ローディング中

Loading...

連載:メイキング・ベストボディ。なりたい私になる!

ベストボディ・ジャパン日本大会でグランプリを取れるスタイルづくりに取り組んでいる私、鈴木香恵が、女性らしいメリハリボディへ近づくためのエクササイズとレシピを紹介。今回は、ポッコリおなかとサヨナラしてあこがれのくびれをつくる方法です。

薄着の季節、気になるのは

夏が近づき、薄着になる機会が増えるこの季節、体のラインを気にしてダイエットをはじめる人、体を引き締めるためにジム通いをスタートする人、多いですよね。

女性として、美しいメリハリのあるカラダでありたいと思う。これはとても自然なことでしょう。

私、鈴木香恵もみなさんと同じ。女性らしいきれいなカラダになりたくてトレーニングをはじめ、4ヶ月後に美しくて引き締まった女性らしいカラダを競う大会に初出場。2回目に出場した「ベストボディ・モデルTOKYO2015」ウーマンズモデルクラスでグランプリをいただきました。
それからは日常生活でできる工夫を最大限行い、ようやく手にした今のスタイル(上の画像が私です)を維持しようと努めています。そんな日々の中思うのは、理想のカラダ、ベストボディはエクササイズだけでは手に入らないということ。

日々の食生活を見直し、カラダの材料となる栄養としっかり向き合わなければ本当の意味で美しくはなれない……そんなふうに考えるようになりました。カラダの仕組みを理解することこそ、ベストへ近づく何よりの近道なのです。

悪目立ちするポッコリおなかの原因は

薄着の季節に気になるパーツは人により違いますが、多くの女性が悩んでいるのがポッコリおなかです。おなかが突き出てしまう原因は、おなかについてしまった脂肪と、筋力不足のせいで内臓があるべき位置から下がってしまっていること。

それらを解消するには、日々の地道なトレーニングと食事、ふたつのアプローチに取り組むことが大切です。私もおなかのラインの変化には敏感になっていて、栄養バランスに注意しながら食べるものを考え、エクササイズの内容を調整しています。

食べないダイエットは失敗する

おなかが気になりはじめた女性の多くがやってしまう、危険なダイエット法があります。ひと言でいえば、食べない。カロリーの摂取を断ってやせようとするのです。

たしかに、一時的にはおなかが目立たなくなるでしょう。でも、そのダイエットで減ったのは脂肪だけではありません。筋肉が著しく減少してしまいます。

筋力の低下は基礎代謝の低下、体温の低下につながり、カラダはやせにくく太りやすくなっていく。そして、その後はリバウンドへと一直線です。筋肉を失った体はメリハリのあるラインも失い、美しさをも失います。

それだけではありません。栄養を十分に摂らない日が続けば、体液の循環が悪くなり、肌トラブルも増えていきます。目の下に消えないクマができることもあれば、むくんでパンパンの顔を人に見せなければいけない日が多くなる可能性も。

そうではなく、むしろ食べて、摂ったカロリーを運動で消費することで筋肉をつける。そうすれば、新陳代謝の活発な、食べても太りにくいカラダを手にしてダイエット生活から卒業できますよ。

正しい姿勢で腹筋は鍛えられる

そこで、ポッコリおなかとサヨナラするため腹筋を鍛えましょう。どうやって?一番簡単にできるのは正しい姿勢を保つこと。

正しい姿勢を維持しようとすれば、自然と腹筋を使います。はじめは姿勢を保つだけでしんどくなるかもしれませんが、やっているうちに苦ではなくなります。

座っているときの姿勢

たとえばデスクワークの場合、椅子に浅く腰をかけ、両足をしっかり床に着けてください。骨盤を立ててまっすぐな姿勢を保ちます。おなかをへこまし、胸呼吸。これだけで十分腹筋を使えます。

立っているときの姿勢

壁を背にしてまっすぐ立ってください。頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを壁につけ、お腹とお尻に力を入れ、壁と腰の間に手が入るくらいの隙間をつくる。拳が入ってしまうほど隙間があると、反り腰になって腰を傷めてしまいます。

このような正しい姿勢を保つだけでも腹筋は鍛えられるのです。たまにする運動よりもずっと、日々意識することの方が大切です。

体幹トレーニングを取り入れましょう

ポッコリおなかの解消に役立つエクササイズをもうひとつお教えします。それは体幹トレーニング。体幹を鍛えると、インナーマッスルが強くなります。上写真のような体勢をとり、しっかりとおなかに力を入れて、おなかをうすくしてください。

そのまま胸で呼吸をし、1分間キープ。お尻が上がってしまったり下がってしまったりすると腰を傷めてしまうので、がんばって体勢をキープすること。もうひとつ、呼吸を止めないよう気をつけてください。これを毎日3セット行いましょう!

