ローディング中

Loading...

連載:一杯のお茶を、もっとたのしく

紅茶を代表する種類のひとつ「ダージリン」。爽やかな香りと個性豊かな風味を持ち「紅茶のシャンパン」と称えられることも。実は紅茶にはクオリティーシーズンと呼ばれる旬があることをご存知ですか?あなたの知らないダージリンの魅力に迫ってみましょう。

紅茶のシャンパンとも称される「ダージリン」

さまざまなお茶のたのしみ方を提案する本連載。以前、ダージリン、アッサム、ウバなどの紅茶の名前は産地から来ているというお話をしました。

インドを代表するダージリン、アッサム、ニルギリ

インドの三大茶産地といえば、ダージリン、アッサム、ニルギリ。それぞれ違ったキャラクターを持っていますので、飲み比べてみると面白いですよ。

個人的な意見ではありますが、大地のような重厚なお味とコクを感じたいなら、アッサムを。涼し気な風を感じるような爽やかさを臨むなら、ニルギリを召し上がるのがおすすめです。
今回は、アッサムやニルギリとはまた違う魅力をもつ「ダージリン」について、ちょっと詳しくお話ししたいと思います。

ダージリン紅茶の特徴とは

インドの北東、西ベンガル州 東ヒマラヤ連邦のひとつである霊峰カンチェンジュンガ(標高8,598m)の山麓にダージリン地区はあります。

標高が500〜2,000mの高地に茶園があり、谷の急斜面にへばりつくように茶畑が広がっているのが特徴です。
年間紅茶生産量はごくわずかで、茶樹の種類は中国種とよばれる中国が原産地のもの、または中国種とインドのアッサムが原産地のアッサム種の交配種、いわゆるハイブリッドが育成されています。

ダージリンは、高地に位置するため、昼夜の温度差が厳しいのが特徴です。

さらに、日中絶え間なく茶園を覆って流れる霧と、それを吹き飛ばす風、そして急に茶葉に当たり出す陽の光。これらの気候条件があいまって、ほかのどの地域でも製造することができない個性的なダージリン紅茶を作り出しているといえます。

爽やかなフレーバーとコク味が魅力

標高1,000mを越える「高地産のダージリンティー」は、一般的にカップ水色(すいしょく)は薄いのが特徴で、果物に似た爽やかなフレーバーとコク味があります。

のちに詳しく説明しますが、セカンド・フラッシュ期と呼ばれる時期に収穫される極上品には、「マスカテルフレーバー」と呼ばれるブドウのマスカットに似た芳香と、木質系の香りの混じったフレーバーが含まれ『紅茶のシャンパン』とも称えられています。

年間約10,000tの生産量のうち、極上品の比率は、5%と非常に少ないのですが、その希少性ゆえに、ドイツ、日本、イギリスなどの先進国を相手に、異常な高値を呼ぶことが多いのもまたダージリンの特徴のひとつです。
http://macaro-ni.jp/30690

「インディア・ ティー」のシンボルマーク インド政府茶業局(Tea Board of India)は、100%インド茶の商品に「インディア・ティー」のシンボルマークを制定し、有名産地3カ所、ダージリン、アッサム、ニルギリについてもそれぞれのロゴマークを設け、その地方の紅茶100%の商品にのみ使用を許可しています。

一年に3度ある「クオリティーシーズン」

お茶にも「旬」があるのはご存知ですか?
一年のうち特に優れたお茶が育つ時期があり、その時期はクオリティーシーズンと呼ばれます。(年によって、若干異なります)

通常は、年に1回あるかないかですが、ダージリンはなんとクオリティーシーズンが年に3回もあるのです!

3つのクオリティーシーズンは、それぞれに際立った特徴を持っています。どんな風に違うのか、順に見て行きましょう。

1. ファースト・フラッシュ(1st Flush)

ファースト・フラッシュは、いわゆる一番摘み期。時期は3月下旬から4月です。
外観(茶葉を熱湯で蒸らす前のドライの状態)は、薄緑色の葉が多く見られます。
フレッシュで、若々しく強い香味があるのが特徴。
水色は、薄い(明るい)黄色からオレンジ色をしめします。

2. セカンド・フラッシュ(2nd Flush)

セカンド・フラッシュは二番摘み期。例年、5月から6月がこの時期にあたります。味、香りともに一年でもっとも充実しているのが、このセカンド・フラッシュ。
卓越したものの中には、成熟したマスカテル・フレーバー、すなわちブドウのマスカットに似た芳香と、木質系の香りの混じったフレーバーが含まれます。
外観は、ファースト・フラッシュよりも茶褐色を呈します。
水色は明るく、若干濃いオレンジ色をしめします。

