ローディング中

Loading...

お昼の人気テレビ番組『ヒルナンデス』にて紹介されたビタントニオのポップコーンメーカーをご存じですか?今まで家で作るのはむずかしいとされてきた、マッシュルーム型のポップコーンができるんです!今回は、そんな便利なマシンについてご紹介。

ビタントニオのポップコーンメーカー

みなさんは、「ビタントニオ(Vitantonio)」というキッチングッズメーカーをご存じですか?さまざまな便利グッズを発売し、もれなく大人気になることで有名ですよね。ワッフルメーカーなどは、持っている方も多いのではないでしょうか。

そんななか、最近とくに注目を集めている、あるキッチンアイテムがあるのです。
それが、今回ご紹介する「ポップコーンメーカー」。自宅でやるのには限度があったポップコーン作りを、かなり本格的なものにできるのです!

家族みんなで楽しめるので、あなたも試してみませんか?

ビタントニオのポップコーンメーカーはここがすごい!

油を使わない

ポップコーン作りには、今まで油が必要不可欠でした。しかしこのポップコーンメーカーは、余分な油を使わずに作ることができます。熱風で回転させることによって可能となったのですが、なんとできあがりまで1~2分という、かなり短い時間で作れるのです!熱風の威力を、改めて感じますね。

マッシュルーム型のふわふわポップコーンが作れる

じつはポップコーンには、2種類の形があることを知っていましたか?わたしたちが古くからなじみのある、爆発したような形の「バタフライ型」と、もこもこと膨れ上がったような「マッシュルーム型」のふたつです。

最近ではさまざまなフレーバーのポップコーンが登場していますが、そういった味つけをするのには、マッシュルーム型のほうが全体に味が絡みやすく、向いているのだとか。食感も、ふわふわサクサクとしていて、おいしいですよね。

そんなマッシュルーム型のポップコーン、今までは家で作るのはむずしいとされていました。高温で作らなければいけないため、リスクも伴うからです。しかしビタントニオのポップコーンメーカーなら、マッシュルーム型のポップコーンを作ることが可能になりました!

焦げつかない

油を使わず作っている間は、熱風でまわっているので、焦げつく心配もありません。機械の後片付けはただでさえ大変なのに、焦げなんかついたらと考えると恐ろしいですよね。しかしこちらの機械は後片付けも簡単なので、とくにお子さんのいるご家庭などにもおすすめです。

ポップコーンの作り方

ポップコーン豆を加熱部に投入

まずは、ポップコーンの素となる豆をマシンにセットするのですが、マッシュルーム型とバタフライ型では使用する豆から違うので、注意しましょう。マッシュルーム用の豆はあまり日本では浸透していませんが、輸入食品などを扱うお店に用意されている場合があるので、チェックしてみましょう。

計量スプーンをカバー上にセット

つぎに、豆を量った計量スプーンを、マシンの上部にセットするのですが、このときカチッとなるまでしっかりとセットしてください。そうしないと、できあがったポップコーンが弾けて、飛んでいってしまいます。

ダイヤルONしてスタート!

マシンに必要なものをセットしたら、あとはダイヤルを回してスタートするだけ!1~2分経てばできあがるので、そのままお待ちください。

ポップコーンにお好みのフレーバーを加えてシェイク

最後に、できあがったポップコーンにお好みのフレーバーを加え、ふたをしてシェイクしましょう。バターやチーズ、ココアパウダーなど、身近なもので味をつけられるので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。

ちなみにマッシュルーム型のポップコーンは、溶かしバターなどのタレのようなもので味つけするとよく絡みます。一方バタフライ型は、粉チーズなどのパウダー状のもので味つけするといいのだとか。

ポップコーンのアレンジレシピ

ハニーレモンポップコーン

ポップコーンではすこしめずらしい、柑橘系の爽やかなフレーバーです。柑橘系の酸味だけではなく、はちみつも入っているので、とろりと優しい甘みも兼ね備えています。香りをより楽しみたい人は、レモンの皮を少し入れてみるのもおすすめ。

味はもちろん、さっぱりあっさりのなかに優しい甘さがあって、クセになるおいしさ!グラニュー糖を少し入れるのがポイントです。

パリパリチーズポップコーン

サクサクとしたポップコーンのなかに、パリパリの食感を取り入れたこちらのフレーバー。溶けたチーズの上にポップコーンを並べるだけという、お手軽さも嬉しいですよね。お子さんと一緒に作れることもできます。

