ローディング中

Loading...

緑黄色野菜に含まれる栄養成分、ルテイン。目に蓄積する特性から、目の症状に効果的といわれています。なじみの少ない名前ですが、目を守る大切な働きを担っています。ぜひ覚えていただき、目のアンチエイジングに役立ててくださいね。

ルテインとは?

にんじんの「βカロチン」、トマトの「リコピン」、鮭の「アスタキサンチン」、唐辛子の「カプサイシン」……健康・美容情報に関心の高い人であれば、どれも一度は見聞きしたことのある成分名かもしれません。

これらの成分、じつは自然界の動植物の色素「カロテノイド」に分類されるという共通点があって、その数、600種類以上といわれています。それぞれ効果に多少の違いはありますが、体の老化を抑える抗酸化作用にすぐれており、アンチエイジングの大きなサポートになります。

今回の主役「ルテイン」も、同じようにカロテノイドのひとつ。ただし大きな特徴が一つあって、目の「水晶体」と「黄斑部」という場所に多く存在するんです。そのため、数あるカロテノイドのなかでも、老化による目の症状によいとされています

ルテインの具体的な効果や、多く含む食品は?目の抗酸化成分「ルテイン」について、詳しくまとめてみました。

ルテインの効果で目が若返る!

目は私たちの体のなかで唯一、体の外に露出している臓器です。「老化は目からやってくる」という言葉もあるほどで、外部からの影響を顕著に受ける臓器ともいえます。睡眠中以外、基本的にまぶたを開けている時は何らかの刺激を受けているからです。

紫外線など天然の有害な光に限らず、パソコン、スマホ、蛍光灯、テレビ画面などが発する青い光も、じつは目の疲労や老化を引き起こす大きな要因になりかねません。屋外で多くの時間を過ごす人、日常的にパソコンやスマホを多用している人、テレビをよく見る人は、目の老化に十分注意しなければなりません。

では、ルテインは具体的に、どのような効果があるのでしょうか。

抗酸化作用

外部からのさまざまな刺激によって、目の酸化は進んでしまいます。ルテインは目に多く蓄積して、こうした酸化の原因を抑えてくれるため、目の不調を未然に防いでくれるんです。抗酸化作用を持つ成分のなかでも、特に目に集まるルテインだからこそ期待できる効果といえます。

光を遮る作用

ルテインは上に述べた青い光を吸収して、目を守ってくれる働きがあるとされます。その結果、老化から起こる目のさまざまな症状を予防・改善してくれると考えられます。

ルテインは疲れ目やかすみ目を防いでくれる、という研究結果もありますし、さらに期待できる効果のひとつとして、老化による代表的な目の不快症状「飛蚊症」(ひぶんしょう)の予防があります。

飛蚊症とは、視界にチラチラと黒いゴミのようなものが浮かぶ症状のこと。人によって、糸くずの大きさも量もさまざまなので、症状に気づいている人、気づいていない人がいるかもしれません。

飛蚊症は、一度出たら避けられないといわれています。でも、ルテインを摂取することで、飛蚊症の改善を実感した例もあるのだそうです。もし、飛蚊症が出ている場合、ぜひ意識してほしい成分です。

ルテインを多く含む食品

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる成分として知られています。とくに、二つの野菜の含有量が飛び抜けて多いので、ぜひ覚えておいてください。

それは、ケールとほうれん草です。ケール100gに含まれるルテインの量は21.90㎎、ほうれん草は10.90㎎。ブロッコリーの含有量が1.90㎎ですから、いかに二つの野菜に多く含まれているか、おわかりになるでしょう。

ルテインの摂り方

まずおすすめしたいのが、ほうれん草とケールを日々積極的に摂ることです。とくに、ルテインは油溶性(油に溶けやすい性質)なので、炒め物などに利用して油と一緒に摂れば、しっかりと体内に吸収されます。

なお、ルテインはサプリにもなっており、そちらを利用して効率よく摂取してもよいですね。
ルテインの摂り方

出典:www.amazon.co.jp

セイユーコーポレーション マリーゴールドルテイン 120粒

¥4028

Amazonで購入

ルテインの副作用

食品から摂取するかぎり、副作用はまず考えられません。もしサプリでルテインを取る場合、「天然」と「合成」の二つがあり、後者には目のかゆみや腫れ、咳、ぜんそくなどの副作用が起こる可能性がある、という報告もあるそうです。ルテインは、やはり天然由来のものがおすすめできますね。

なお、ルテインの1日摂取量の目安は正式に定められていませんが、アメリカ農務省では1日4〜7㎎を推奨摂取量としているそうです。何事においても過剰摂取は毒になりかねませんので、大量の摂取は控えてください。
食品に含まれるさまざまなカロテノイドのなかでも、特に目に作用する効果が高いルテイン。若々しい目の維持にぜひ役立てたい成分です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルト シフォンケーキ スコーン マンゴー ドリンク スイーツ まとめ

スターバックスコーヒーはアメリカ発祥の本格コーヒーチェーン店。ドリンクメニューも豊富でファンもたくさん。そんなスタバから、夏の新作スイーツが続々登場です。スコーン、ヨーグルト、シブースト、シフォンケーキ……早…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

スイカ スイーツ まとめ

夏といえばスイカを食べたい!ということで今回は、ノスタルジーでおいしいスイカスイーツを大特集!毎年大人気の夏季限定スイーツから、今年初登場のおすすめスイーツまでたっぷりご紹介します。お取り寄せや通販情報も一緒…

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ 寿司

爽やかな風味で、和食のアクセントに欠かせない「青じそ」は抗菌作用が強く、粘膜の保護や食中毒の予防におすすめ食材です。抗酸化作用が高く、夏の紫外線からお肌を守る役割も。そんな青じその栄養とおしゃれなレシピをご紹…

なかなか汚れが落ちにくく、手間のかかるガスコンロの掃除。しかしその掃除方法は本当に合っている?実はごとく(五徳)やバーナーなど場所ごとに掃除方法が違うんです!そこで今回は、正しいガスコンロの掃除方法を細かくご…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る