ほぼ密閉した状態の保存期間。1日に何度もふたを開閉する場合は、必ず冷蔵庫で保存し、2~3週間で使い切るようにしてください。

バナナ酢の飲み方

大さじ1杯のバナナ酢を、お好みの割り方で飲むようにしましょう。1日の摂取量は大さじ2〜3を目安にしてください。飲むタイミングに決まりはありませんが、朝昼晩の食前に飲むと効果が出やすいといわれています。

ただし、胃腸の弱い人が空腹時に飲むと、刺激が強いかもしれません。何か軽く口にしたあとに飲むとよいでしょう。バナナ酢の人気の割り方には、以下のようなものがあります。

水割り

一番シンプルな割り方です。お酢だけを水で割って飲む方法もありますが、少々飲みにくいのが欠点。バナナと黒糖で甘みのついたバナナ酢はわりと飲みやすいので、水で割る方法がもっとも手軽で続けやすいかもしれません。

牛乳割り

牛乳や豆乳で割る方法も人気です。飲むヨーグルトのような口当たりと味わいで、おいしいと評判。刺激も和らぐので、胃腸が弱い人におすすめの割り方です。

ジュース割り

お酢の味が苦手という人は、ジュースで割れば気軽に飲めます。ただし、糖質たっぷりのドリンクは避けて、100%ジュースを選ぶようにしましょう。どんな種類でもOKです。

炭酸水割り

炭酸水で割ればさっぱりとした飲み口になるので、特に暑い夏の時期におすすめです。炭酸水はお腹にたまりやすく、食前に飲めば食べる量を減らす効果も期待できます。

バナナ酢の上手な利用法

バナナ酢は飲用だけでなく、食事に活用することもできます。たとえば、サラダドレッシングのお酢をバナナ酢にしたり、ちらし寿司の合わせ酢にしたり。バナナ酢は「飲みやすいお酢」と考えていただければよいので、お酢を使うレシピであればどんなものにも活用できます。

おわりに

ダイエット、美容、健康効果が改めてフューチャーされる「バナナ酢」。ぜひ、そのすぐれた効果を体感してみてください。

簡単に手作りできるだけでなく、割って飲んだり食事の調味料に活用したり、使い勝手抜群。お酢よりもまろやかな味なので、お酢がやや苦手な人でも受け入れやすいのではないでしょうか。ぜひ、日々の食生活に加えてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

シンプルなのに大人気な丼といえば「しらす丼」。生でも釜揚げでもおいしいしらすは、ごはんに乗せるだけでごちそうに大変身します。今回は、それらのしらすを使った丼ものレシピを20選ご紹介します。今すぐ、コンビニで買…

チョコレート スムージー ドリンク

ショコラトリー「デカダンス ドュ ショコラ」の銀座本店限定で、チョコレートスムージー2種が発売!ショコラをベースにオレンジやマンゴーなどの果実を合わせた濃厚ショコラドリンクと、ストロベリーの酸味が爽やかなホワ…

レシピ マッシュルーム アヒージョ きのこ まとめ

ソテーにしたりシチューにしたり、色々なレシピがあるマッシュルーム。オイルで煮込んだアヒージョはワインにもぴったりな大人におすすめのレシピですよね。マッシュルームのおすすめの食べ方はまだまだたくさん!簡単にでき…

レシピ まとめ

がっつりとスタミナをつけたいなら、豚丼はいかがでしょう?しょうがとにんにくで食欲をそそるレシピがいっぱい!豚バラ、豚こま、豚ひき、部位や用途に合わせた、簡単で人気のレシピ21選をご紹介します。冷蔵庫にストック…

ドリンク スイーツ マンゴー

コメダ珈琲から、ジェリコシリーズ・新フレーバー「マンゴーヨーグルト」が季節限定で発売されます!マンゴーの王様といわれるアルフォンソマンゴーの果肉を使用したジェリーに、相性抜群のヨーグルトが組み合わせられたひと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ スイーツ ヌテラ サンドイッチ

最近、じわじわと人気が高まっているイタリアのヌテラですが、ヘーゼルナッツから作られていて甘くてチョコレートのような味わいがあり、トーストに塗って食べるのが一般的ですよね。そのヌテラをホームメイドにしてみましょ…

「ホットパック」というものをご存じですか?麦などが詰まった袋を温めて使用するグッズです。寒い季節に肩や腰などを温めたり、湯たんぽとして使ったりすることができます。とても便利なグッズなので、ぜひその魅力にふれて…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る