ローディング中

Loading...

ナッツ類が栄養バランスに富み、健康にいいことは有名ですが、特にアーモンドは毎日適量食べると無理なく、きれいにダイエットできると今話題なんです。どのような栄養素・効能があるのか、アーモンドダイエットの方法や注意点についてご紹介します。

体にいいことで知られるナッツ類

アーモンド・カシューナッツ・ピーカンナッツなどのナッツ類が健康にいいことは、最近メディアや口コミでも話題なので、ご存知の方も多いでしょう。

ナッツ類には、不飽和脂肪酸、アンチエイジング効果が期待できるビタミンE、腸内環境をととのえる食物繊維が豊富に含まれ、美容・ダイエット効果もあるとされています。

いま、そんなナッツ類の効果・効能を利用したダイエットが注目されているんです。

アーモンドダイエットとは?

なかでも、もっとも話題を集めているのが「アーモンドダイエット」。アーモンドはカロリーが高いと思われがちですが、アメリカ・ハーバード大学での実験では、次のようなデータ結果が発表されています。18~50歳のさまざまな年代の50人を被験者として、毎日の食事にアーモンドを適度に取り入れた人の多くが、半年で5kgの減量に成功したというものです。

さらに1年たっても、リバウンドしにくい体質に変化した人もいるのだとか。これは、痩せたい女性にとって非常にうれしい情報ですね。

アーモンドのカロリーと糖質

ここで気になるのが、アーモンドのカロリー。アーモンドは1粒あたりの重さは1~1.2gでカロリーは6~7kcalあります。アーモンド100gで換算するとカロリーはおよそ600kcal。白米が100gで168kcalですので、アーモンドのカロリーは結構高いですね。ちなみに糖質は、アーモンド100gあたり約10gになります。

ですが、食べすぎに注意して適切な量を毎日摂取すれば、バランスよく栄養を体に取り入れることができるんですよ。

アーモンドに含まれる栄養成分

ビタミンE

アーモンドは、たくさんある食品の中でもビタミンEの含有量が1番なんです。ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれるほど、抗酸化作用にすぐれているのでアンチエイジング効果が期待できます。

ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質の代謝を助ける役割を担っています。つまり、脂質をエネルギーに変換してくれるということなので、ダイエットには欠かせない栄養素ですね。

ミネラル

マグネシウム・カルシウム・亜鉛など、ミネラルも大変豊富で、カルシウムは牛乳の約2倍含んでいるんですよ。ミネラルは、体の形成に必要不可欠な栄養素で代謝機能の向上などを助けてくれます。

食物繊維

食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類に分類することができます。アーモンドには、水に溶けない不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、腸内で水分を吸収し膨らみます。これによって、油分の吸収をおさえたり、便の量を増加させるので便秘解消に効果が期待できます。

アーモンドが持つ効果・効能

美肌効果

さきほども述べましたが、ビタミンEの含有量が非常に多いので、抗酸化力にすぐれ、アンチエイジング・血流改善・生活習慣病の予防・肌を若々しく保つなどの効果があります。

免疫力アップ

不飽和脂肪酸(オレイン酸・リノール酸)には、血液をサラサラにする効果があり、免疫力アップにもつながります。

脂肪燃焼

アーモンドに含まれるビタミンB2は、代謝力をアップし、脂肪燃焼に欠かせない成分。皮膚を健康にキープする成分もあるので、美肌効果にもひと役買ってくれます。

整腸効果・満腹感を持続

食物繊維がゴボウの約2倍あるといわれるアーモンドですから、腸内環境をととのえて、お通じもよくしてくれます。アーモンドが含む食物繊維は水に溶けない不溶性で、腸の内部にコーティングされるため、脂質の吸収をおさえる・腹もちをよくするという効果もあるんですよ。

アーモンドダイエットの正しいやり方

手順

アーモンドは1日に20~30粒食べるのが、このダイエットのやり方です。素焼きのアーモンドか生アーモンドを選ぶようにしてくださいね。お砂糖や油で調理されているものもありますが、当然のことながらカロリーが高くなってしまうので注意しましょう。

よく噛んで食べるようにするのもポイントです。よく噛めば満腹中枢が刺激されるので、少量でも満腹感を得られます。おなかがいっぱいになればOKで、必ず20~30粒食べなくてはいけないというものではありません。満腹になったら食べるのはやめましょう。
http://macaro-ni.jp/29846

