ローディング中

Loading...

根室を代表するお菓子「オランダせんべい」をみなさんはご存知でしょうか?長崎ならともかく、北海道の根室で、なぜ“オランダ”なのか。その由来や、歴史、普通に食べるだけではもったいない、おすすめの食べ方などご紹介します。

根室の銘菓・オランダせんべいとは?

みなさんは、折っても割れない根室の銘菓「オランダせんべい」をご存知ですか?北海道・根室にある「端谷菓子店」で、昭和40年頃から販売されたお菓子で、根室市民にソウルフードとして愛されてきた銘菓なんです。

発売当初は、通常のおせんべいのようにパリパリとした食感でしたが、ファンの要望で現在のようなやわらかな食感に改良し、子供から大人まで男女を問わず、幅広い層に愛されています。

名前の由来

なぜ根室発祥なのに名前が「オランダせんべい」なのでしょうか?

名前の由来を調べてみると、江戸時代にオランダ商館が置かれていた長崎県平戸市には、現在も同名の「オランダ煎餅」や「おらんだ焼き」というお菓子があり、これがルーツのようです。ちなみに平戸では、ボコボコとした独特な模様が「オランダ人の靴あとをイメージしている」と言い伝えられています。

平戸から日本海を北上する、かつての北前船のルートにある富山・函館・根室と同じものが伝わったことにより、最盛期には各地にたくさんの製造元がありましたが、現在北海道では根室の「端谷菓子店」のみとなりました。

味、特徴

一番の特徴は、その独特な食感です。普通の“おせんべい”は固くて、パリパリとした食感ですが、「オランダせんべい」は、餅米やうるち米ではなく、小麦粉を主原料として添加物などは使用しておらず、黒砂糖をベースにしたほんのり甘い、食べ飽きないやさしい味わいに仕上げています。

このやわらかさにする秘訣は、焼き上げるときの加熱の仕方が決め手なんだとか。

オランダせんべいおすすめの食べ方

そのまま食べる

まずは折っても割れない、ぬれせんべいのような不思議なやわらかさと食感を、ダイレクトに味わってください。どこか懐かしいような、やさしい甘みが口の中に広がっていきますよ。

バターをつける

主原料が小麦粉なだけに、味わいは洋菓子チックでもあります。レンジやオーブンで軽く温めて、パンケーキのようにバターをつけていただくのがおすすめですよ。

はちみつをつける

品名は“おせんべい”ではありますが、元々はオランダ伝来の甘味を含んだ洋菓子なので、はちみつとの相性もバッチリで、日本茶だけでなくコーヒーや紅茶ともよく合いますよ。マーマレードやジャムをつけてもおすすめ。

アイスをつける

これは、やみつきになる禁断の食べ方。ワッフルのようにオン・ザ・アイスクリームしちゃいましょう!シンプルなバニラアイスがいいでしょう。甘党の方は、さらにチョコレートやキャラメルなどのお好みのソースをかけて召しあがれ。

札幌土産としてもおすすめ

発祥は根室ですが、札幌の「はしや」でも扱われており、お土産としても人気です。札幌店のみのオリジナル商品として、なんと「堅焼き」タイプも販売されています。
オランダせんべい以外にゴマせんべい、ピーナッツせんべい、良質なでん粉を使用したデンプンせんべいなども販売されているんですよ。

ほかの場所では、千歳空港の「きたキッチン」や都内では「有楽町どさんこプラザ」、「北広島三井アウトレットパーク」でも販売されています。
▼詳しくはこちらから

もうひとつのオランダせんべい

山形県酒田市の「酒田米菓」でも、オランダせんべいが製造・販売されていて、こちらも地元で大人気なんです。昭和37年の発売以来、東北のソウルフードとして長い間親しまれているそうです。東北地方限定販売にも限らず、年間2億枚以上を販売しているそうです。

名前の由来

こちらの「オランダせんべい」という商品名の由来は、庄内地方の方言で「私たち」を「おらだ」と言うことから「私たちの米で作った私たちのせんべい」→「おらだのせんべい」→「オランダせんべい」というふうに名前がつきました。

味、特徴

製造は、玄米の精米から出荷に至るまで全ての工程を自社で管理し、微妙な気温の変化や米の状態に合わせて機械の設定もその都度調節して品質の優れた状態を保ち、加工しています。

