ローディング中

Loading...

いま話題となっている「レストランバス」って知っていますか?その名のとおり、バスの中にレストランがあり、料理も観光も同時に楽しむことができる新しいスタイルのバスツアーです。今回はこの「レストランバス」についてご紹介します。

新しい観光スタイル「レストランバス」

みなさんはバスツアーに参加したことがありますか?近ごろいろいろなバスツアーがありますが、その中でも新潟の「レストランバス」が注目を集めています。レストランとバスが合わさると、一体どんな風になるのでしょうか。

今回はそんな「レストランバス」のプラン内容から、食べられるお料理まで、その秘密に迫ります。

レストランバスとは?

では、レストランバスってどんなバスなのでしょうか?
レストランバスは、ウィラートラベルが運営するバスツアーで、1階が厨房、2階が座席の2階建てのバスで新潟をめぐります。バスの2階は開閉式の天井を備えていて、開放感たっぷり。このバスツアーでは、車内でお酒や料理を味わったり、地元の酒蔵見学や観光地の周遊を楽しんだりと、さまざまな体験ができるんです。

料理はバスが停車し、お客さんが観光をしている間にシェフたちが調理してくれます。バスに乗り、風を感じながら、お酒とおいしい料理が味わえるなんて、なんとも贅沢ですよね。

レストランバスのプラン

では、レストランバスのプランにはどのようなものがあるのでしょうか?メインとなる4つのプランをご紹介します!

水曜日ナイトプラン(1時間コース)

キリンビール一番搾り新潟づくりを片手に、枝豆をつまみながら新潟の夜の街をめぐります。夜のライトアップで見れるきれいな景色、みなとぴあが目玉になります。仕事のあとに、アルコール片手に、きれいな景色に癒されながらゆっくりするのもよいですよ。お値段は4000円(税込)です。

水曜日ナイトプラン(1.5時間コース)

基本的なコースは1時間の方とあまり変わりありません。ただこちらのコースでは最後に、「ピアBandai」というマルシェで一休憩することができます。新潟県中のおいしい生鮮食品や銘酒が集まるマルシェです。1時間じゃもの足りないという人は、ぜひこちらのコースをおすすめします。お値段は6000円(税込)です。

土曜日ランチプラン

こちらは、新潟の自然、旬の食材を楽しむプラン。出発と同時に、土曜日の朝から贅沢に新潟の日本酒「おむすび」で乾杯から始まります。そのあと酒蔵を見学し、豊かな水と土からなるおいしさを学びます。そして、移動しながら何回かにわけて、贅沢なランチをいただきます。そのあとビュー福島潟を見学、トマト嫌いの人でも食べれるというトマトの収穫体験、そして最後にデザートをいただきながら帰宅になります。新潟の魅力をぎゅっと詰めこんだプランです。お値段は15120円(税込)です。

土曜日ディナープラン

こちらのコースでは、フェルミエ「メルロー」で、乾杯して出発。ワイナリー工場を見学し、太田農園で季節の旬を収穫体験します。そのあとラムサール条約の登録湿地の佐潟のすてきな夕暮れの佇まいを散策します。そして、バスの中で夕暮れの景色を楽しみながら、料理をいただきます。お値段は12960円(税込)です。

レストランバスで提供される料理

レストランバスではコースによって、さまざまな料理が提供されますが、今回はその一例をご紹介します。実力派のフレンチシェフが織りなす料理の数々は、どれも絶品ですよ。

佐渡の島黒豚ハンバーグ赤ワイン煮込み

水曜日ナイトプランで出てくる料理がこちら。まるで小鳥の巣のような、目でも楽しめるこちらのお料理。佐渡の島黒豚ハンバーグを、新潟県産の赤ワインでじっくりと煮込んだひと品です。

宮尾農園の平飼い卵が上にのっていて、卵は半熟でとろとろ。濃いめの味付けのハンバーグによく絡まり、まろやかさで優しく全てを包み込んでくれます。とても贅沢な味わいなんだそう。

フルーツトマトパイ

「フルーツトマトパイ」は、土曜日のランチ・ディナープランで提供されます。タカギ農場のフルーツトマトをふんだんにパイに詰め込めこんでいます。まわりのソースは、新潟産の赤ワインを煮込んだものでとても濃厚。パイのシンプルな味わいによく合います。