出典:www.amazon.co.jp

素焼きアーモンド 260g

¥1080

Amazonで購入
クセがなく食べやすい素焼きアーモンド。袋もファスナーつきですので保存に便利。おいしいので食べすぎには注意!というぐらいの人気商品です。

もっとも効果的なタイミング

アーモンドを1回の食事に置き換えるわけではなく、食事前のおやつとして食べるのが効果的です。食事前にアーモンドである程度、おなかを満たしておくというのがこのダイエットのポイント。いつも通りの食事に加えて、アーモンドを摂りすぎるとかえって体重が増えてしまいますので注意してくださいね。

もちろん、アーモンドをおやつ代わりに食べるときもほかのお菓子などは食べないようにしてくださいね。

アーモンドを使ったおすすめレシピ

アーモンドグリーンクッキー

いま流行のべジスイーツ。ほうれん草は軽く下ゆでして水につけ、アーモンド・油・メープルシロップとミキサーにかけてなめらかにして、小麦粉と合わせましょう。好きな大きさに成形し、オーブンで焼けば完成。

アーモンドと一緒にほかのナッツ類もトッピングして、ヘルシーにおいしく味わえますよ。

砂糖不使用!アーモンドチーズマフィン

アーモンドパウダーを小麦粉代わりに使ってグルテンフリーに。クリームチーズで風味をアップして、ダイエット中も安心して食べられる低糖質マフィンです。

卵やバター、アーモンドパウダーなどをボウルで混ぜて、マフィン型に入れてオーブンで焼いたら完成です!アーモンドスライスはトッピングに使いますが、素焼きしたアーモンドやほかのナッツを生地に混ぜ込んでもおいしいですよ。

アーモンドバルサミコのサーモンソテー

フライパンにオリーブ油を熱し、サーモンは塩コショウして両面を焼きます。アーモンドとバルサミコ酢・お醤油・バターをひと煮立ちさせて、サーモンにかけます。簡単にヘルシーでおしゃれなひと品が完成。

サーモンも良質な脂肪酸を含む魚ですから積極的に摂りたい食品ですね。アーモンドがバルサミコ酢の酸味とマッチして絶品です。

アーモンドダイエットの注意点

アーモンドはカロリーが高いので、食べすぎにはくれぐれも注意してください。1日20~30粒が適量で、それ以上食べるとカロリーのとりすぎで太る原因になります。また食べすぎると、おなかを壊してしまうこともあるようです。
食べる量を注意すれば、栄養をかたよりなく体の中に摂取でき、ダイエットにも効果を発揮してくれるアーモンド。おやつ代わりにちょこっとつまむのにもピッタリの食品でもありますね。ぜひあなたも「アーモンドダイエット」にトライしてみてはいかがでしょう?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

2017年1月18日放送のテレビ情報番組『ヒルナンデス!』で、「コストコの冬の狙い目商品」が紹介されました。コストコの商品は、高品質でコスパの良い商品が豊富です!およそ3千5百万点以上の商品の中から選ばれたト…

クッキー レシピ まとめ

グルテンフリーな米粉を使って、クッキーを作ってみませんか?小麦粉よりもヘルシーなので、ダイエットやマクロビに興味がある人にはおすすめですよ。今回は、米粉で作る人気のクッキーレシピを紹介していきます。

ほうれん草 キッシュ フランス料理 まとめ

フランスの郷土料理「キッシュ」。今回は、定番の「ほうれん草のキッシュ」の人気レシピをご紹介します。オーブンで仕上げるのが普通ですが、フライパンやトースターでもできますし、パイ生地がなくてもOK。ぜひ参考にして…

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

レシピ オートミール クッキー まとめ

オートミールは、精白をしていない全粒穀物で栄養素が豊富です。また、オートミールをクッキーの材料に使うことで、小麦粉だけのクッキーよりも低カロリーになります。今回は簡単にできるオートミールクッキーの作り方とアレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

醤油は冷蔵保存が基本って知ってましたか?調味料って冷蔵なのか常温なのか悩むところですよね。常温で大丈夫と思っていたのが実は冷蔵庫に入れないと悪くなっている場合もあります。主要な調味料をまとめておきましたので、…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

ドリンク

夏の風物詩にもなっている「水出し緑茶」は、おいしいだけでなく、美容や健康にも効果があるんです。今回は、驚きの効果や作り方、カフェインについて、おすすめの専用ボトルまで詳しくご紹介していきます。秋も「水出し緑茶…

レシピ

昆布といえば、おいしい旨味成分がつまったお出汁の素。すっきりと上品な味わいが口の中に広がりますよね。そんな昆布を職人さんの手で丁寧に削ったものがおぼろ昆布です。1枚の昆布の面を薄く削るのは至難の業で熟練の技が…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...