ローディング中

Loading...

連載:五感で旅するハーブとスパイスの食卓

季節に合わせたハーブとスパイスの使い方を提案する連載の第4回。今回は、ピリっとした辛味が特徴のハーブ「クレソン」を取り上げます。薬効性と栄養価が高く、お肉との相性もよいハーブ。梅雨の季節にからだがよろこぶレシピとともに紹介します。

オランダから海を旅してやって来た「クレソン」

春になると清らかな水辺に姿を現し、夏がくる頃に花を咲かせるハーブ「クレソン」。

和名で「オランダガラシ」と呼ばれるクレソンは、アブラナ科の多年草。

その名のとおり、明治時代にオランダから海を渡って日本にやって来たと言われている薬草です。

原産は、ヨーロッパから中央アジアにかけて。

渡来した当時は在留外国人のために栽培されていたそうですが、キリスト教の宣教師たちが日本全国を布教する際に持ち歩いていたことから、各地へと広まりました。

すぐれた栄養価と薬効性をもつクレソン

フランス語で「健康草 / サンテ・デュ・コール」とも呼ばれるクレソンは、浄化作用、利尿作用、食欲増進、解熱作用など、すぐれた薬効性を持ち合わせています。

消化を促進する作用や肉の脂肪分解作用もあり、お肉の付け合わせに適しているハーブでもあります。

昔の人々は、薬効性と栄養価の高いクレソンをたいへん尊重してきたのだそうです。

今回は、そんな素晴らしいハーブ「クレソン」と日本の発酵調味料を使って、からだを内側から整えるレシピをふたつ紹介します。

菊の花びら舞うクレソンの酸っぱいサラダ

ここ最近、ありがたいことに故郷に帰る機会をいただいています。

私の故郷は、北海道の十勝という地方。果てしなく広がる平野、一列に並んだ防風林、うつくしい山脈の連なり。そんな風景が、日常のなかにある大地です。

故郷を離れて15年もの時間が流れ、生まれ育った土地へ帰るようになり気づいたことは、そこかしこに清らかな小川が流れているということ。

クレソンの群生も、よく見かけるのです。

幼い頃は当たり前に感じていた景色も、大人になり東京に暮らす今、とても特別な景色に変わりました。今年の夏は、クレソンの花咲くのを見てみたいものです。

「菊の花びら舞うクレソンの酸っぱいサラダ」のレシピ

材料
・クレソン
・あげ
・しらす
・食用菊
・ごま油
・酢
・塩
・粉山椒(なければ、こしょうでも○)
作り方
1. たっぷり水を張ったボウルの中でクレソンを泳がせ、気持ち良さそうにパリっとしてきたら、ざるにあげ、水きりする。

