ローディング中

Loading...

連載:日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り

まるでカスミソウのような白い花を付けるカリフローレ。ブーケに見立てて販売される、とっても愛らしい野菜です。コリッとした食感とほんのり広がる甘さは、一度食べればクセになるはず。おすすめの食べ方や日持ちする保存方法などまとめてご紹介します!

カスミソウに似た野菜、カリフローレ

カリフローレとはカリフラワーの一種で、埼玉県にあるトキタ種苗が開発した日本生まれの野菜です。

カリフラワーとの違いは、ひとつの太い茎に花蕾がいくつもできるのではなく、茎にひとつひとつの軸(花梗)が成長して花蕾ができる野菜です。よって花の下の軸が細長いのが特徴です。

また細長い茎の部分を活かしてスティック形状にカットされるカリフローレは、別名スティックカリフラワーとも呼ばれています。

黄緑色の軸、白色の花、その姿・形はまるでカスミソウのようです。その見た目を活かし、ブーケのようにして束ねて販売されるとてもかわいらしい野菜です。

生産地と旬の時期

トキタ種苗が2012年頃から種の販売を開始して、今では北海道から沖縄まで栽培・生産されています。

春作(1〜3月まき)、夏作(高冷地4〜6月まき)、秋作(7〜8月まき)があり、種を植えてから2ヶ月から3ヶ月弱で収穫・出荷されます。よって、主に一年中食べることができる野菜です。ただし、取り扱っているスーパーは限られているため、貴重な野菜といえるでしょう。

コリッとした食感とほんのりした甘さが魅力

カリフローレはそのまま食べてもクセがなく、生の状態で食べることができます。コリっとした食感で口の中でほんのり甘さが広がります。房の部分を口に含み、ひとくちふたくち噛み始めると一気にホロホロとほどけていく歯ざわりを楽しむことができます。

おすすめの食べ方

まずは、生で食べてみることをおすすめします。素材本来の味わい、食感を感じてみてください。また、1分ほど熱湯でさっと茹でる、または蒸すことでより甘さが引き立ちます。さらに家庭で愛用する出汁などに漬け込めば、出汁の旨味と野菜の甘さの相乗効果でさらにおいしさがアップすると思います。

レシピとしては、バーニャカウダや適当な大きさに切って、ほかの野菜と一緒に合わせてサラダにして食べるのが良いでしょう。炒める場合は、短時間で火を通せばコリっとした食感を味わうことができます。また、酢漬けにしてピクルスにしたり、天ぷらにしても良さそうです。

なによりクセがない野菜なので、色々な味付けに合いますよ。ぜひ食感を活かした調理法で楽しんでください。

今ではさまざまなジャンルのシェフが、カスミソウのような見た目からインスピレーションを受け、お店で提供する野菜のひとつに取り入れているようです。

おいしいカリフローレの選び方、保存方法

鮮度の見分け方

軸は太すぎず、鮮やかな緑色をしたものを選んでください。花房は茶色くなっていないものを選びましょう。

保存方法

1. 冷蔵庫の野菜室
ビニール袋やラップにくるみ、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。またその際、花が潰れないよう上に立てた状態で保存すると、日持ちします。

2. 冷凍庫
冷凍保存も可能です。その際、下処理をしておくとそのまま調理に使えて便利です。固めに茹でて水気を十分に切ってから保存バッグに入れます。平らにならしてから冷凍庫へ入れましょう。

終わりに

今回の購入場所は、恵比寿ガーデンプレイス内の三越本館。地下2階にある食品売場内の野菜コーナーで見つけました。小分けにされた茎が5本ほど入って、お値段は300円(税抜き)、生産地は東京都。見た目が花束のようになるよう、袋の下を束ねてテープで止められていましたよ。
※値段は、時期や収穫量、生産地により変動する可能性があります。
ブーケのようにかわいらしく販売されているカリフローレ。生でもとってもおいしく、手軽に調理に取り入れることができる野菜。心地よい食感と甘さにきっとはまってしまうと思います。アクもないので面倒な下処理も必要ありませんよ。ぜひ、見かけたら手にとって調理してみてはいかがでしょうか。

《日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り》の記事一覧

口の中で独特の粘りと食感があるネバネバ食材。このネバネバには、免疫強化など夏バテ防止に役立つ成分が入っているんです。今回、珍しい野菜を中心に新顔野菜も取り上げ、効果・効能を一挙にご紹介します。今の体調から必要…

レシピ

つくしのような見た目をしたアスパラソバージュを知っていますか?ヨーロッパで自生し、日本では主に空輸で取り寄せられる高級食材です。今回はアスパラソバージュの食べ方やレシピもご紹介します。上品な甘みと食感がくせに…

ビーツ レシピ

濃い赤紫色が目にも鮮やかなビーツ。名前を聞いたり、見かけたり、また一度は食べたことのある人もいるかもしれませんね。とても甘い野菜で、料理を華やかにしてくれます。飲む血液と呼ばれるビーツは栄養豊富!夏にぴったり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ 大根 漬け物

日本の食卓に欠かせない、和食材の定番「たくあん」。食感と味わいが特徴的ですが、実はいろんな料理にアレンジできると知っていますか?今回は、和食だけでなくチャーハンや洋食にも変身できるたくあんの人気レシピや、余っ…

大根

大根はクセがないので煮て良し、生で食べても良しの優秀野菜。でも、大根の甘い方って上と下どっちだかご存じですか?今回は、大根の甘い方の解説や部位ごとの特性、さらに使い分ける方法を詳しくまとめました。今日から大根…

大河内美弥

野菜ソムリエ。旅の途中に寄る地方スーパー、海外のスーパーが大好き。...

ページTOPに戻る