ローディング中

Loading...

"女性の果実"として古くから美容・健康に活用されてきた、ざくろ。「ざくろジュース」は簡単に手作りできて、アンチエイジング、美肌、ダイエットの効果が期待できます。見た目もあざやかな「ざくろジュース」の効果、作り方をご紹介しましょう。

ざくろとは?

日本では観葉樹として植えられていたこともあり、子ども時代、ざくろの実を木から食べたことがある人もいらっしゃるかもしれません。でも、じつは大人になってからこそ食べてほしいフルーツでもあるんですよ。ざくろは古くから「女性の果実」と呼ばれており、女性の美容と健康に役立つといわれているんですよ

ざくろの原産地は諸説あって、西南アジア説、ヨーロッパ説、北アフリカ説など、はっきりしていません。いずれにしても、有史以前ではエジプトや古代ギリシャで栽培がおこなわれていたようですから、とても歴史の古いフルーツであることは間違いありません。

実際、西洋医学の父といわれるヒポクラテスの医学書、中国の漢方書、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の医学書など、世界各国で書かれた古代の医学書に、ざくろに関する記述がみられます。はるか昔から、ざくろは薬用に活用されてきたフルーツなんです。

日本には平安時代、中国からざくろが伝わりました。鎌倉時代の中期に栽培がはじまっており、生薬、お菓子の甘味付け、鏡を磨くなど、多様に利用されてきた歴史があります。

なぜ、ざくろは古くから「女性の果実」と呼ばれてきたのでしょうか。栄養面から見るとたしかに、ざくろは女性こそ摂るべきフルーツといえます。今回は、ざくろを気軽に摂取できる「ざくろジュース」にスポットを当てて、その効果、作り方、飲み方をご紹介します。

ざくろジュースの効果

ざくろは、体の酸化(老化)を抑えるポリフェノールを多く含むフルーツです。タンニンやアントシアニン、レスベラトロール、エラグ酸に加えて、プニカラジンというざくろ特有のポリフェノールも含有しています。まさに「ポリフェノールの宝庫」といってもよい食材です。

そのほか、ビタミンCやカリウムも豊富。これらの成分から「アンチエイジング」、「美肌」、「ダイエット」の効果が期待できます。以下に詳しくまとめてみました。

アンチエイジング

ポリフェノールが抗酸化作用にすぐれており、アンチエイジングに役立つということは、おそらくみなさんもご存じのとおりです。抗酸化とは、体内で過剰に増えてしまった活性酸素の働きを抑え、体の酸化を防ぐ作用のこと。赤ワイン、ブルーベリー、トマト、どれもポリフェノールを含んだ食材として有名ですね。

ただ、ざくろがすごいのは、多彩なポリフェノールを含んでいることでしょう。たとえば、エラグ酸というポリフェノールは、ほかのポリフェノールと相乗することでより高い抗酸化作用を発揮するといわれます。また、ざくろ特有のプニカラジンは、体内吸収率が高いポリフェノールとして知られています。すぐれた抗酸化作用と抗炎症作用で、体を活性酸素やウイルスから守ってくれるんです。

美肌作用

ポリフェノールは紫外線やストレスによる肌ダメージを緩和させ、若々しい肌作りに役立つ貴重な成分です。また、上で述べたエラグ酸や、ざくろに豊富なビタミンCは、チロシナーゼという酸化酵素の働きを抑える作用があるといわれています。

チロシナーゼが活性化すると、体内のチロシンというアミノ酸が黒色メラニンに変化します。黒色メラニンは肌に蓄積・沈着して、くすみやシミの原因になりますから、チロシナーゼの働きを抑えれば美白作用が期待できるんです。

ダイエット作用

ざくろは、カリウムというミネラルを多く含むフルーツです。カリウムは利尿作用にすぐれており、体内の余計な水分や老廃物の排泄を促してくれるので、むくみ予防が期待できます。またポリフェノールのアントシアニンやレスベラトロールには、内臓脂肪の蓄積を抑える作用もあるので、むくみと脂肪太りをともに改善してくれるんです。

ざくろで女性ホルモンが活性化?