こちらの商品は、根室発祥のやわらかいタイプではなく、山形県庄内産のうるち米を厚さ2mmの極薄にパリッと焼き上げた、塩味の元祖うす焼せんべいです。いわゆる“サラダせんべい”ですが、発売当初はおせんべいに「サラダ」という名前は馴染みがなかったので、別なネーミングが考えられたようです。東北地方らしく「ずんだ風味」バージョンもあります。

工場見学や体験も

本社最上川工場は観光工場として施設名称は、その名も「オランダせんべいFACTORY」。今回新しくオープンした全長545mの工場は製造工程を見学できるほか、お米とせんべいについての歴史を学んだり、おせんべい作り体験もできる、お子さまにも楽しめるトリックワールドとなっています。カフェも併設されているので、ゆったりできるのもうれしいですよね。
▼オランダせんべいファクトリーの詳細はこちら

オランダせんべいで歴史ロマンに浸ろう

ユニークなネーミングの「オランダせんべい」。なんだか大きな歴史ロマンを感じる食べものですね。東京でも手に入るようですので、味わってみてください。ちょっと変化をつけたい方は、新しい食べ方でアレンジしてみるのも楽しいですね。

酒田の「オランダせんべい」は、同じ商品名ですが根室とは全くちがうもので面白いですね。ぜひ日本一長い製造ラインの工場見学をしてみたいものです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おやつ お菓子 スイーツ

あの有名な銘菓、萩の月や六花亭バターサンド、阿闍梨餅、博多通りもんにそっくりな、「ジェネリック菓子」がセブンイレブンから登場して話題に。そこで今回は、本家はどんな商品なのか、ジェネリック菓子は本当に似ているの…

団子 和菓子 お菓子

「坊ちゃん団子」をご存じですか?なんともかわいい名前ですが、実は愛媛県の歴史ある銘菓のひとつ。3色のお団子を串に刺した、手のひらサイズのかわいらしいお団子です。坊ちゃん団子とはなにか、名店の「うつぼ屋」や「つ…

青森 お土産 チーズケーキ まとめ

りんごの名産地で有名な青森県。旅行で訪れてみたいと思っている人は少なくないと思います。その際に欠かすことのできないものといえば、“お土産”ですよね!青森県にはどんなお土産があるのでしょうか?厳選した7つをご紹…

お菓子

市販のおせんべいの中でも馴染み深い「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。定番商品として変わらぬ人気を誇っています。印象的なおばあちゃんのイラストも魅力のひとつ。商品の誕生秘話から、“おばあちゃん”についての情報まで…

おしゃれ 和菓子 東京

1960年創業の老舗菓子店「笠原製菓」が、おしゃれになって「煎餅」の常識を覆す?!今、四代目笠原兄弟の手がける煎餅がとてもクールと話題なんです。煎餅好きのあなた、ここのお煎餅を食べずに、煎餅好きは名乗れません…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 日本酒 まとめ

今回紹介するのはチェーン居酒屋にも置いてある、ワイングラスで飲むと美味しい3つの純米吟醸酒です。日本食だけじゃなく、フランス料理などに合わせて飲むのもおすすめです!

まとめ

おしゃれ女子の憧れといえば、タレントのローラさんですよね。実は番組で作って見せた料理が上手すぎると話題を集めているんです。インスタにアップされる写真には、いつもいいねが止まらないんだとか!そんなローラさんのお…

居酒屋 カクテル メイソンジャー まとめ

「居酒家 土間土間」で2015年5/19日(火)から、アメリカ発祥の保存容器を利用したドリンク「Jarカクテル」が新登場!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

新宿 ランチ 和食 中華 洋食 カレー ラーメン まとめ

伊勢丹方面に行くのに便利な「新宿東口エリア」。近場でランチにするのであれば、おすすめのお店がありますよ!今回は和洋中からお肉ランチ、ラーメンやカレーまで。安い!旨い!が揃った人気のおすすめランチをご紹介します。

和食

「あごだし」をご存じですか?鰹だしや昆布だしに負けず人気が高まっているあごだし。鰹や昆布はわかるけれど、あごって何?名前の由来から使い方、おすすめレシピまで。あごだしについてのアレコレをまとめてご紹介!みなさ…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る