ローディング中

Loading...

「もずくダイエット」とは、もずくを食前に摂る食事法です。もずくに含まれる多彩な栄養成分が働いて、楽やせできると評判を集めています。今回は、もずくダイエットの効果、やり方、おすすめレシピなど、詳しくまとめてみました。

もずくダイエットとは?

わかめのような歯触りと、ぬるぬるとした表面の食感が特徴的な「もずく」。もずく酢が代表的な食べ方で、ほかにも天ぷらやお吸い物、雑炊などの材料に使われることもありますよね。

表面のぬめり成分は多糖類といって、食物繊維に該当します。フコイダンやアルギン酸という成分が入っており、これらの健康効果が高く注目されているんですよ。また、各種ビタミンやミネラル、EPAという不飽和脂肪酸も含んでおり、とても栄養豊かな食材です。
こうしたもずくの特徴を、ダイエットに活用する人がとても増えています。上に挙げた成分はダイエットを促す作用も大いに期待できるからです。

ただし、もずくダイエットといっても、一食をもずくに置き換えるわけではありません。もずくを毎食前に摂る、これが基本的なやり方です。

置き換えダイエットの場合、摂取カロリーを減らせるので減量しやすい一方、栄養に偏りが生まれたり、やめるとリバウンドしてしまう可能性もあります。その点、もずくダイエットは含有成分をうまく活用したもので、3食をきちんと摂ります。ですから体に負担をかけずに済み、効率よく体重を落とすことが可能なんです。

今回は、もずくダイエットの効果とやり方、もずくのおすすめの食べ方を詳しくご紹介します。

もずくダイエットの効果

食物繊維で便秘を解消

もずくの成分で最初に注目したいのは、多糖類(食物繊維)でしょう。もずくは不溶性(水に溶けづらい性質)で、腸内で大きくふくらみます。ふくらんだ食物繊維は腸管や腸壁を刺激して、ぜん動運動を活発にするので、便秘の解消に役立つんです。

「食べる順番ダイエット」になる

もずくで食物繊維を食前に摂ると、結果的に、昨今注目を集めている「食べる順番ダイエット」の実践になります。

食べる順番ダイエットとは、「最初に野菜や海藻である程度お腹を満たし、次にお魚類やお肉類、そして最後に主食を食べる」という食事法です。最初に野菜や海藻を摂るメリットは、2つあります。

①海藻や野菜の食物繊維を最初に摂ると、その後の「脂質」と「糖質」の吸収を抑えられてダイエットになる

②食物繊維(特に不溶性食物繊維)はお腹の中でふくらむので、お腹が満たされやすく、おかずや主食の摂取量が自然と減る

食べる順番ダイエットは医師の考案した食事法ですから、メカニズムもエビデンスもはっきりしています。もずくダイエットをおすすめできる理由は、こんなところにもあるんです。

美肌効果まで得られる!

もずくを食生活に加えると、ビタミンやミネラルをたっぷりと補給できるので、代謝を高めて肌のターンオーバーを正しく働かせてくれます。また、EPAは血流を促進させるすぐれた脂質ですから、肌の血行がよくなり、くすみやシワの予防につながるでしょう。

もずくダイエットのやり方

もずくダイエットは何度もお伝えしているように、毎食前にもずくを摂るのが基本。加えて、ちょっとしたポイントを覚えれば、すぐに実行できます。

やり方① もずくを食前に摂る
上で述べたとおり、もずくを食前に摂ることで「食べる順番ダイエット」の実践になります。

やり方② 1日50g以上を目安に摂る
もずくダイエットでは、毎日、最低50g(市販のもずく酢1パック程度)以上を目標に、もずくを摂るように勧められています。

やり方③ 炭水化物をたくさん食べるときは、必ず最初にもずくを摂る
炭水化物(糖質)は、肥満の最大の原因です。もし、炭水化物をたくさん食べそうだな、と事前にわかった場合は、必ずもずくを食前に摂りましょう。

もずくのおすすめの食べ方

もずくに含まれるフコイダンは加熱しても成分が変わらないうえ、吸収効率も上がるので、汁物がおすすめです。おすすめレシピを以下に挙げてみました。

モズクの酸辣湯

にんじんは千切りに、ネギは小口切りにします。もずくやネギ以外の材料を鍋に入れ、にんじんに軽く火が通ったら、もずくとねぎを加えましょう。水溶き片栗粉でとろみを付けたら卵を溶き卵にして加え、ゴマ油を入れたら完成です。

すっぱからい酸辣湯(サンラータン)に、もずくを加えたヘルシーなスープ。下で述べているように、お酢はGI値を下げてくれる食品なので、よりダイエット作用が期待できるレシピになっています。

もずくとチアシードのサラダ

ゆずの表面の黄色い部分を細く切っておきます。各材料を千切りしたらボウルに入れ、チアシードともずくを加えて混ぜましょう。器に盛り付けて、ゆずをのせればできあがりです。

話題のダイエット食品「チアシード」と合わせて摂ることで、よりお腹の満足度が高いひと品に。もずくダイエットにぴったりのアイデアサラダです。

もずくのかきたま汁

卵は溶いておき、ネギやミツバは切ってきます。もずくも長い場合は最初に切っておくとよいでしょう。鍋に水と各材料を入れて火にかけ、もずくを加えて煮立たせたら、卵を少しずつ流し入れます。卵が固まるまでしばらく待つと、汁が濁りません。器に移し、薬味を加えたら完成です。

あっさりとした昆布だしと生もずくの風味に、かきたまのコクが加わって味に奥行きを出しています。ヘルシーでも満足感のあるスープです。

もずく酢

定番のもずく酢も、じつはダイエット向きの食べ方。お酢は食品のGI値(食後血糖値の上昇スピードを示す数値)を下げる働きがあり、血糖値の上昇を抑えてくれるので、脂肪を溜め込みにくい体質作りに役立ちます。市販のもずく酢で十分に効果が見込めます。

おわりに

もずくダイエットのよいところは、もずくの栄養成分をうまく活かしつつ、食べる順番ダイエットのメリットも体感できる点にあります。置き換えダイエットのように続けることが難しくないので、気軽にできる点も特徴です。

おいしくやせて、しかも美肌になれる簡単ダイエット、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

銀座 ランチ レストラン まとめ

銀座というと高級店が並ぶイメージがありますが、メイン通りから1本奥に入ると、安いランチを楽しめるお店が沢山あります。今回は1,000円以下でおいしいランチを食べられる10店をご紹介。パスタやカレー、ハンバーグ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スイカ フルーツ

暑い夏には、スイカが食べたくなりますよね。みなさん、スイカが野菜と果物のどちらかをご存知ですか?果物と思われている方が多いようですが、スイカは実は野菜なのです。今回はスイカが野菜か?果物か?と保存方法、おすす…

カリフラワー

サラダだけでなく、煮物や炒め物もおいしいカリフラワー。ちょうどよい茹で時間を知っていますか?茹で過ぎて、やわらかくなり過ぎてしまわないように、コリコリの食感をほどよく残したカリフラワーの茹で時間をご紹介。レン…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る