ローディング中

Loading...

テレビ番組『ZIP!』で取り上げられた、エッグスンシングスの期間限定裏メニュー「ミックスベリーパンケーキ」。3種のベリーと生クリームがのったひと品ですが、食べるのにはちょっと特別な方法が必要なんです。詳しくご紹介します。

まだまだ続くパンケーキブーム

最近では女性だけでなく、男性にもファンが多いパンケーキ。ふわふわの食感に魅了され、いろいろなお店に足を運んで、休みの日にはパンケーキを食べ歩くという方も少なくないんじゃないでしょうか?

シンプルにパンケーキ自体のおいしさを楽しむタイプものから、フルーツをトッピングしてそのハーモニーを味わうもの、卵やベーコンなどと一緒に食事としていただくものまで、その幅は広く、依然として日本でのパンケーキブームはとどまるところを知りません。

次はどんなパンケーキが登場するんだろう?と心待ちにしている方も多いことでしょう。今回は、パンケーキ屋さんの代表とも言える「エッグスンシングス」のめずらしいメニューをご紹介します!

パンケーキの火つけ役となった「エッグスンシングス」

エッグスンシングスについて

日本でも、もうすっかりおなじみの「エッグスンシングス(Eggs’n Things)」。1974年にハワイでオープンし、"All day breakfast(1日中朝食を)"をコンセプトにしているカジュアルレストランです。

パンケーキはもちろんのこと、エッグスベネディクトやアサイーボウル、パパイヤボードなど、ハワイのトレンドを日本に広めたブームの火つけ役といって過言ではないでしょう。

生クリームたっぷりのパンケーキ

エッグスンシングスのパンケーキの特徴は、写真からもわかるように、た~っぷりと盛りつけられた生クリーム。

あまりのボリュームに、最初はおどろいてしまいますが、エッグスンシングスで使われている生クリームは植物性なので、ヘルシーなんですよ。量が多く見えますが、ホイップして空気をたくさん含んでふくらんでいるので、見た目よりも食感が軽く、女性でもペロッと食べちゃえます。

エッグスンシングスに裏メニューがある?

さて、そんなエッグスンシングスに、知る人ぞ知る裏メニューがあるそうなんです。朝の情報番組『ZIP!』でも、先日紹介されました。それは……ミックスベリーパンケーキ(1480円)というメニュー!
フレッシュなストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーがトッピングされたひと品。ふわっふわのホイップクリーム、ベリーソースを混ぜながら、パンケーキと一緒にいただきます。思わず幸せな気分になれちゃいますよ!

クリスマス限定メニューとして、以前ミックスベリーパンケーキが提供されたことはあるようですが、この時期に販売というのはめずらしいんだとか。

裏メニュー「ミックスベリーのパンケーキ」を食べるには

スマホでエッグスンシングスのfacebookをひらく

まずはスマートフォンで、ご自分が行くエッグスンシングスの店舗のfacebookのページをひらきましょう。
該当する店舗のfacebookを見つけたら、その中のミックスベリーパンケーキ(正式名称は、トリプルベリー、ホイップクリームとベリーソースのパンケーキ)の画像をスタッフに見せてオーダーします。

期間は2016年6月30日まで、と残りわずかですので、味わいたい方はぜひお早めにお店へ急いでくださいね!

ウェブ予約OKなお店も

お店によってはウェブで予約もできるんですよ。行列に並ばないで済むのはうれしいですね。

公式サイト内で各店舗の情報を表示すると、ウェブ予約が可能なお店は、「WEBで予約する」というボタンが表示されますので、クリックして進んでください。

横浜山下公園店は、4周年パンケーキを販売するためにミックスベリーパンケーキの提供はおこなっていないそうですのでご注意ください。4周年パンケーキも気になっちゃいますね。数量限定ですから、予告なく期間前でも終了する場合もあるようです。