3. オータムナル(Autumnal)

3つめのクオリティーシーズンは、オータムナルと呼ばれる秋摘み期で10月から11月頃に訪れます。モンスーン期、雨期の後の乾燥期には、少量ながらも良質の茶が生産されます。

ご覧の通り、茶葉の外観には緑葉が消えています。
水色は、赤みを帯びたオレンジ色に。
香り、味はやわらかくマイルドなのが特徴です。

ブレンドとクオリティーシーズンティーの違い

ダージリンはクオリティーシーズンごとに個性が違いますので、その時の気分や、季節によって選ぶのも楽しいですね。

クオリティーシーズンティーは、とても希少なもの。また成分も強いので、普段に飲むというよりは、大切なお茶の時間などに一杯をじっくりと味わって飲んでいただきたいお茶です。

ふだん手に入れやすいダージリンティーは、ダージリン地区内で生産されているブレンドになります。

クオリティーシーズンティーが、毎回購入するたびに、味や香り、そして価格までも変化するのに対して、ブレンドは、そういった変化が出ないよう技術的に調整しています。

ひとくちにダージリンティーといっても、紅茶のブランドにより風合いが違うのは、そのブレンドの割合や技術の違いによるものなのです。

それぞれのブランドのブレンダーさんが、それぞれに工夫して、いつも同じ味や香り、そして価格になるようにお茶づくりをしているのですね!

日本人好みのダージリン、おすすめの飲み方

じつは、私はふだんレストランやカフェで「紅茶」をオーダーすると、何の紅茶がサーブされるかを個人的にリサーチしています。

現状は、かなりの高確率で「ダージリンティー」が提供されているようです。

日本では、紅茶といったらダージリンティーというように、ダージリンティーの風合いが人々に好まれていて、飲み慣れた味なのかもしれません。

最初にご紹介したように、インドにはダージリン、アッサム、ニルギリという三大産地があり、それぞれキャラクターがまったく違います。その中でも、ひときわ世界で高い人気を誇るのがダージリンティー。

いちおしは、ストレートで

セカンドフラッシュベースのブレンドでしたら、ミルクティーにしてもよいかもしれませんが、個人的には、ダージリンティーはストレートでいただくのがおすすめです。

ダージリンの特徴である、香りの素晴らしさをぜひ味わってみてくださいね!

また、暑い季節は、水出しアイスティーにすると、ダージリンならではのほのかな甘味をたのしめます。ぜひ試してみてください。

(写真&スタイリング/micamaru)

《一杯のお茶を、もっとたのしく》の記事一覧

しょうが

生姜を使ったアレンジティーは、おいしいというだけでなくダイエット効果も期待出来る組み合わせ!でも、ただ紅茶に生姜を入れれば良いのかというとそうでもないのです。せっかく飲むのだったら、目的にあった効果を最大限発…

スパイスティーと聞いてまず思い浮かぶのは「クリスマスティー」ですが、クリスマスシーズン以外にも飲みたいと思わせてくれる魅力がたくさんあるんですよ。自作のスパイスティーを一度淹れたら、その香りと味がくれる温かさ…

フランス語では、フランボワーズと呼ばれ、ジャムやソースに使われているラズベリーリーフは、古代ギリシャ神話では「神の白いフルーツ」といわれています。ヨーロッパで古くから「安産のハーブ」として、出産を控えた妊婦さ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

毎日食べるお米だからこそ、安くおいしく仕上げたいですよね♪そこで今回は、ご家庭に常備しているもので簡単においしくする方法を紹介します!簡単混ぜるだけでおいしいご飯の完成です♪

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

鶏肉 レシピ おつまみ まとめ

レバーは好きですか?牛レバーに続き、豚レバーも生食が禁止され、レバー好きの頼みの綱は鶏レバーとなりました。ここでは、鶏レバー好きさんのために、正しい鶏レバーの下処理方法から、鶏レバーを使ったおいしいレシピなど…

サラダ 神楽坂

今話題の奥神楽坂に野菜が必要なすべての人たちに送るパワーサラダ専門店「ハイファイブサラダ」がオープンします。運動後におすすめのメニューや、女子の好きなあの食材を使用したメニューまで。ぜひこの機会に楽しんでみて…

紅茶のみかまる

さいたま市浦和で、小さな紅茶とハーブの教室Lunarbow(るなぼ...

http://ameblo.jp/micamarche