ざくろにバストアップなどの効果があるとして、一時期、話題になりました。ざくろに女性ホルモンの「エストロゲン」が含まれているため、というのが理由です。ただし、その後、国民生活センターが調査をおこない、ざくろ果汁やざくろジュースからエストロゲンは検出されなかった、という結果を報告しました。

とはいえ、ざくろには、エストロゲンとよく似た働きをする「エストロン」という成分が含まれているとわかっています。微量な含有量であること、種子に多く入っていることなどから、ざくろジュースを飲んで女性ホルモンを整える効果は正直あまり期待できません。

それでも、ざくろジュースはアンチエイジング、美肌、ダイエットの効果が期待できる栄養豊かなドリンクです。美容と健康にご興味のある人には、ぜひ日頃から飲んでもらいたいと思います。
▼「ざくろ」の選び方や効能を紹介したこちらの記事もご覧ください。

ざくろジュースの作り方

ざくろジュースの作り方は簡単です。ざくろ1個あれば、すぐに自宅で作ることができます。作り方は以下のとおりです。

【材料】
・ざくろ…1個

【作り方】
①ざくろを1粒ずつ外して容器に入れ、水で洗う
②小さなすりこぎ棒で、上からざくろを潰す
③茶漉しで漉して果汁を絞りきったら完成

冷やしてそのまま飲む方法が定番。シンプルに炭酸水で割ったり、甘味のついたレモネードで割ってもおいしく飲めます。

ざくろジュースの購入方法

ざくろジュースはAmazonでも売られているので、ざくろが用意できない人、手作りが少し面倒な人は、ぜひチェックしてみてくださいね。
http://macaro-ni.jp/29876

出典:www.amazon.co.jp

野田ハニー ざくろジュース100% 500ml

¥618

Amazonで購入

おわりに

多彩なポリフェノールやビタミンC、カリウムを含み、女性に嬉しい効果がたくさん期待できるざくろジュース。あざやかで深みのある赤色は、見るからに栄養がギュッと詰まっていそうです。

自然の恵みを余すことなく取り入れた手作りざくろジュースで、若々しく健康的な生活を送りませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

肉じゃがの日のって少し物足りなく感じませんか?ご飯と肉じゃが、もうひと品付け合わせがあるとよいですよね。今回は食べ応えも増す肉じゃがの付け合わせをご提案。副菜と汁物など、お好みで肉じゃがと組み合わせれば、バラ…

調味料

ひそかなブームが続いているオリーブオイルスプレー。ほんの少しの量でオリーブオイルの香りを楽しめるので、ダイエットにも最適とコストコでも人気です。オリーブオイルスプレーにはどんな特徴があって、どんな料理に使える…

グラタン レシピ まとめ

大人にも子供にも人気のグラタン。グラタンの日のおかずはどうしていますか?グラタンだけでも十分ごちそうですが、何か少し物足りない気もします。グラタンのおかずになるおすすめのお料理をご紹介。ひと品足して、グラタン…

ズッキーニ レシピ まとめ

近所のスーパーでも見かけるようになったズッキーニ。ズッキーニは生で食べられるのをご存じですか?キュウリに似てるけど、ラタトゥイユ以外の食べ方を知らない、という方も多いのでは?今回は、ズッキーニを生で食べる方法…

たまご まとめ

一見簡単そうな錦糸卵ですが、慣れていないとなかなか上手には作れません…。そこで今回は、たまごのスペシャリスト・たまごソムリエが失敗しない錦糸卵の作り方を伝授!色鮮やかな錦糸卵を使ってお弁当をかわ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。…

ピクルス レシピ まとめ

ピクルスとは、キュウリなど野菜を酢・砂糖などからなる漬け液に漬けて乳酸発酵させたもの。最近では日本でもお馴染みですよね。今回は、浅漬け風やしっかり漬けなど、ご自宅でもお手軽に作れちゃうレシピを集めてみました。

レシピ 豆腐 まとめ

つるんと美味しい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

パスタ

最近は色々な麺類を食べる機会が増えてきましたが、それぞれの違いはきちんと把握できているでしょうか?特にややこしいのは「パスタ」と「スパゲッティ」。実は同じものをさしているわけではなく、違うものだったのです。違…

日本でも決して珍しいものではなくなってきたフランスパン。硬めの食感と、噛めば噛むほど感じることができる味わい深さが何よりもの魅力ですよね。そのフランスパンは、たくさんの種類があることをご存知でしょうか?食べ分…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。