ローディング中

Loading...

ハリウッドセレブも多く実践している「レインボーダイエット」。食べ物は、色によって持つエネルギー(効能)に違いがあり、文字通りカラフルに食材を取り入れて食事する方法です。どのようなものを、いつ食べればいいのかなどご紹介していきます。

次々に出てくるダイエット方法

「ダイエット」とひと口にいっても、その方法は実にさまざま。炭水化物を抜くというものや、一食をほかの食材に置き換えるもの、食事の時間に重点をおくものなど……macaroniでもこれまで実に多くのダイエットについてご紹介してきました。
ユニークなダイエット方法もあります。気になる方はぜひチェックを!▼
さて、今回取り上げるのは、食べ物の色(色素)が関係するダイエット法なんです。料理でもカラフルな食材を使用すると、自然に栄養のバランスがとれるというのを耳にしたことはありませんか?そんな「色」にこだわった「レインボーダイエット」を紹介していきたいと思います。

レインボーダイエットとは?

レインボーダイエットは、ガブリエル・コスンス氏によって考案されました。コスンス氏によれば、"食物は固形の形をした光エネルギーである"のだとか。

食べ物は一つひとつ色が違い、その色にはきちんと意味があるのです。たとえば赤い色をした食べ物には、私たちにエネルギーや元気をくれるものがたくさんあります。

食べ物を光エネルギーの集合体ととらえ、色でエネルギーの種類を判断するのが、レインボーダイエットのやり方です。

色で必要なエネルギーがわかる!

食べ物の色で、その食べ物に含まれるエネルギーがわかります。私たちは無意識のうちに体が欲しがっている食品を選んでおり、青物野菜(緑の野菜)を食べたいと思うときは、そこに含まれるクロロフィル(細胞の成長をうながす栄養素)が必要なときであり、赤いフルーツを食べたいときはビタミンCが必要なときなのです。

食材の色で食事のバランスをととのえるのが、このダイエットのポイントといえるでしょう。

レインボーダイエットのやり方

レインボーダイエットの進め方としては、1日の時間の流れにそって、そのときに最適な食べ物を摂取すること。時間によってどの色の食べ物を食べるとよいかが決まっているのです。

また、有機栽培された野菜やフルーツは、光をたくさん持っていますが、加工された食品は、光エネルギーをほとんど失ってしまっています。太陽の光を浴びた食べ物を、体の中に積極的に取り入れるようにしましょう。

では早速、色がもっている栄養や効果をご紹介していきます。

さまざまな食材の色と栄養

赤→アンチエイジングに

トマト、にんじん、パプリカ、りんご、イチゴ、すいか、さくらんぼ。魚介類では、かつお、カニ、えび、鮭など。赤い色の食材は抗酸化力が強く、美肌にも効果あり。アンチエイジングの強い味方になってくれるでしょう。

黄色→皮膚のシミ・色素沈着予防

かぼちゃや黄色いパプリカ、バナナ、グレープフルーツ、オレンジ、レモン、マンゴー、卵など。これらの食べ物は活性酸素をとりのぞきお肌のシミや黒ずみなど色素が沈着するのを防いでくれます。

緑→免疫力アップ

アスパラガス、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草、水菜、ニラ、キウイ、おくらなど。緑色の食材は、体の免疫力をアップさせてくれます。貧血防止にもつながりますよ。

紫→眼精疲労・アンチエイジング効果

紫キャベツ(レッドキャベツ)、なす、さつまいも(皮つき)、ブルーベリー、巨峰、いちじく、ザクロ、あずきなど。目の疲れに効果を発揮してくれ、色素が豊富なので抗酸化力も強く、アンチエイジングにも効果が期待できます。

黒→美肌効果

黒豆、こんにゃく、黒ごま、プルーン、レーズン。海藻類では、昆布、海苔、ワカメ、もずく、めかぶ。黒い食材には、「アントシアニン」という成分が含まれていて、活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高く、細胞の老化を防ぎ、さらにはコラーゲンの合成を助ける働きも。