黒こしょうを多めにかけると、ピリ辛でパンチのある大人な味に早変わり!お酒のおつまみなどにもピッタリです。

マシュマロポップコーン

ポップコーンとは対照的な、むにむにとした食感のマシュマロ。このふたつのコラボが実現しました!マシュマロを30秒ほど電子レンジで温め、その上でポップコーンを箸で転がすだけのお手軽レシピ。何粒かをまとめ、画像のように旗を立てると、また雰囲気も変わって立食パーティーなどでも食べやすくなります。

バランスのいい甘さと塩気が食欲をかきたて、止まらなくなりますよ。

ビタントニオのポップコーンメーカーを手に入れて!

いかがでしたでしょうか?
ポップコーンは、知れば知るほど奥が深いですね。誰しもポップコーンにハマった経験が、一度はあるかと思います。しかし、この味はおうちで出せない味だなとあきらめがち……。しかしビタントニオのポップコーンメーカーを使えば、ご自宅で本格的なポップコーンが楽しむことができます。たくさんアレンジできるので、飽きることもありませんよ。

プレゼントととして贈れば、喜ばれること間違いなし!ぜひ一度手にとって、使ってみて、食べてみて、魅力を知ってください。あなたもきっと、やみつきになることでしょう。

Amazonにて購入できるので、気になる方はチェック!▼
ビタントニオのポップコーンメーカーを手に入れて!

出典:www.amazon.co.jp

ビタントニオ ポップコーンメーカー( シルバー×レッド ) ( VPC-10 )

¥5944

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ギャレットポップコーンから、「ミックスベリー キャラメルクリスプ™」が登場。ベリーとキャラメルが絶妙に合わさったリッチなポップコーンです。また、アメリカンテイストのデザイン缶「Stripes & Stars缶…

白金台

美しい焼き菓子やシュトーレンで有名な、白金高輪のパティスリー「パッションドゥローズ」。ここのローズケーキが美しすぎると、話題になっています。この鮮やかな色は何からできているのでしょうか?味は?ここで、口コミも…

バナナ

ククルザポップコーンから期間限定のフレーバー「ソルティバナナ」が新発売します。子供から大人までみんな大好きな「バナナ」を使用した今回のフレーバー♩そこのちょっぴり塩が加わった、お酒にも合うクセになる味わいをぜ…

アイスクリーム まとめ

1月24日放送の『ヒルナンデス』で「冬アイス3大トレンド」が紹介されました。暖房の効いた温かい部屋で冷たいアイスを食べるって冬ならではのプチ贅沢ですよね。今回はテレビで紹介されたこの冬注目のアイスをあらためて…

ヒルナンデスで紹介された進化系明太子、海千の「乾熟明太」が話題になっています。見た目はカラスミのような感じで、ごはんもお酒も進んじゃうというウワサ。いったいどんな味なのでしょうか?海千のほかの人気商品も含めて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン まとめ おしゃれ

普通抜いたワインやシャンパンのコルクは捨てるだけですが、実はそのコルクの独特の風合いを活かして様々な方法でオシャレに再利用することが可能です。ここでは、色々ある方法の中から厳選して「9」つご紹介いたします!ワ…

まとめ

ASOKO(アソコ)をご存じでしょうか?「サプライズを楽しもう!」というコンセプトの元、現在日本では4店舗の展開があるオシャレでプチプラな生活用品を取り扱っているお店です。その中でもオススメのキッチン・テーブ…

まとめ

Instagramでシェアされる美味しそうなお弁当に触発されてお弁当が作りたい!と思われている方、いらっしゃいませんか?そんな時に気になるのはお弁当箱。こちらの記事では軽くて丈夫、そしてお洒落なアルミ製のお弁…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

バナナ フルーツ

最近になって、「80℃バナナ」という健康法が大きな注目を集めています。もともと栄養豊かなバナナを80℃程度に温めて食べることで、健康効果がグンと高まるというのです。今回は、そんな「80℃バナナ」に迫ります!

おにぎりやお弁当に使われる定番の食品といえば、梅干し。この梅干しの酸味が無理なくダイエットを促すとして、最近、試している人が増えているとか。そこで、「なぜ梅干しでやせるの?」という疑問に今回はお答えします。

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...

ページTOPに戻る