ローディング中

Loading...

「黒ゴマ」は古くからアンチエイジングや不老長寿に使われてきた薬効豊かな食材です。独特の香ばしい風味を持ち、料理のアクセントに使いやすい黒ゴマの栄養、効能、おすすめレシピをまとめてみました。さっそく今日から黒ゴマ生活、はじめてみませんか?

黒ゴマと白ゴマの違いは?

ゴマは手軽に健康・美容効果を体感できる代表的な食材です。特に黒ゴマは歴史的に見ても、不老長寿や今でいうアンチエイジングに利用されてきました。

ゴマは白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマと、種子の外皮の色によって分類されます。じつは、黒ゴマは欧米で流通していなくて、アジアでは半々の割合で流通しています。金ゴマは、主にトルコで栽培されているそうです。

日本では、白ゴマと黒ゴマが一般的によく用いられています。白ゴマのほうが風味豊かで甘みもあり、料理に多く使われます。黒ゴマはどちらかというと「香ばしさ」が特徴的で、生でも炒ったような香りを有しています。

では、栄養面から見た場合、白ゴマと黒ゴマに何か違いはあるのでしょうか?じつはほとんど変わりません。黒ゴマのほうが白ゴマよりも若干、油脂分が少ないこと、黒ゴマには色素を構成するポリフェノール「アントシアニン」が多く含まれていること、この2点に違いがあります。

もしゴマをダイエットや美容目的で摂取する場合、黒ゴマの油脂は白ゴマよりも若干少ないこと、黒ゴマはアントシアニンを豊富に含んでいることを踏まえれば、黒ゴマに軍配が上がるといえそうです。

今回は、小粒のなかにギュっと栄養を詰め込んだ黒ゴマの栄養や効能、おすすめレシピをご紹介します。

黒ゴマの栄養

黒ゴマに含まれる代表的な栄養素は、セサミンです。セサミンやセサモール、セサミノール、セサモリンという成分を総称して、ゴマリグナンと呼ばれています。特にセサミンは、健康・美容面から見て注目の成分といえるでしょう。

それ以外にもビタミンE、カルシウムやマグネシウムなど各種ミネラルも豊富です。これらの成分から得られる黒ゴマの効能を、以下にまとめてみました。

黒ゴマの効能

ダイエット作用

ゴマリグナンには、肝臓で脂肪の分解を促して、脂肪燃焼をサポートする働きがあります。もう少し具体的にいうと、脂肪を分解する働きがあるペルオキシソームという物質をセサミンが活性化して、脂質の代謝を高めてくれるんです。また、ビタミンEは血中や血管壁のコレステロールを減らしてくれるので、その点でもダイエットに役立つといえます。

美肌作用

上に述べたビタミンEは、メラニンを排出する作用があります。メラニンはシミやくすみの原因になるので、肌の美白を促進してくれます。また、セサミンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあり、ホルモンバランスを整える作用が期待できます。美肌を作ったり、若々しく健康的な肌を維持するのに、女性ホルモンは欠かせません。

アンチエイジング作用

セサミンは強力な抗酸化作用を持っており、体内で大量に発生した活性酸素の働きを抑えてくれます。活性酸素は目、肌、血管、内臓など、全身の酸化(老化)を促進させます。セサミンを積極的に摂れば、こうした老化を未然に防いでくれるので、全身のアンチエイジングにつながります。

白髪予防

ビタミンEは末梢の血行をよくする作用があるので、髪の毛に酸素や栄養が行き渡るようになります。そのため、髪にツヤが戻ったり、白髪を防ぐ効能が期待できます。

貧血予防

黒ゴマには、造血作用があるといわれています。赤血球の生成にタンパク質、鉄、ビタミンEが欠かせず、どれが不足しても赤血球は上手く作られません。黒ゴマには、これらの成分がすべて含まれているので、貧血の予防・改善に役立つのです。

ストレスの緩和

カルシウムは血液中に一定濃度で含まれており、半分はタンパク質と結びつき、もう半分はカルシウムイオンとして存在します。カルシウムイオンは興奮や緊張など、刺激に対する神経の感受性を緩和してくれるので、ストレスを軽減する効能が期待できるんです。

