ローディング中

Loading...

連載:日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り

セロリといっても、見た目が三つ葉のような野菜「ホワイトセロリ」。茎の繊維が非常にやわらかく、サラダとして生食でおすすめしたい野菜です。編集部内でも絶賛の野菜!シャキシャキとした歯ごたえ、香りを楽しんで。今回はホワイトセロリの魅力に迫ります。

まるで三つ葉のような「ホワイトセロリ」

セロリといったら、茎が太く葉もしっかりした、あの強い香りの野菜を想像しますよね?しかしホワイトセロリは、見た目が全く異なります。写真でもお分かりの通り、まるで三つ葉のようなビジュアルです。細くて真っ白な茎、手で簡単にちぎれてしまう、とても柔らかい葉が付いています。

今回は、ホワイトセロリについて、セロリとの違い、調理の仕方、おすすめの食べ方などをご紹介します。

ホワイトセロリとは

ホワイトセロリは、タキイ種苗が開発した「セルリー・ミニホワイト」という品種で、1992年に品種登録された野菜です。茎が細く、真っ白で、やわらかい緑の葉から見た目が、三つ葉と大変よく似ています。

セロリについて少しご紹介すると、原産地は南ヨーロッパ・中近東の広域で涼しい高地湿原で栽培されていた野菜。古代ローマ、ギリシアでは、整腸剤、強壮剤、香料、邪気よけなどに利用されていたそう。その後、食用として栽培が始まったのは、17世紀に入ってからです。

日本には、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、将軍の加藤清正が持ち帰ったと言われています。それにちなんで、和名が「清正人参」(キヨマサニンジン)と名付けられました。その後、オランダ船より持ち込まれましたが、独特の香りのため普及はしなかったものの、明治時代以降、食生活が変化し、洋食文化が普及した頃に食用として日本でも栽培がスタートしました。

セロリとの違い

独特の苦味と香りのあるセロリは、その特徴を活かして居酒屋やレストランでも使用されています。居酒屋では、お酒と揚げ物などに合わせるサイドメニューとしてセロリ漬けや野菜スティックなどがあり、しっかりした歯ごたえ・食感と香りを楽しむ野菜です。洋食レストランでは、香味野菜として玉ねぎやにんじんなどとじっくり炒めれば、美味しいスープの出汁になります。ただし、筋取りの下処理が必要で、ガツンとくる強い香りに抵抗のある人もいるのではないでしょうか。

一方、ホワイトセロリの特徴は、何といっても筋取りなどの下処理が不要な点。さっと流水で洗って、カットするだけで、簡単にサラダとして食べることができます。

またセロリよりは優しい香り。最近ではパクチーなど香りの強い野菜が女性を中心に人気です。ホワイトセロリも独特の香りと心地よい苦味はきっとクセになるはず。今後、流通がもっと盛んになれば広く普及するのではないか、と個人的に非常にポテンシャルを感じる野菜です。

栽培方法

ホワイトセロリは水耕栽培で作られる野菜です。水耕栽培は、水に養分を溶かした培養液だけで育てます。温室などの施設の中で、温度や湿度などを調整し、太陽の光をいっぱいあてて成長を促します。土耕栽培に比べ生育が30〜50%も早いようで、種まきから収穫まで非常に早く収穫できる野菜です。

美容にもおすすめの野菜

一般的なセロリよりも2倍多くビタミンCを含んでいます。ビタミンCは、抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り肌の老化を防いでくれます。またシミやそばかす予防にも効果的で、まさに美容には欠かせない栄養素。体内で作り出すことが出来ず、食べ物から摂取する必要があります。また飲酒、喫煙、日常生活などのストレスでも消費が早く、常にたっぷり摂るべき栄養素です。

その他にもカリウム・鉄・カルシウムなども多く含まれる優秀な野菜です。

爽やかな香りとみずみずしい味わい

袋を開けた瞬間から、セロリ独特の爽やかな香りが漂います。 葉や茎は非常に柔らかく、シャキシャキした食感でとてもみずみずしい味わいです。

一般的なセロリと比べて香りが優しく繊維が柔らかいため、とても食べやすい野菜です。

おすすめの食べ方は生食!

シャキシャキ感と爽やかな香りを味わって

生のままサラダで食べるのがおすすめです。茎のシャキシャキ感、葉は柔らかく非常に食べやすい野菜。編集部でも「そのまま食べてもすごくおいしい!」とその味に大絶賛!瞬く間に、お皿が空になってしまいました。お好みで、マヨネーズやさっぱり系のレモンドレッシングなどをかけてもとってもよく合います。さらに生ハムなどに巻いて食べると、ワインによく合うお洒落な前菜になります。

エスニックな香りがアジア料理を連想させ、サラダにはもちろん、パクチーのように香草としてスープの香りづけ、炒め物のトッピングにもおすすめです。少し加えれば、彩りはもちろん、香りもプラスされ一気にエスニック料理に様変わり!味のアクセントになりますよ。

火を通す場合

炒める場合は火が通りやすいので、さっと短時間で火を通し、炒めすぎないことがポイントです。他の食材と炒める時は、火を消してから最後に加え、軽く混ぜあわせるくらいがちょうど良いでしょう。

ご家庭で常備する野菜の一つにいかが?

いかがでしたか?今回のホワイトセロリは、三重県産1袋250円(税込)で購入しました。お近くのスーパーなどで見つからない場合は、少し珍しい野菜を取り揃えたお店、百貨店などのスーパーを覗いてみると良いかもしれません。

追パク(追加パクチー)のように、追セロ(追加ホワイトセロリ)がご家庭にあっても良いのではないでしょうか。ぜひ見つけたら、サラダ以外にも色々なお料理のトッピングに使用してみてくださいね。
▼ これまでご紹介した“珍”野菜はこちら。

《日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り》の記事一覧

口の中で独特の粘りと食感があるネバネバ食材。このネバネバには、免疫強化など夏バテ防止に役立つ成分が入っているんです。今回、珍しい野菜を中心に新顔野菜も取り上げ、効果・効能を一挙にご紹介します。今の体調から必要…

レシピ

つくしのような見た目をしたアスパラソバージュを知っていますか?ヨーロッパで自生し、日本では主に空輸で取り寄せられる高級食材です。今回はアスパラソバージュの食べ方やレシピもご紹介します。上品な甘みと食感がくせに…

ビーツ レシピ

濃い赤紫色が目にも鮮やかなビーツ。名前を聞いたり、見かけたり、また一度は食べたことのある人もいるかもしれませんね。とても甘い野菜で、料理を華やかにしてくれます。飲む血液と呼ばれるビーツは栄養豊富!夏にぴったり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

ゼリー

ゼリーやババロアを作る際、固まらなかったことってありませんか?ゼラチンを使った時に固まらないのにはわけがあって、果物などを使う場合は注意が必要なんですよ。そんなゼラチンの固まらない時に考えられる原因と、その対…

トースト

ミナペルホネンのタンバリンプレート風「タンバリントースト」が、今インスタで注目を集めています。その可愛さに心を奪われた人たちが試して次々と画像をアップ!トーストのアレンジレシピ「タンバリンのトースト」の作り方…

大河内美弥

野菜ソムリエ。旅の途中に寄る地方スーパー、海外のスーパーが大好き。...

ページTOPに戻る