ローディング中

Loading...

「コーヒーを淹れる」というと、むずかしいイメージがありませんか?じつは、まったくそんなことはないんですよ!最低限のポイントさえ押さえておけば、誰でも劇的においしいコーヒーを淹れられるんです。今回は、淹れ方のポイント4つをお教えします。

コーヒーを淹れるのはむずかしくない!

コーヒーを、ご家庭でもお店のようにおいしく淹れるのって、とてもむずかしいと思ってらっしゃる方って、多いのではないでしょうか?

そんなことはありません!

おいしく淹れるためにはさまざまな要素があるのですが、そのなかでもコーヒーをおいしく淹れるための必要最低限のポイントについて、今回はご紹介したいと思います。これを知ってるだけでも全然違いますので、ご覧いただければ幸いです。

ぜひ、これから試してみてください!

おいしいコーヒーを淹れる4つのポイント

1、豆と水の分量

コーヒーを淹れるときに必要な材料は、「コーヒー豆」「水」の2種類のみ。ほかの料理と比べると、とてもシンプルです。

しかし、シンプルがゆえに、この2つの分量(割合)をしっかりと守ることが、とても大切となってきます。

分量に関しては、例えば200ccのコーヒーを淹れるとひと口に言っても、そのコーヒーを焙煎しているお店によって必要なコーヒー豆の量は違うんです。なので、お店の方に「どれくらいのコーヒー豆を使えば良いですか?」と確認をするのが、一番賢い方法と言えますね。

2、挽き具合

挽き具合とは、コーヒー豆の粗さのことです。
コーヒーを淹れるための器具は、エスプレッソ、ドリッパー、サイフォン、コーヒープレスなど、本当にさまざまあり、器具によって挽き具合は違います。器具にあった挽き具合にしないと、おいしくコーヒーを淹れることはできません。

例を挙げますと……
・エスプレッソは、極細挽き
・ハンドドリップは、中挽き
・コーヒープレスは、粗挽き

になります。

この挽き具合をしっかりと把握しているのとしていないのとでは、コーヒーの仕上がりに、かなり大きな差が生まれるんですよ。

3、水の種類と温度

使用する水についてのポイントは、2つあります。

1つ目は、軟水を使うこと。
日本の蛇口から出てくる水は、基本軟水なので、そのあたりはあまり気にしなくて大丈夫です。コントレックスなどの硬水を使うと、水に含まれているミネラル分とコーヒーの苦味成分が結合しやすく、少し苦味が際立ったコーヒーに仕上がってしまう可能性があります。

そして2つ目は、お湯の温度です。
一般的には、92度くらいの熱湯を使った方がいいと、さまざまな本やインターネットの情報に書いてあります。

お湯の温度については、高ければ高いほど、コーヒーの成分が溶け出しやすくなり、低ければ低いほど、コーヒーの成分が溶け出しづらくなります。なので、あまりにも高すぎると、コーヒーの余計な成分まで抽出されてしまって美味しくコーヒーが仕上がらなくなりますし、また低すぎると、コーヒーの旨味成分がちゃんと抽出されず、もの足りない味に仕上がってしまうかもしれません。

コーヒーによって、適した温度はさまざまなので一概には言えないのですが、まずは90度くらいのお湯で試してみることをおすすめします。

4、豆の鮮度

コーヒーは生鮮食品なので、鮮度は非常に重要です。コーヒーは焙煎すると、そのときから少しずつ酸化が進んでいきます。さらに挽いてしまうと、もっと酸化が進んでいき、鮮度がどんどん損なわれていきます。

そのため、ポイントとしては
・焙煎してからあまり日が経過していないものを選ぶ。
・コーヒーを淹れる直前にコーヒー豆を挽く。

この2つがとても大切になっていきます。

最近のコーヒースタンドで売られているコーヒーには、だいたい焙煎した日が書いてあるので、そちらを目安にするといいでしょう。
※焙煎したばかりのコーヒーの方が鮮度は良いですが、焙煎仕立てのものは二酸化炭素をコーヒー豆がたくさん含んでいるので、何日か置いたものの方がおいしく淹れられる傾向ありです。

そして、コーヒーは「酸素」「湿気」「光」「熱」の要素に弱いと言われています。なので、コーヒー豆は密閉容器にしっかり入れて、冷暗所で保管するのがベストです。(暑すぎなければ常温も可)

1ヶ月以上など長期保管したいときは、冷凍庫で保管するのがより良いでしょう。また、冷蔵庫などで保管したコーヒー豆でコーヒーを淹れる場合は、まずはコーヒー豆を常温の場所に置いて、常温まで戻るのを待ってください。コーヒーをおいしく淹れられなくなってしまう原因になりかねません。

これでいつでもおいしいコーヒーを!

以上、コーヒーをおいしく淹れるための4つのポイントについて説明させていただきましたが、いかがでしたか?

コーヒーをおいしく淹れるためには「淹れ方」の技術なども含まれてくるので、これは本当に最低限のポイントになります。しかし、この4つをしっかり守ることができれば、ご家庭で淹れるコーヒーが今までよりも格段においしくなることは間違いありません!

今回の記事が、少しでもおいしくコーヒーを淹れられるようになるキッカケになれば幸いです。

下記リンクのブログで、コーヒー情報を配信しています!▼
普段、カフェに勤務していて実際にお客様と接する機会も多いのですが、定期的にブログなどでもコーヒー関連の情報を発信させていただいています。合わせて、こちらもご覧いただければ幸いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

麦茶 コーヒー

今すぐ麦茶を飲みたいけど、家に麦茶がない……!そんな時に役立つかもしれない裏技をご紹介します。なんと、インスタントコーヒーを使うんですよ。普通の麦茶と味比べしてみましたので、作り方と合わせてご紹介します♩…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ブロッコリー サラダ まとめ

緑黄色野菜で、栄養価も高いブロッコリー。カロリーはもちろん低いですが、サラダに使うとボリュームたっぷりでかさを増してくれるのもうれしいポイントですよね。今回は和風から洋風まで、たくさんのブロッコリーサラダのレ…

アボカド レシピ まとめ

ビタミンEたっぷりの栄養価の高いアボカドと、ビタミンCたっぷりの苺を使ったアレンジレシピをご紹介します。甘酸っぱい苺と濃厚なアボカドは、一見合わないように思われがちですが、実は相性抜群なんですよ♪

レシピ まとめ 大根

大根を冷凍すると火が通りやすくなって、味が染み込みやすいってご存知でしたか?切って冷凍するだけなんてと〜っても簡単ですよね!今回はそんな冷凍大根を使ったレシピをご紹介します♫時短にもなるので、是非試してみてく…

まとめ レシピ

ナムルを巻いて、ガッツリでもヘルシーの一品を作りましょう。今回は、「ナムル巻き」のアレンジレシピを紹介します。ナムルの量をコントロールすればヘルシーな海苔巻きになりそうですね。ぜひ参考にして作ってみて下さい♪

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

チーズ レシピ

クックパッドやインスタグラムでチーズを使ったアレンジレシピが人気を呼んでいます。マネをする人がどんどん増えて検索数もうなぎ上り。いつものメニューがみるみる華やかになるスライスチーズを使った「チーズバラ」の作り…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

バリスタ 柳 隆晴

★資格、肩書き ・日本バリスタ協会ライセンスレベル1 ・ドリンクコ...

http://drinkmaster.hatenablog.com/

ページTOPに戻る