2. あげはトースターやフライパンなどで両面をこんがり焼いて、食べやすい大きさに刻んでおく。

3. ボウルの中で、クレソン、あげ、しらすを和えて、塩、酢、ごま油を加えて調味する。

4. 混ぜ合わさったそれらの全体に菊の花と粉山椒を散らし、さっと和えて、器に装い完成。
私の故郷のとある公園では、秋になると「菊まつり」という催しが開かれます。

子どもの頃、今は亡き祖父に手を引かれ、毎年そのまつりに出かけました。「つまらない」「早く帰りたい」という気持ちを、ふてぶてしい態度で示していたあの頃。

当時の祖父の年齢に半分ほど近づいた今なら、きっと肩を並べて同じ気持ちを共有できるだろうと思うのです。

そんな忘れていた小さな出来事を憶いだし、菊の花をはらりと添えてみました。

クレソンと味噌のポタージュスープ

下北沢で古本と料理の店をはじめる前のこと。

私は、出版社で半人前に満たない編集者として、修行の日々を送っていました。

「ごはんと暮らし」を軸に本をつくるその出版社には、広くて機能的で気持ちのよいキッチンがあり、料理に関わる催しごとも開いていました。

ある年のこと、ちょうど今のような梅雨の季節に、みんなで味噌づくりをしました。キッチンの傍らにござを敷いて輪になり、潰したり、こねたり、まるめたりの共同作業。

そんな梅雨時期の共同作業のあと、昔の人たちの暮らしを想いました。雨の多い梅雨の季節、屋内に集い保存食づくりや針仕事を楽しんでいる、女性たちの姿を。

あの日の味噌づくりを憶いだしながら、クレソンに味噌を合わせ作ったポタージュスープがおいしかったので、梅雨の思い出レシピとして、ここに紹介させていただきます。

「クレソンと味噌のポタージュスープ」のレシピ

材料
・クレソン
・味噌
・牛乳
・水
作り方
1. 鍋にクレソンを覆うくらいの水を張り、火にかけ沸騰させる。

2. 水洗いしたクレソンを細かく刻み、湯の沸騰した鍋に入れ、くたっとするまで煮る。

3. 煮たったクレソンを湯ごと、ハンドミキサーやフードプロセッサーなどで撹拌する。

4. 液状になったクレソンの汁に牛乳を注ぎ、火にかけ温まったら味噌を溶く。

5. 味を見て、塩味が足りなければ、塩などで調整して完成。

6. 仕上げにオリーブ油やこしょう(分量外)をまわしかけると、さらに美味しくいただけます。
家で過ごす時間の長くなる梅雨の季節は、梅やらっきょうを漬けたり、味噌をつくったり、果実酒を仕込んだり。

昔の人の暮らしや食卓を囲む誰かを想いながら、台所で手を動かし、支度する季節なのだと。そんな風に目のまえにある季節を楽しみながら、毎日を積み重ねていきたいものです。
次回のテーマは「レモングラス」です。どうぞお楽しみに!

▼ これまでの連載はこちら。

《五感で旅するハーブとスパイスの食卓》の記事一覧

中国 香港

「スターアニス」とも呼ばれる、中国とベトナム原産のスパイス「八角」。中国では古くから漢方としても重宝されてきた、中華料理に欠かせない香辛料です。胃腸の働きが衰える夏から秋への変わり目に食べたい中華風のレシピを…

サラダ パスタ

地中海原産の「ルッコラ」は独特の香りと風味が特徴のハーブです。そんなルッコラを使って今回ご紹介する異国風レシピは、豆腐を使ってつくる“桃モッツァレラ風”サラダと、イタリア風冷製パスタの…

レシピ おつまみ スープ

季節に合わせたハーブとスパイスの使い方を提案する連載の第7回。今回は、薬用サルビアと呼ばれる万能ハーブ「セージ」を使って、ビールやワインとたのしみたいレシピを紹介します。効能にすぐれたセージをおいしく摂れる、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ マヨネーズ

味つきで油を引く手間も省ける「マヨネーズ」手軽においしく作ることのできる「マヨ炒め」のすぐれものレシピを今回はご紹介していきます♪野菜炒めは好きだけどワンパターンになりがち...なんてときに試してみてはいかが?

レシピ まとめ 寿司 ピザ

5月の第2日曜日は「母の日」日頃の感謝をこめてお母さんに料理をふるまってみてはいかがでしょうか?おすすめのレシピを集めてみました。ちなみに日本やアメリカでは第2日曜ですが、スペインでは第1日曜、スウェーデンで…

パン レシピ まとめ お粥

パン粥とはパンを小さくちぎり、牛乳やスープで煮たパンで作ったおかゆのことです。食欲がないときや、離乳食などにも使われます。子供の頃を思い出すような懐かしい味わいが人気のようです。アレンジレシピもあるのでぜひ作…

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

オムレツ サンドイッチ レシピ まとめ

オムレツを挟んだサンドイッチ、オムレツサンドを知っていますか?たまごサンドとは違う、ふわトロ感が嬉しいオムレツサンド。ここでは、そんなオムレツサンドの基本の作り方と、美味しいアレンジレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

パスタ レシピ

今回ご紹介するのは、フライパン一つで作れちゃう簡単な昔ながらのケチャップナポリタンのレシピです。洗い物が少なくなるのは、助かりますよね!ランチやブランチなんかにオススメです!ぜひ、作ってみて下さい!

まとめ おしゃれ

インスタグラムで人気のハッシュタグ「皿とのお戯れタイム」で検索すると、皆さんおしゃれで美しいテーブルセッティングで食事を楽しんでおられるのがわかりますよ。お手本にしたいコーディネートがいっぱい!一緒に見ていき…

ピリカタント 西野優

北海道の十勝出身。出版社で編集者として働いたのち、旅とアルバイトの...

https://www.instagram.com/pirkatanto/