上にのっているアイスはめずらしいお米のアイス、コシヒカリアイスです。これが意外にもあっさりとしていてとてもおいしい。お米の味もしっかりと味わえます。全ての相性が抜群のデザートです。

平飼い卵のキャベツ包み

太田農園さんの朝採れキャベツを、宮尾農園さんの平飼い半熟卵を絡めていただきます。スープは親鶏の濃厚なスープで、あっさりとしたラーメンスープのような濃厚さ。あっさりとして甘みのあるキャベツに、優しいまろやかな味わいの半熟卵がよく絡まります。まずはそれぞれひとつずつ素材の味を楽しんだあと、全て一緒にいただいてみてください。

レストランバスが走るコース

見どころ満載のレストランバス。こちらもコースによって、いろいろな名所を訪れることとなりますが、その一例をご紹介します。
乾杯から始まるこちらのバスツアー。晴れた日には屋根が開き、開放的な雰囲気の中、バスの旅が楽しめます。すてきな見どころが満載のツアーです。
ナイトプランでは、きれいにライトアップされたみなとぴあを眺めることができます。
米どころならではの酒蔵見学や、収穫体験など、見て触れて食べて、新潟を堪能できます。
ビュー福島潟見学と散策や、ラムサール条約の登録湿地にも認定されている佐潟散策など、このツアーに参加するだけで、新潟のよさが再発見できそうです。

レストランバスの申し込み方法は?

みなさんもレストランバスに乗りたくなってきませんでしたか?
オンラインや電話で簡単に申し込むことができます。記事最後のリンクを参照くださいね。

レストランバスで新潟を知る旅へ!

いかがでしたでしょうか?
こちらのレストランバスは、これからまだまだ注目されることまちがいなし!バスの中にいることを忘れさせてくれる、できたてアツアツの料理、とてもすてきな景色、仲間との楽しい時間、出会い……すてきなことがぎゅっと凝縮されたこちらのバスツアーに、ぜひご参加くださいね。
▼レストランバスの詳細・オンライン予約はこちら
▼電話での予約・お問い合わせはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

横浜 ランチ ビュッフェ デート 女子会 おしゃれ まとめ レストラン

横浜でランチを選ぶとき、迷ってはいませんか?今回はみなとみらいから桜木町、横浜駅周辺まで人気ランチをまとめてみました♩女子会やデートにおすすめなお店からおしゃれなビュッフェ、ひとりでも入りやすいお店から個室あ…

渋谷 東京 レストラン イタリアン

『マツコの知らない世界』で平野レミさんがおすすめしたお店、渋谷「アー(a)」をご存知でしょうか?青山のフレンチレストランで修業を積んだシェフが料理長を務める「アー」は、本格的な料理をカジュアルな価格で楽しめま…

カフェ スムージー ホットドッグ

いま観光地として注目を集める、韓国のリゾート地・チェジュ島に、フォトジェニックすぎるおしゃれカフェ「ジュネガネ(주네가네)」が人気殺到中なんです!名物のスムージーにホットドッグも見逃せない魅力たっぷりの「ジュ…

埼玉 レストラン

埼玉県内にある「るーぱん」といえば、アッと思った人も多いのではないでしょうか。星野源さんが学生のころよく通っていたお店として、最近TVなどでたびたび紹介されています。いま埼玉で一番アツイ!るーぱんの魅力を探っ…

大阪 京都 レストラン まとめ

月末のお給料日後の金曜日「プレミアムフライデー」には、素敵なレストランでランチやディナーを楽しむのがおすすめ!そこで今回は、プレミアムフライデーだけのおトクなプランを用意している、大阪、京都、兵庫の人気店をご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

渋谷 東京 レストラン イタリアン

『マツコの知らない世界』で平野レミさんがおすすめしたお店、渋谷「アー(a)」をご存知でしょうか?青山のフレンチレストランで修業を積んだシェフが料理長を務める「アー」は、本格的な料理をカジュアルな価格で楽しめま…

和食 レシピ

やさしいお出汁の味わいに心もほっこり……♩今回ご紹介する「長芋のキツネ焼き」は、子供から大人までみんなで楽しめる食べ応え抜群レシピです。油揚げのカリカリ食感と長芋のもちもち食感が一度に楽しめるので、これを食べ…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...

ページTOPに戻る