ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

真っ赤なピーマン、パプリカ。生でも焼いても、幅広く使えるパプリカはおしゃれなだけでなく、栄養満点のアンチエイジングべジタブル!今回はそんなパプリカのインナービューティーに役立つ栄養と簡単レシピをご紹介します。

唐辛子の一種、でも辛くない「パプリカ」

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

パプリカはピーマンと同じナス科で唐辛子の仲間に属するお野菜です。
ただ唐辛子の仲間といっても肉厚なパプリカに辛味はなく、むしろ糖度が高くて甘味が強いのが特徴。緑のピーマンのような苦みもほとんどありません。

赤・黄・橙などカラーバリエーションも豊富なパプリカの一大生産地は、原産地でもあるハンガリー。ハンガリーをはじめとする南欧の郷土料理にはパプリカを使ったものが多いんですよ。
パプリカを乾燥させて粉末にした赤いスパイス「パプリカパウダー」は料理の色づけによく使われますが、これは食用とはまた別の品種なんだとか。

日本には韓国産・ニュージーランド産・オランダ産などの輸入ものが年中流通していますが、国産ものでは熊本県や宮城県が主な生産地で、7~10月頃が最もおいしい旬の時期になります。

美容に嬉しいパプリカの栄養

アンチエイジングに嬉しい「抗酸化ビタミン」が勢揃い!

美しいお肌作りや健康な体に欠かせないのが、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防ぐ「抗酸化力」。その抗酸化力が高い栄養素の代表である「ビタミンA(βカロテン)」、「ビタミンC」、「ビタミンE」の全てがパプリカには豊富に含まれています。

特に肌細胞のコラーゲン生成を助けるビタミンCは、血のめぐりをよくするビタミンEと合わさることで抗酸化力がより一層高まるんです。抗酸化ビタミンがすべてそろったパプリカは、まさにアンチエイジングに欠かせない美容ベジタブルといえます。

なお、ビタミンA・ビタミンEは油脂類とあわせることで体への吸収率がアップ。ビタミンCは加熱に弱く、水に溶け出しやすいビタミンなので生食がおすすめです。お肌や体の悩み、目的に応じてかしこく調理しましょう!

むくみ対策に嬉しい「カリウム」が豊富!

パプリカには、むくみを改善する働きのあるカリウムが豊富に含まれています。

カリウムは水溶性で水に溶け出しやすい性質のため、効率的に摂るには野菜スティックやサラダ、スムージーなど生食で食べるのがおすすめ。

生で食べても甘みが強くいパプリカは、サラダの彩りとしてもピッタリです。オリーブオイルやバーニャカウダソースを添えれば、カロテンの吸収率も高まり一石二鳥!レタスやスモークサーモンと一緒に、生春巻きにしてもおいしいですよ。

新鮮でおいしいパプリカの選び方

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

新鮮でおいしいパプリカを選ぶポイントを紹介します。参考にしてみてくださいね。

【色】
色ムラがなく全体的に鮮やかな色のものを選びましょう。
【皮】
皮にシワがなくハリのある生き生きとしたものがおすすめです。
【ヘタ】
緑色のヘタ部分がしなびておらず鮮やかな緑色でハリがあるものを選びましょう。ピンとしたキレイな六角形のヘタが新鮮な証拠です。
【重み】
水分をたっぷり含んだ重みのあるものを選びましょう。ただ大きすぎるものは果肉がやや硬くなっている可能性があるので、程よい大きさでズッシリとしたものがおすすめです。

【レシピ】グリルパプリカのハニーマリネ

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

材料(作りやすい分量)

赤パプリカ 1個
黄パプリカ 1個
オリーブオイル 大さじ2
ハチミツ 小さじ1
タイム(乾燥粉末) 少々

作り方

1. パプリカはヘタと種を取り除き、1/4に切り分ける。内側の白い筋部分が気になる場合は削ぎ落とす。
2. 天板にオーブンシートを敷きパプリカを重ならないように並べたら、160度で30~40分グリルする。皮にほどよく焦げ目がつけばOK。
3. パプリカの外皮を剥き、オリーブオイル、ハチミツを回しかけ、タイムをまぶしてマリネする。