黒ゴマのおすすめレシピ

さつまいもの真っ黒ごはん

黒ゴマと黒米に、さつまいもの皮、アントシアニンを多く含んだ食材を使った健康・美容効果満点のの炊き込みごはんです。黒ゴマの香ばしさに風味と、さつまいものふくよかな甘みで色が進みます。

黒ゴマとんかつ

黒ごまを使った市販のねりごまを活用したバッター液が、お肉に香ばしさをプラス。衣のサクサク食感と黒ゴマの風味を存分に楽しめる、オリジナリティ高いとんかつに仕上がっています。ソースにも黒ゴマを加える徹底ぶりで、黒ゴマの栄養をたっぷり補給できます。

きなこと黒ゴマの米粉スコーン

黒ゴマのゴマリグナン、きな粉&豆乳のイソフラボンと、女性にうれしい栄養成分をたっぷり摂取できます。サクッとした外側、ホロリとした内側の食感が心地よく、卵を使わずに作る米粉のヘルシースイーツです

おわりに

古くから不老長寿やアンチエイジングに役立てられてきた黒ゴマ。独特の香ばしさは主食、副菜、スイーツなど料理のアクセントに活用しやすく、気軽に毎日摂れる美容・健康食材です。

ダイエットや美肌だけでなく、女性ホルモンを整えたり、貧血を防ぐなど、女性にとって万能の食材といえるでしょう。ぜひ積極的に、食生活に取り入れてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大阪 レストラン まとめ

バレンタインは恋人たちのための特別な1日ですよね。そんなバレンタインに素敵なディナーを楽しみたいという方のために、大阪の素敵なレストランを9選集めてみました。バレンタイン限定のおしゃれなディナー、ぜひ楽しんで…

レシピ まとめ

レンジ、オーブン、フライパンで作れる、簡単でおいしい人気のなすレシピを集めてみました。ゴマやチーズ、トマトに豆板醤など和風にもイタリアンにも変身します。お弁当やもうひと品欲しい時に作りたくなること間違い無し!

缶詰 まとめ

人気バラエティ番組『ヒルナンデス』で、2017年ヒット間違いなしのレトルト&冷凍食品が発表されました!「こんなにおいしいの!?」と、レトルトや冷凍食品の概念を覆す名品ぞろいですよ。しっかりおさらいして、お店へ…

まとめ

甘くておいしいアイスクリーム。その種類の多さに思わず目移りするほどですが、小さな頃に食べた懐かしいアイスをもう一度食べてみたいと思いませんか?ホームランバーやメロンボール、宝石箱など、思い出に残る昭和レトロな…

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おでん レシピ 和食 まとめ

「おでん、たくさん作りすぎて飽きてきちゃったなぁ…。」なんてことありませんか?そんな時に試していただきたいのが、こちらのアレンジレシピ☆ぜひ多めに作って、味の染みたおでんで作ってみてください♪

レシピ まとめ 離乳食

この頃になるとハイハイができ、あちこち移動して遊べるように。音の出るおもちゃや動くおもちゃに興味を示し、部屋の中の物すべてが興味の対象(笑)ママの姿が見えないと後追いし始めるのもこの時期。大泣きしたら「ママは…

スムージー まとめ

ダイエット中は油断すると1日に必要な栄養素が不足してしまいがちです。かといって朝から何品もの食事を用意するのも大変です。そんなダイエット中におすすめなのがスムージー。一杯のグラスの中に栄養をぎゅっと詰めてみま…

レシピ 豆腐 まとめ

冷奴はお豆腐をお皿に移してかつおを乗せて…それで十分においしい!日本人にはなくてはならないメニューですが、トッピングを変えるだけで簡単に日替わりメニューや、食べ応えのあるお料理としてのひと品に仕…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ

ラム、マトンなどと呼ばれる羊の肉に、実は嬉しい効果がたくさん!特に注目したいのは、牛肉や豚肉と比べて高い脂肪燃焼効果があるということ。その効果の源は羊の肉に多く含まれる「L-カルニチン」という特殊なアミノ酸だ…

カレー 東京 品川

最近はただおいしいというだけではなく、あっと驚くような演出が加わっている「しずる系カレー」が流行してきているとか。代表的な店のひとつとして「野菜を食べるカレーcamp」が注目されています。キャン場にいるかのよ…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。