ローディング中

Loading...

連載:離乳食、絶対に妥協できないから解決します。

夏が近づいてきたこの季節、心配なのは「熱中症」ですね。大人よりも体が小さい赤ちゃんの脱水を予防するにはどうれすばいいのでしょう?今回は、見逃したくない熱中症のサインと、予防のかなめとなる水分補給のポイントについてお伝えします。

夏に向けて!覚えておきたい熱中症対策

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
梅雨の季節になりましたね。雨が多いと外出できず、お家の中で過ごさなければいけないことが多くなりますね。
私の保育所でも、外に出られないこの時期は、赤ちゃんたちが飽きないようにいろいろと試行錯誤しつつ遊びを考えています。

さて、この時期から特に私が気をつけていること。それは水分補給です。外に行く時はもちろん、室内で遊んでいる時も、頻繁に水分補給を心がけています。なぜなら熱中症は室内でも起こるからです。

赤ちゃんは大人よりも熱中症になりやすいと言われています。それは、赤ちゃんの身体が小さく、体温調節機能が未熟で熱がこもりやすいからです。体内の水分量も大人は60%ですが、赤ちゃんは70~80%。大人よりもたくさんの水分が必要なんです。

大人は、のどが乾いたら自分で水分を補給することができます。でも、赤ちゃんは自分で飲むことができません。だから、いつも以上に大人が気をつけてあげなくてはいけないのですね。

これって熱中症?チェックポイント

「しんどい」「体がだるい」など自分でいえない赤ちゃん。赤ちゃんの体調不良を見つけてあげられるのは、周りにいる大人だけです。
そこで、覚えておきたい「熱中症を見分けるポイント」を紹介します。

熱中症チェックリスト

・機嫌が悪い
・泣き声に元気がない
・顔が赤い
・唇が渇いている
・脈が弱い
・汗を大量にかいている
・おしっこの色が濃い
・おしっこの量が少ない/出ない
・吐く
・ぐったりしている
・水分を取らない
・発熱している

いつもと赤ちゃんの様子が違う場合は要注意!病院で診てもらうことも考えてください。
もし、赤ちゃんに意識がなかったりけいれんを起こしたりしている場合は、すぐに病院に行きましょう。

赤ちゃんの水分補給、4つのポイント

熱中症を予防するのにはさまざまな方法があります。そのひとつが水分補給です。水分補給について4つのポイントをまとめました。

1. 水分はこまめに飲ませる

水分は、こまめに飲むようにしましょう。食事の時は必然的に水分を取ることになりますが、気を付けたいのはそれ以外の時間。朝起きたとき、外出中、外出から帰った時、お風呂に入る時などなど、食事とは関係ない活動をした時にも水分を取ることを習慣にしてください。

2. ジュースではなくお茶や湯冷ましを

水分補給には、お茶か湯冷ましがおすすめです。ジュースなどの甘い飲み物は量を多く飲んでくれますが、糖分が多いのでおすすめできません。

3. 離乳食に汁ものを用意する

離乳食に汁ものを用意すると、自然と水分を身体に入れることができます。お米(おかゆ)にも水分がありますよ。

4. 食事の前は大量に与えない

食事前にたくさん水分を飲んでしまうと、おなかがいっぱいになってしまいます。食事前に水分を与える際は少しだけにしてください。

離乳食期未満、月齢の低い赤ちゃんの場合

0カ月~5カ月頃のまだ離乳食を始めていない赤ちゃんは、おっぱいや粉ミルクで大丈夫です。

1回に飲ませる量は?

月齢にもよるのですが、0~5カ月なら、20~30ml。6~11カ月で30~50mlを目安に与えてみてください。おしっこの量が少なく感じたら、すこし量を増やしてみてもいいかもしれません。

ママも水分補給を心がけて

今回は赤ちゃんの脱水予防についてポイントをまとめてご紹介しました。でも、熱中症は大人にも起こるもの。ママもしっかり水分補給をして元気でいないと、赤ちゃんを守ることができません。

特に授乳中のママは、赤ちゃんに飲ませる分、いつも以上に水分補給を心がけるようにしてくださいね。
熱中症のサインや水分補給のことを頭に入れているだけで、赤ちゃんの変化にすぐに対応できます。ママも赤ちゃんも、元気に夏を過ごせるように、こまめな水分補給を心がけましょう。

次回予告

次回は、暑い夏に冷やして食べれば赤ちゃんもにっこり。寒天を使ったひんやりゼリーのレシピを紹介します!

《離乳食、絶対に妥協できないから解決します。》の記事一覧

離乳食 トマト キャベツ

今回は離乳食インストラクター協会がおすすめする、離乳食初期の赤ちゃんから使える野菜スープ(だし)を紹介します。野菜の優しい甘さがおいしいスープ。基本を覚えておけば、いろいろなメニューに応用できるので便利ですよ。

離乳食 お弁当

家族でお出かけする機会も増える夏。お出かけ先で赤ちゃんには何を食べさせるといいのでしょうか?持ち歩きや外食での離乳食には、ちょっとしたルールがあります。安全に安心して食べさせるための離乳食のポイントをお伝えし…

ゼリー 離乳食 おやつ

夏が近づいてきました。暑い日には赤ちゃんにもひんやりおやつを食べさせてあげたいですね。今回は、簡単に作れて赤ちゃんも食べられる「寒天ゼリー」の作り方を紹介します!ゼリーのプルプル食感は、赤ちゃんもきっと楽しん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

パン ワイン 江古田 カフェ

江古田と小竹向原の住宅街にあるベーカリーカフェ「まちのパーラー」は知る人ぞ知る人気店。乙武さんがプロデュースする保育園に隣接しており、地域にとけこんだ憩いの場として愛されています。昼のパンはもちろん、夜のワイ…

さんま まとめ

夏が過ぎたらさんまが美味しい季節。しかし、お家で魚を焼くのはなかなか難しい。ということで、焼き魚を家庭でおいしく焼く秘訣を調べてみました。焼き魚が無性に食べたくなることってありませんか!?そんな時に自宅で美味…

離乳食インストラクター協会

中田馨。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。保育士で...

http://www.babyfoodqa.com/