インナービューティーポイント

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

パプリカがマリネ液にまんべんなく浸るように平らな容器に入れて保存するのがおすすめ。縦長の瓶で保存する場合はオリーブオイルやはちみつの分量を増やし、しっかり全体を和えてから保存を。グリルしている途中で外皮が真っ黒になっても、あとでスルリと剥けるのでご心配なく!皮に焦げ目が付くくらいが剥きやすいんですよ。

【レシピ】牛肉・パプリカ・アスパラのカレー炒め

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

材料(2人分)

牛肉(切り落としまたは薄切り) 100g
赤パプリカ 1/2個
アスパラガス 3本
タマネギ 1/2個
オリーブオイル 小さじ1/2
カレー粉 小さじ1
塩 少々
乾燥パセリ 少々

作り方

1. パプリカはヘタと種を除き細切りにする。タマネギは約5mm幅にスライスする。アスパラガスは3~4cm幅に切る。
2. フライパンにオリーブオイルをひきためネギが半透明になるまで中火で炒める。アスパラガス、パプリカを加えサッと炒める。
3. 牛肉、カレー粉を加えて混ぜ炒め最後に塩で味を調える。

インナービューティーポイント

カレーの風味が食欲をそそる簡単常備菜レシピはビールのお供におすすめ!冷蔵庫で約2日保存可能です。そのまま食べるのはもちろん、ごはんにのせて丼にしたり、うどんやラーメンにのせるなどアレンジしてもおいしいですよ。

【レシピ】ズッキーニのパプリカレバーロール

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

材料(2人分)

赤パプリカ 1/2個
ズッキーニ 1/2本
レバーペースト 適宜

作り方

1. パプリカはヘタと種を取り除き細切りにする。ズッキーニは縦半分に切ったものをピーラーで薄くスライスする。
2. ズッキーニの片面にレバーペーストを薄く塗り、パプリカをのせ手前からくるくると巻き上げたらピックで刺す。

インナービューティーポイント

http://macaro-ni.jp/30307

Photo by Ayako Kunishio

旬のパプリカとズッキーニを、生のままオシャレにいただくフィンガーフード。レバーペーストの旨みがいいアクセントに。パプリカのカリウム、カロテンを効率よくいただける簡単レシピです。夏のおもてなしにもピッタリ!キンキンに冷やした白ワインと一緒にどうぞ。

ぜひ日々の食卓にパプリカを

いかがでしたでしょうか?強力な抗酸化作用を持ち健やかな細胞を作ってくれるパプリカは、真夏の紫外線対策にはもちろん、日々の健康や妊活にもおすすめの野菜。ぜひ、日々の食事に取り入れてインナービューティーライフを楽しんでくださいね。
【次回予告】
和ハーブの代表「青じそ」のインナービューティーパワーに迫ります。ご期待ください。

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

どこのご家庭にもある市販の焼肉のたれ。お肉を焼くのは当然ですが、アッ!と驚く使い方が出来るって知ってましたか?今回は、数あるレシピの中から本当に驚いた作り方をチョイス。自家製のタレの作り方や保存方法も紹介して…

バター まとめ レシピ

バターはあるものにのせて電子レンジでチンするだけでも濃厚なおいしさと旨みを引き立たせてくれます。これなら簡単にできるうえに、少しリッチなおいしさを味わえるかも?今回は、バターをのせてチンするとおいしいものをま…

かまぼこ レシピ まとめ

新しい生活が始まり、ちょっと節約を心がけようかなって思っている方に、値段が安定してる練り物がお役立ち!その中でも今回は練り物の王道「かまぼこ」にフォーカスしてみました。どうぞご覧下さい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

渋谷 アボカド 専門店

渋谷のあるアボカド料理の専門店「madosh!cafe(マドッシュカフェ)」はメディアにも取り上げられるほどの話題のお店。「アボカド塩こんぶチャーハン」など豊富なメニューがそろっている中でも注目なのはアボカド…

ヨーグルト チーズ レシピ

モッツァレラチーズがない時にはヨーグルトをつかった「焼きヨーグルト」がおすすめです。もっちりとした独特なチーズの食感を見事に表現。新感覚を味わえる焼きヨーグルトの作り方をご紹介します。さまざまな食材と組み合わ…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/