ローディング中

Loading...

緑茶の豊かな成分を活用した手作りの「緑茶パック」。美肌効果が高いと評判で、一度塗れば保湿作用で肌がツヤツヤになるのだとか。今回は、緑茶パックの効果、作り方、やり方など、注目の肌セルフケアについて詳しくまとめてみました。

「緑茶パック」で肌の悩みを解決!

緑茶といえば、カテキン。カテキンといえば、脂肪燃焼作用や殺菌作用……私たち日本人になじみ深い緑茶の健康効果は、よく知られていますね。脂肪を燃やしたい!という理由で、高濃度カテキンを含んだ緑茶を試したことがある方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

では、手作りの緑茶パックを美容目的で使ったことがある方は、どうですか?
もしかしたら、それほど多くないかもしれません。実は、緑茶は飲むだけでなく、肌に塗れば美肌作用が期待できるすごいお茶なんですよ。

くすみ、毛穴、ニキビ、シミ、乾燥などなど、多くの人が悩む肌トラブルの予防・改善に役立つ、手作り美肌パック。なぜそれほど、緑茶パックに高い効果があるのでしょうか。具体的な作り方、やり方もあわせて、詳しくご紹介します。

緑茶パックの効果

飲む場合と同じように、緑茶パックの美容効果をサポートする中心的な成分は、カテキンビタミンC。さらに、クロロフィル(葉緑素)も若々しく元気な肌の再生をサポートしてくれます。以下に、緑茶パックに期待できる効果をまとめてみました。

美白作用

ビタミンCといえばレモンを想像しますが、緑茶はなんと、レモンの4倍ものビタミンCを含んでいます。ビタミンCは肌のくすみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるので、肌を白くする作用が期待できるのです。そのほか、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促して、新たな細胞を作り出すサポート役になります。

シミの予防

上に述べたメラニンは、シミの原因にもなります。メラニンは通常、ターンオーバーによって角質とともに排出されるのですが、過剰に生成されると肌に残ってしまい、シミを作り出してしまうんです。ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれますから、シミの予防にも役立つといえます。

毛穴の引き締め作用

緑茶には、「収斂(しゅうれん)作用」といって、皮膚の組織などを縮める作用があります。そのため、緑茶で肌をパックすると、毛穴の引き締め効果が期待できるんです。

ニキビ予防

緑茶の殺菌作用は、アルコール以上ともいわれており、肌についた汚れ、細菌の繁殖を抑えてくれます。肌の炎症を防ぐことができるので、ニキビができないようにしてくれるんです。

保湿作用

緑茶に含まれるクロロフィル(葉緑素)は、皮膚の表面の傷を修復する作用があるといわれます。表皮は皮膚の一番外側にあり、バリア機能を持つ薄い膜のことで、目に見えない傷がついている場合があります。この傷を修復してくれるので、肌がイキイキと潤いを保つように促してくれるんです。

緑茶パックの作り方・やり方

緑茶パックは、緑茶と小麦粉を用意すれば作れます。

① お茶の葉をすりつぶすか、ミキサーで粉末状にする。市販の粉末状緑茶を使ってもOK。
② 小麦粉と①を、2:1の割合で混ぜる。少しずつ水を加えながら、塗りやすい柔らかさになるように混ぜていく。
③ 耳たぶ程度の堅さになったら、顔に塗る。その状態で5分~15分程度、放置する。
④ 緑茶パックが乾ききる前に、ぬるま湯で洗い流す。完全に乾ききってから落とすと、逆に肌が荒れてしまう可能性もあるので、注意する。上記5〜15分はあくまでも目安。

ポイント

緑茶パックは顔だけでなく、手の甲など、肌を白くしたい部分に塗ってもかまいません。パック中、こぼれ落ちて床を汚さないよう、十分注意してください。

緑茶ヨーグルトパックの作り方

ヨーグルトの効果を生かして、より美肌作用を高めたい場合、ヨーグルトと緑茶を混ぜたパックもおすすめです。無糖ヨーグルト(大さじ1)、粉末状の緑茶(小さじ1~2)、はちみつ(小さじ2)を混ぜたら、上記と同じ要領で顔に塗ってみてください。はちみつにも保湿作用があるので、パック後は、肌にしっとりと潤いが生まれます。

macaroniでは以前、「はちみつパック」についてご紹介しています。ご興味がありましたらぜひご覧ください▼

緑茶パックの注意点

その日に使い切る

緑茶パックはラップをかけて冷蔵庫に入れておけば、1週間ほどもつそうです。ただし、できれば作ったその日に使い切るほうが、衛生的に安心でしょう。

パッチテストを必ずおこなう

緑茶パックを実践する前に、必ずパッチテストをおこないましょう。肌の柔らかい部分(腕の内側など)などに少量塗ってみて、もしかゆみや赤みが出た場合、緑茶パックはすみやかに中止してください。

緑茶パックで肌トラブルを総合ケア!

緑茶と小麦粉さえあれば、簡単に作れる「緑茶パック」。肌トラブルを総合的にケアすることができますし、添加物などの心配もいらず、何より安価なのがいいところ。保湿作用ならば、わりと早く変化が感じられるので、ぜひ試してみてくださいね。

シミ、くすみ、ニキビ、乾燥を予防し、透明感のある肌が手に入ります。パッチテストで問題が出なければ、ぜひセルフケアとして生活に取り入れてみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ 鶏肉料理 まとめ

サラダといえば野菜……いえいえ、そんなことはありません!淡白な味わいでヘルシーな「ささみ」は、サラダの具材にぴったりなんですよ。今回は、きゅうりやキャベツなどと合わせた定番サラダか…

甘酒 マンゴー オレンジ

ベジエから「菌活美人のフルーツ甘酒 マンゴーオレンジ」が登場。マンゴーとオレンジを使ったフルーティーな粉末甘酒。夏場の栄養補給に、忙しい人の朝ごはんの代わりに、ファスティングに、お風呂上がりの1杯に、様々なシ…

トマト カレー レシピ まとめ

いつ食べても飽きないカレーですが、暑くなってくると一層おいしく感じますね。いつものカレーにトマトを加えることでワンランクアップ!生のトマトでもトマト缶でも、さらにはトマトジュースでもおいしく作れるトマトカレー…

まとめ

アレンジのしやすいベーコンは、いろいろな料理で重宝されています。今回は、ベーコンを使ったパスタのレシピを見ていきましょう。定番人気からアレンジしたものまで、いろんな味で楽しめるレシピは、普段の生活で作ってみた…

アボカド レシピ まとめ

とろとろクリーミーな食感が人気のアボカド。前菜やサラダはもちろん丼にもぴったり。お肉や海鮮と合わせてご飯の上に盛り付けるだけでごちそうになりますよ。さっぱりと食べられるものから、ガッツリお腹いっぱいになるもの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

うどん パン カレー

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少…

パン サラダ スイーツ メロンパン まとめ

6月29日日曜日の「シルシルミシルさんデー」の「全国ご当地パンといえば大賞」という特集で紹介されていたご当地パンの数々が、あまりにも珍しい上に美味しそうで羨ましくてたまりませんでした…その情熱の…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。