ポイントサービスに登録する

エッグスンシングスでは、携帯の電話番号をIDとして、ポイントカード・スマホアプリが不要でポイントをためられるサービス、「エッグスンシングスラバーズポイント(Eggs'n Things Lovers Point)」のサービスを2016年4月からスタートさせました。
1度の来店で1ポイント。お店に設置してあるタブレットにご自分の携帯番号を入力すればOK。来店するたびにポイントがたまっていくシステムで、ポイントによってお店の人気メニューと交換ができるというお得なサービスです。これまで以上にエッグスンシングスを楽しめそうですね。

ミックスベリーパンケーキを注文される方は、こちらにもぜひ登録してみてくださいね。

ミックスベリーパンケーキを食べに行こう

魅力的な期間限定の裏メニューもあって、まだまだ目がはなせないエッグスンシングス。もちろん、そのほかのメニューも魅力満載のお店ですから、あなたもご家族やお友達、恋人と誘い合って、エッグスンシングスに行ってみてはどうでしょうか?

日本で最初にオープンした原宿店は特に混雑していて、常に長い行列ができている……というイメージをお持ちの方もおられるでしょうが、穴場の時間は夜8時以降、あるいは平日の朝9時までです。その時間帯に行けば、ほとんど待たずに入店できる確率が高いとのことですよ。

また雨の日や元日(原宿店は元日も営業)などを狙っていくのもいい方法ですよ。

ぜひ絶品パンケーキを堪能してみてください!

店舗情報(原宿店)

住所:東京都渋谷区神宮前4-30-2
電話:03-5775-5735
営業時間:9:00~22:30(L.O.21:30)※土日祝は8:00~
定休日:不定休
参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13105121/
公式サイト:http://www.eggsnthingsjapan.com/

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カフェ カレー うどん 原宿

「カワイイ モンスター カフェ(KAWAII MONSTER CAFE)」は、東京・原宿で最大級面積の最新スポットのカフェ。2周年を記念して、期間限定で夏のスペシャルセットメニューが販売されます。カラフルでお…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

東京 東京駅 お土産 スイーツ

東京駅の京葉線へと向かう通路の途中に位置する商業スポット・京葉ストリート。そちらで売っているスイーツたちは、手土産だけでなく、おやつや自分へのご褒美などにもオススメです!今回は、若い女性に食べてもらいたいお土…

オムレツ

ふわ〜りとろけるようなオムレツ作りに、自信はありますか?難しい火加減やテクニックがなくても、炭酸水を入れるだけで簡単に作れちゃうんですよ!普通に作ったオムレツと、味を比べてみました。作り方のコツも合わせてご紹…

トマト ラーメン 東京 まとめ

夏の野菜、トマトをたっぷり使った「トマトラーメン」が、ラーメン好き女子の間で大人気!? 暑い夏にもぺろりと1杯食べきれて、スープを飲み干しても罪悪感は一切なし♩ 今回は東京都内でおすすめのトマトラーメン店を厳…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ マンゴー まとめ

紅茶ブランド「リプトン」から、この秋、フルーツティーシリーズを新発売。定番の人気フレーバー「アップルティー」、「レモンティー」に、紅茶としては珍しいフレーバーである「ミックスベリーティー」、「ピーチ&マンゴー…

中華 まとめ お土産

点心は主食でもスナック感覚でも食べられますし、嫌いな人はいないのではないかと思いますが、なんとネットのお取り寄せで名店の点心を味わうことができちゃうんです!ここではそんなメニューの数々をご紹介したいと思います。

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

パスタ レシピ

明太子を使わない明太子パスタを作る方法があるってご存知ですか?テレビ番組で取り上げられ、実際に作ってみる人が続出しているんです。作り方は超簡単!定番の調味料を混ぜるだけなので明太子の味を再現できますよ!という…

みんな大好きキョロちゃんでおなじみの、チョコボールの発売50周年を記念して、森永が限定商品を発売したんです!50倍のチョコボールに金箔のチョコボール⁉︎と気になるその商品を、今回はご紹介します。販売店舗情報も…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る