ローディング中

Loading...

みんな大好きな「たぬきうどん」。サクサクの天かすとノドごしのよいうどんの相性が抜群ですよね。でもちょっと待って!じつは、天かすが入っているものだけが「たぬきうどん」ではないようです。どうやら関東と関西では呼び方がことなるようですよ。

関西にはたぬきうどんがない?

うどんの定番メニューである「たぬきうどん」。みなさんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

サクサクの天かすと、ツルッとしたうどんの相性が抜群でとてもおいしいですよね。「たぬきときつね、どちらが好き?」なんて会話もよく聞きます。そして関東のみなさん、当然「たぬきうどん」と聞くと天かすの入ったうどんのことを想像しますよね。

ところが、関西の方には「たぬきうどん」が通じないのです。もしかして、関西には「たぬきうどん」がないのでしょうか?いえ、どうやらそういうわけでもなさそうなのです。その謎を解いていきましょう!

関東と関西でたぬきときつねの意味が違う⁉︎

じつのところ、関西に「たぬきうどん」がないわけではなく、天かすが入ったうどんは存在します。ただ、呼び方が違うようなのです。

そして、ここからが少しややこしいのですが、関東で「きつねうどん」と呼ばれている油揚げの入ったうどんは、関西では「たぬきうどん」と呼ばれています。つまり、関東の「きつねうどん」は関西の「たぬきうどん」なのです。

関東の方が大阪などの関西地方に旅行へ行って「たぬきうどん」を注文したら、「きつねうどん」がきてしまった……なんてことが起きてしまうわけですね。

関東の「たぬき」と「きつね」

たぬきうどん

関東の「たぬきうどん」は、関西よりも先に誕生しました。江戸時代の終わりに、最初はイカのかき揚げをおそばにのせていたものだったそうです。しかし、関東ではごま油で揚げるので、衣が黒っぽくなり、その茶色っぽくなるところから動物のたぬきを連想させるような見た目になりました。それがいつしかイカがなくなり(揚げ物のタネを入れない=たぬき)天かすだけのうどんに変化したようです。

一方、関西では「きつねがうどんなら、たぬきはそばでしょう」という発想で、油揚げがのったそばを「たぬき」と呼ぶようになりました。そのほか、この名前の由来については諸説あるようです。

きつねうどん

「きつねうどん」は、関西が発祥です。1893年創業の「うさみ亭マツバヤ」の3代目店主、宇佐美芳宏さんが最初に作ったと言われています。最初は、かけうどんにいなり寿司を添えて、別々に出していたメニューでした。

ところが、そのうちお客さんが油揚げを直接うどんにのせて食べるようになり「きつねうどん」が誕生したそうです。

このきつねうどんが関東にも伝わって、油揚げがのったうどんは関西と関東どちらでも「きつねうどん」として親しまれるようになりました。

関西には「ハイカラうどん」がある

関西で、天かすがうどんの具の定番になったのは、大正時代です。当時の関西人が「捨ててもいいような天かすをいれるなんて、関東の人はハイカラやなあ」と皮肉を言ったことから、関東でのたぬきうどんを「ハイカラうどん」と呼ぶようになったそうです。

また、この「ハイカラうどん」は中国・九州地方でも通じるようです。皮肉から生まれた呼び名のうどん……なんだかちょっと複雑な気分ですね。

京都のたぬきうどん

関西とひとくくりに言っても、京都ではさらに変わった現象が起きていました。京都では「きつねうどん」にあんかけがかかったものを「たぬきうどん」としているそうですよ。

油揚げを2センチ幅に切って、京都の名産九条ネギと一緒にうどんにのせます。ここまでなら、京都でも「きつねうどん」と呼びます。

ですが、そこにあんかけをかけると「たぬきうどん」と呼ぶものになるそうなのです。具材が変わるわけではなく、あんかけをかけるかかけないかで「きつねうどん」か「たぬきうどん」か区別されるようになるなんて、おもしろいですよね。

北海道のたぬきうどん

北海道の「たぬきうどん」は、かき揚げをのせたものだそうです。関東では「かき揚げうどん」と呼ばれていますよね。ややこしいですが、北海道でかき揚げうどんが食べたいときは「たぬきうどん」を注文するということになります。

かき揚げうどんが「たぬきうどん」と名付けられた由来が、これまたユニーク。かき揚げは衣の割合が多く“タネが抜けているようだ”というところから「タネヌキ」を語源として名付けられたそうです。

たぬきうどんひとつで変わる食文化

あなたがお住まいの地域は、どの「たぬきうどん」でしたか?

つまりは、関東で「たぬきうどん」と呼ばれるものは、関西だと「きつねうどん」と呼ばれ、天かすの入ったうどんは「ハイカラうどん」と呼ばれているということですね。

「たぬきうどん」と「きつねうどん」。同じ名前でもそれぞれの地方によって、内容がことなるという興味深い事実がわかりました。こうして、昔から当たり前のようにある食事でも、調べてみると「当たり前」は自分の地域だけだったことに気づいたりもします。うどんひとつとっても、食文化というのは奥が深いものだということがわかりますよね。

今後「たぬきうどんを注文したのに違うものがきた!」なんてことにならないためにも、ぜひ覚えておきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

家族や友達と楽しむBBQ。これからの季節、海水浴もできる海でのBBQは最高ですね♩ただ機材の準備や食材の買い出しが大変……そこで、現地で機材をレンタルして、食材も調達できる「手ぶらBBQ」が楽しめる、海が近い…

冷やし中華 冷麺 関西

「冷やし中華はじめました」の張り紙が目立ち始める季節。なんと、関西では「冷やし中華」を別の名で呼んでいるんだとか!macaroni編集部内の西日本出身者にインタビューしてみました。あなたの地域では何と呼んでい…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

サニーレタスは冷蔵庫に入れても数日で傷んでしまいます。上手に保存するには、どんな方法がいいのでしょうか?冷凍?常温?意外にも、つまようじを使った方法で保存期間がのびるのです!サニーレタスのおすすめ保存方法や保…

豆腐

いつでも買い求めやすい「豆腐」。ヘルシーで美容にも効果があり、使いやすい万能食材です。嬉しい栄養がたっぷりですが、気が付くと賞味期限が切れてしまった事もありますよね? 今回は、保存方法や長期保存可能な充填豆腐…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スイーツ ビュッフェ カフェ まとめ

北海道といえば、“スイーツ王国”を掲げるほどおいしいお店がたくさん。ミルクやバターなどの原材料が新鮮なのが、おいしい理由のひとつです。今回はそんなスイーツ王国の中心である「札幌」で食べられる、絶品スイーツを1…

コーヒー まとめ カフェ

自宅でも、カフェでいただくようなおいしいコーヒーが飲みたいですよね。そんな願いを叶えてくれるのが「ドリップバッグ」。いつでもどこでも、手軽にコーヒーを淹れられます。そこで今回は、おすすめの「ドリップバッグ」を…

チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライ...

ページTOPに戻る