茶色→デトックス効果

ゴボウ、きのこ類、味噌、納豆、玄米、豚肉、牛肉、アーモンドなど。茶色の食べ物は、腸内環境をととのえて、お通じをよくしてくれます。結果的に美肌にも効果があるという、女性には欠かせない食材です。

白→バリア機能をアップ

玉ねぎ、大根、かぶ、カリフラワー、長いも、ショウガ、白身魚、鶏肉、豆腐、ヨーグルトなど。白い食材は、バリア機能をアップする作用があります。バリア機能とは、私たちの体にもとから備わっている、外からの有害物質や刺激を防ぐ働きのことです。また、肌内部に水分をキープし、保湿効果も期待できます。

時間ごとに摂りたい色や食材

朝→赤と黄色

フルーツに、赤や黄色、オレンジ色の食べ物が多いので、1日のスタートである朝食は、フルーツをメインにするといいでしょう。フルーツは、夜間に消化しきれなかった食物の消化を助ける働きもあります。

昼→黄色と緑

ランチでは、緑黄色野菜を食べるようにし、特に黄色や緑の食べ物に重点を置きましょう。サラダや柑橘系のフルーツ、かぼちゃ、卵を使った料理など。

夜→紫と白

日が沈んだあとは、落ち着いた色合いの食材を食べるようにします。ブルーベリーやなす、豆腐など。夕食は軽くしたほうが胃腸への負担も少なくて済みます。就寝前に食事を摂るときは、食べすぎに注意してください。
※白い食物はすべての光エネルギーを持つので、毎食食べるようにしてください。ごはんやパンがこれにあたります。

おわりに

色=エネルギーと考え、食物の色をベースに食事を考える「レインボーダイエット」。

朝はこれから動き出すわけですから、赤や黄色などの元気をもらえる色の食べ物を摂取し、夜は休息の時間で、紫などの落ち着いた色を持つものを食べる。1日の流れにそって、自然の空の色に合わせた食事の仕方は、大変理にかなっているともいえますね。

アメリカでは、ハリウッドセレブもすっかりハマっているというこの食事方法を、あなたも取り入れて健康美人を目指してみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スイーツ ケーキ ホットケーキ まとめ

炊飯器とホットケーキミックスで簡単ケーキを作ってみませんか?材料を入れて炊飯スイッチを押すだけでOK。仕上がりはしっとり、ふわふわで失敗なしですよ!今回は、定番のバナナやチョコなどのフレーバーケーキのレシピを…

カレー カレーパン まとめ

大人気テレビ番組「アメトーーク!」。今回は、番組内で「カレー大好き芸人」によって紹介されたおすすめカレーの数々をご紹介します。王道のカレーやユニークなカレー、はたまた激辛カレーが食べられるお店など、いろいろな…

まとめ

先日のスマステで紹介された「行列グルメ」が話題になっています。とんかつ専門店「成蔵」や海老フライ専門店「海老昌」など、どこも1時間以上の行列ができる人気店ばかり。いったいどんな料理を目当てに並んでいるのか、お…

レシピ アレンジレシピ まとめ

淡白で繊細、美味といわれる低脂肪のヒラメ。刺し身や寿司、煮付けなどで知られているヒラメは、フランス料理でも多く用いられている魚です。今回は、そんな透き通るような白さを持つヒラメを、さらにおいしく食べられるレシ…

まとめ

お料理は盛り付けや彩りなど、味だけではなく見た目も大きく影響しますよね。今回ご紹介するのは、見た目で騙されちゃう「そっくりフード」の数々!ホームパーティーで出したら注目の的になること間違いなしですよ。さっそく…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ まとめ スイーツ レモン

甘いスイーツも、少しのレモン風味があると味が引き締まり、さわやかな後味が残ります。レモン汁だけでなく、レモンの皮の擦りおろしもどんどん活用できるレシピをご紹介します。甘さと酸っぱさが心地よく混ざり合ったティー…

レシピ まとめ サンドイッチ

卵はやっぱり朝に食べたいなと思っている人へ、目玉焼きサンドイッチのアレンジレシピをお届けします。 焼きたての卵を挟んで食べるサンドイッチは一日の活力源。ボリュームも十分にありエネルギーが沸いてくるメニューです…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/