ローディング中

Loading...

連載:絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」

皮膚科医の私が自分で試して、効果を実感している美肌セルフケアを紹介する本連載。第1回目となる今回の主役は、シミ、くすみ、乾燥肌に効果的な「ヨーグルトパック」です。私自身の体験から効能、作り方、やり方まで、詳しくお伝えしますね。

ヨーグルトパックで美白&保湿

はじめまして。愛知県蒲郡市で皮膚科クリニックの院長をつとめる寺澤地子と申します。

私は皮膚科医として最新の西洋医学を導入し、皮膚科、美容皮膚科、形成外科、アレルギー科など、皮膚トラブルの治療に日々あたっています。その一方、食べ物が持つ天然の美肌効果にとても期待していて、「人体実験」というと言葉が少し悪いですが、これまでにいろんなセルフケアを試してきました。

セルフケアなんて効果がない、という医師もたくさんいますし、それに対して否定的な立場を取るつもりはまったくありません。でも、私自身は実体験を通じて、「これは本当に効く!」というセルフケアを知っています。患者さんに勧めることはさすがにありませんが、女性皮膚科医の間で情報交換して、効果について語り合ったりすることも少なくないんですよ。

簡単で安価なセルフケアのすすめ

そんな体験を生かして、今回より「食と美肌」をテーマに、私自身が美肌効果を実感している食べ物についてご紹介したいと思います。といっても、単に食べ物の効果効能を語る、という連載ではありません。連載のコンセプトは大きく2つあって、1つは「私自身が実際に試しているもの」、もう1つは「食べる、飲む、塗る」など、口から摂る以外の方法もご紹介すること。簡単に安価で実践できるセルフケアばかりなので、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね。

連載第一回目となる今回は、私が一番信頼を置いているセルフケア「ヨーグルトパック」をご紹介します。ヨーグルトとはちみつさえあれば簡単に作れるのに、美肌効果ばつぐん!特に、くすみやシミを取る美白作用と、乾燥を抑える保湿作用にすぐれていて、私自身、20代の頃からずっと続けています。まずは、私自身がヨーグルトパックでどんな効果を実感したのか、お伝えしますね。

20代で肌がボロボロに……

私は20代のころ、サーフィンなどアウトドアスポーツが大好きで、紫外線対策など何もせず(皮膚科医なのに!)、屋外でよく遊んでいました。また、医師になりたての時期は大学病院に勤務していて、睡眠時間が極限まで少ない生活。この2つが重なって、20代なのに肌はくすむしシミもできるし、とても皮膚科医とは思えない肌状態でした。

さすがによくないな、と少しずつ反省するようになって、自分の肌をしっかりケアしようと考え直すように。ちょうどそのころ、ある文献を読んでいたら、「乳酸が肌によい」と書かれていたんです。

興味を持って色々と調べてみると、世界三大美女の一人として知られるクレオパトラも、牛乳風呂に入っていたのだとか。その真偽はともかく、乳製品、特にヨーグルトに含まれる成分は肌によいものばかりと知って、セルフケアに活用してみようと思いました。それが、ヨーグルトパックなんです。

みるみる肌がきれいになった!

さっそく試してみると、その即効性にびっくり!一回試しただけなのに肌がツルンとして、「本当にいいかも……」と続けることを決意。そうしたら肌の調子がどんどんよくなって、わずか1ヶ月で肌のくすみが取れたんです。無数にできていた小さいシワやシミも自然と消えて、「天然成分ってすごいんだなぁ」と心底驚いたことを覚えています。

このように、私にとってヨーグルトパックは、天然成分のよさを知るきっかけになった貴重なセルフケアなんです。

ヨーグルトパックの効果

では、なぜヨーグルトに、これほど素晴らしい美肌効果があるのでしょうか。

ヨーグルトに含まれている「乳酸」はAHA(アルファヒドロキシ酸)といって、穏やかなピーリング作用があります。また、ホエーはアミノ酸の宝庫で、化粧品の材料に使われるほど肌トラブルに効果的。AHAとホエーが相乗して肌に働いて、古い角質を除去したり、シミやくすみの原因「チロシナーゼ」という酵素が活性化しないようにしてくれるんです。

さらに、もともと保湿力が高いヨーグルトにはちみつを混ぜることで、より保湿力が向上。乾燥肌というと冬のイメージがありますが、強烈な紫外線や冷房による温度差の影響で、夏も肌の乾燥が進む時期です。そのため、ヨーグルトパックは季節を問わず、ぜひ試してもらいたいと思います。

ヨーグルトパックの作り方

最後に、ヨーグルトパックの作り方とやり方をご紹介しますね。ヨーグルトパック一回分の材料は、以下のとおりです。

材料

・ヨーグルト…大さじ2杯
・はちみつ…大さじ1杯
・小麦粉…適宜

作り方

①ヨーグルトとはちみつを混ぜ合わせます。
②よく混ざったら完成です。
③もし仕上がりが柔らかいとき、小麦粉を適宜入れて粘りを出しましょう。

やり方

①上の3つをよく混ぜておきます。
②パックをおこなう前に、洗顔して顔の汚れを落とします。
③洗顔したら①を顔に塗り、5〜10分、そのままにしておきます。
④きれいに洗い流したらパック終了です。

ヨーグルトパックの注意点

・必ず最初にパッチテストをおこないましょう。皮膚の柔らかい部分(腕の内側など)に上記①を少量塗ってみて、もし赤みやかゆみが出た場合、すぐにヨーグルトパックは中止してください。
・脂性の人がヨーグルトパックを顔全体におこなうと、テカリが増してしまいます。シミやシワができている局部にだけ塗るようにしましょう。

さいごに

ヨーグルトパックは顔だけでなく、手や腕、足など、くすみやシミが気になるどこにでも使えます。

私がよく使う場所は、「手の甲」。手の甲はついつい目に入りやすい場所で、この部分にハリとツヤがあり、くすみがないと、相手に若々しい印象を残します。私も患者さんによく「先生、手がきれいですね」と褒められますよ。ぜひ試してみてくださいね。
次回は、梅雨の時期の「匂い対策」に役立てたい、みょうばんの効能や使い方をご紹介します!

《絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」》の記事一覧

甘酒

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「甘酒」です。美容効果ばつぐんで、特に便秘の改善には薬並みの作用が期待できる伝統食。効果から作り方、飲み方まで詳しくお伝えしますので、甘酒のすご…

まとめ トマト

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「トマト」です。美白&日焼け防止作用が強力で、ダイエット、疲労回復にも役立つすぐれもの。私の体験、効能、効果的な食べ方など、詳しくお伝えします。

まとめ スイカ

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「シトルリン」です。美容効果が高く、スイカから発見された成分としてもよく知られています。どんな効果があるのか、私自身の体験もふまえて詳しくお伝え…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スイーツ レシピ ヌテラ チーズケーキ

ヌテラを使ったスイーツは色々ありますが、このケーキを作って食べると、ヌテラとクリームチーズは最強の組み合わせだと思えますよ。それ程、相性抜群のケーキのレシピです。ヌテラファンの方はお見逃しなく!

カフェ 愛知

愛知県にあるJICA(ジャイカ)中部の施設内にある「カフェクロスロード」は世界中の途上国の料理をリーズナブルな価格で楽しめると人気♪

寺澤地子

蒲郡皮フ科院長。愛知県医科大学卒業後、愛知医科大学付属病院、名古屋...

http://gamagori-sc.byoinnavi.jp/pc/

ページTOPに戻る