筋肉の材料になるものを食事で摂る

筋肉の材料になるのはたんぱく質です。

たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があり、それぞれをバランスよく摂ることが大切です。外食の機会が多い人は、動物性たんぱく質に偏りがち。植物性たんぱく質を意識して食事するようにしましょう。
たとえば豆乳は、植物性のたんぱく質がたっぷり!その上、イソフラボン、レシチン、ビタミンB1、B2、B6などの栄養素も豊富です。牛乳に比べてカロリーが低いため、高いダイエット効果を期待できます。

豆乳を飲むことで女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも摂れますし、ビタミン類の作用による美肌効果も。いつものメニューを、豆乳を使った料理に置き換えることで、メリハリボディづくりに必要な食生活を簡単に実践できます。

一緒に食べるならきのこ類を

たんぱく質が豊富な食材と一緒に食べてほしいのがきのこ類。きのこ類は食物繊維、ビタミンB類、ビタミンD、ミネラルなどの栄養素が豊富で、かつ低カロリーな食材です。

きのこ類に多く含まれる食物繊維は便秘の改善に役立つますし、便通をよくしておなかにたまった便を外に排出することも、ポッコリ解消には不可欠です。

おすすめ!たっぷりきのこの豆乳スープ

材料(4人分)

・じめじ 1パック
・まいたけ 1パック
・えりんぎ 小5本
・マッシュルーム 5個
・たまねぎ 1個
・無調整豆乳 300ml
・白だし 適量
・塩、こしょう 適量

作り方

1. 鍋に油を引き、みじん切りにしたたまねぎを軽く炒めます。
2. 水を入れたまねぎが柔らかくなるまで煮ます。
3. 柔らかくなったら、食べやすい大きさに切ったきのこを入れます。
4. きのこがやわらかくなったら豆乳を入れ、白だし、塩、こしょうで味を整えます。このとき沸騰させないよう注意してください。
5. お皿に盛りつけパセリをのせたらできあがり。
豆乳で作るスープはあっさりしていてながらもまろやか。普段よく食べる牛乳やクリームで作るスープ?!と思ってしまうくらいなので、豆乳が苦手な人でも豆乳の栄養を気軽に摂ることができます。

食物繊維の多いきのこ類がたくさん入っているので食べ応えもあり、スープだけでも十分満足感がありますよ!

おわりに

どれだけ根気強い人だとしても、無理なダイエットは長続きしません。カラダの仕組みを知り、栄養の知識を持ち、理想のカラダをイメージする。そして日々トレーニングし、食事を意識し、十分理想のカラダを手にできると私は思っています。

あなたも自分の生活を見直し、改善を目指してみませんか?

私が目指している大会のシーズンは半年間続きます。半年間ずっとは極端なことはできません。一番大切なのは日々の意識と行動です。カラダによくておいしいものでココロとカラダをハッピーに!すてきな夏を迎えられますように!

《メイキング・ベストボディ。なりたい私になる!》の記事一覧

レシピ

私、鈴木香恵がベストボディ・ジャパン日本大会へ向けたカラダづくりをしながら続けてきたこの連載。今回は、これまでの記事で紹介した内容の中から、特に大切なポイントをまとめてみました。ベストボディづくりに役立つレシ…

レシピ

ベストボディをつくるには、運動や食事はもちろん、コンディションキープも大切です。せっかく磨いたカラダもむくんでいたら台無し!そこで今回は、ベストボディ・ジャパン日本大会グランプリを目指す私が日々実践しているむ…

レシピ

ベストボディを手に入れるには、全身を引き締めると同時に、女性らしいシルエットづくりも意識しなければいけません。そこで今回は、ベストボディ・ジャパン日本大会グランプリを目指す私が日々実践している、バストアップの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

豚肉 大根 おつまみ

ジメジメ蒸し暑い梅雨の時期は、熱々の料理が嫌になることも。そんな時は、冷やして食べる料理でさっぱりしましょう。夏の元気の源となる「ミョウガ」「ししとう」「うめぼし」を使った、さっぱりとしたみぞれ煮です。

うどん レシピ 和食 まとめ

シンプルでも食べ応えがあって重宝する、うどん。どんな具をチョイスしていますか?今回は、うどんにぜひ合わせたい具を、定番から変わり種まで厳選して23品、ご紹介します。ややもするとマンネリになりがちなうどんの具、…

鈴木香恵

1979年生まれ 現在36歳 。2015年6月からトレーニングを開...

ページTOPに戻る