ローディング中

Loading...

豚の角煮の味付けに塩を使った「塩角煮」がおいしいと評判です。醤油ベースの定番料理「角煮」も、塩であっさり味にしあげると、食欲が落ちがちな暑い季節でも食べやすいメニューに。ご飯にもビールにもぴったりな塩角煮のレシピをご紹介します!

さっぱり味の塩角煮

角煮といえば甘辛く煮るのが一般的ですが、塩味の角煮も絶品なのをご存知ですか?

通常の角煮は、砂糖、酒、みりん、醤油で味付けをするので、甘味とコクのある濃厚な味わいに仕上がります。暑さで食欲が落ちがちな夏よりも、寒い季節に食べることの方が多いですよね?

しかし、塩で味付けする「塩角煮」の場合は、角煮のとろりと柔らかい食感はそのままに、あっさりとしあげることができるんです!お肉本来の甘みも感じることができますよ。

塩角煮の特徴

豚の角煮に塩を使う場合は、下処理の段階で塩や塩麹を揉み込んで、熟成させたお肉をつかいます。塩麹を使うと熟成の段階でお肉が柔らかくなるので、煮込み時間の短縮も期待できるんです。

また、塩味はあっさりと食べやすいので、食欲が落ちたときにもおすすめ。圧力鍋を使って短時間で作れる塩角煮の基本レシピや、バラエティ豊かなアレンジレシピを集めました。さっそく塩角煮を作ってみましょう!

塩角煮の基本レシピ

1.圧力鍋で時短!

圧力鍋を使った、基本の塩角煮レシピです。ほんの数分でとろっとした角煮にしあがりますよ。

下ごしらえで塩麹と生姜に漬け込むことで、豚バラ肉が柔らかくなります。保冷バックに入れて、ひと晩しっかりと冷蔵庫で漬け込みましょう。こちらの塩角煮は、醤油を風味づけ程度に加えています。醤油ベースの角煮に近い味わいなので、初めて塩角煮を作る方にもおすすめのレシピです。

2.ビールで柔らかく

お肉をビールにつけ込むと柔らかくなるのをご存知ですか?これは、ビールに含まれる有機酸や炭酸のはたらきでタンパク質が分解されて、お肉に保水性を与えるためです。こちらのレシピでは、実際にビールを活用しています。

カレー、シチュー用の角切り肉をひと口大に切って作るので、短い煮込み時間でしあがるのもうれしいところ。煮込む前に小麦粉をまぶしてから焼くので、おだしのとろみも楽しめるレシピです。

3.市販の塩麹を活用

こちらは、市販の液体塩麹を活用した塩角煮のレシピ。液体の塩麹は、漬け込み料理にも手軽に使えます。フライパンを使ってコトコトと煮込むのでちょっと時間はかかりますが、圧縮鍋がなくてもおいしく作れますよ。柔らかくしあがるのを楽しみに待ちながら、じっくりと煮込みましょう。

塩角煮のアレンジアイディア

1.ラーメンの隠し味に

塩角煮を作ったスープには、豚のうまみがたっぷり!このスープをラーメンの隠し味として使えば、家庭で作るラーメンも格段においしく仕上がります。塩角煮をチャーシュー代わりにトッピングすれば、塩角煮をあますところなく活用できますね!

2.大根といっしょに煮込んで

圧力鍋で塩角煮を作ると短時間でお肉が柔らかくなります。お肉にしっかり火が通ったところで、くし切りにした大根を投入しましょう。

角煮には大根の甘みが加わりますし、柔らかく煮込んだ大根には塩角煮のスープがしっかりしみこんでこれまたおいしい!圧力鍋でつくる、塩角煮ならではのアレンジレシピです。

3.だしをスープにアレンジ!

塩角煮と醤油味の角煮の最大の違いは、だしをスープとしてアレンジできるところ。こちらのメニューではチンゲンサイが仕上げに入れているので、色合いも良いですね。煮卵にもスープの味をしみこませましょう。普通のゆで卵と思って食べたら、豚の旨味と塩味がしみこんでいてびっくり!しっかり水気を切れば、お弁当にも良さそうですね。

4.梅風味でさっぱり

塩麹でつけ込んだ豚の塩角煮に梅の風味をプラス!あっさりとした塩角煮に、梅が上品に香ります。

こちらのレシピのポイントは、下ゆででおからを使っていることです。おからをお湯に加えることで、お湯の温度を高く保てるんだとか。さらに、ばら肉から出る余分な脂を吸うのもうれしいところ。塩角煮以外の煮込み料理にも、おからをつかった下ゆではおすすめです。

丁寧に下ゆででした角煮は、塩と梅の風味をより感じられそうですね。お好みで梅肉を添えていただきましょう。

塩角煮の楽しみ方

特別な日のメニューに

こちらの方は、旦那さんのお誕生日に塩角煮を作っています。厚切りのバラ肉をつかったがっつりメニューは男性に喜ばれますね!ビールなど、お酒のおつまみにもぴったり。塩での味付けは飽きにくく、たっぷり食べられるのもうれしいところ。

山椒でぴりっと大人味に

こちらの方は山椒を振って、大人味にしあげています。シンプルな塩味の角煮なので、山椒の香りがよく合いそうですね。ごはんはもちろん、お酒との相性もばつぐん!これからの季節、ビールのおともにピッタリです。

おわりに

塩角煮はおかずにはもちろん、おつまみにもぴったりです。ばら肉を使っても、カレー用の角切り肉を使ってもおいしくできますよ。暑さで食欲が落ちがちなこれからの季節、あっさりテイストの塩角煮に挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

立川 ランチ 穴場 和食 洋食 まとめ

立川といえば、JR・3路線と、多摩モノレールが乗り入れている多摩地区の主要都市です。そんな立川で人気の安くておいしいランチが食べられるお店をご紹介!個室ありのおすすめのお店や、子連れOKのお店など。立川でラン…

ブロッコリー レシピ マヨネーズ にんにく まとめ

ブロッコリーは茹でて食べることが多いですが、ブロッコリーの炒めものもなかなかおいしいんです。ここでは、サラダでおわってしまういつものブロッコリーを、にんにくやオイスターソースを使ってメインのおかずに大変身させ…

カクテル レシピ

ギムレットというカクテルをご存知でしょうか?ジンをベースにした飲みやすいカクテルです。カクテルのネーミングには、意味や由来があります。今回は本格カクテルであるギムレットのレシピ、意味、特徴についてご紹介します。

レシピ まとめ

お味噌汁に和え物、サラダなど、食卓に登場することも多いわかめレシピ。今回は生わかめや乾燥わかめや、塩蔵わかめまで、身近なわかめをつかったおすすめレシピをご紹介します。簡単にできるものからボリュームのあるものま…

きのこ まとめ

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこ。旨み成分たっぷりで、噛むほどにおいしい♩今回はダイエット中の方、肌荒れが気になる方におすすめの「きのこのご飯」を紹介します。お気に入りのレシピが見つかったら、ぜひ作ってみて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ ふきのとう

ふきのとうは春の食材ですが、雪が残っていても芽を出すたくましい植物でもあるそうです。「ふきのとうが出ていないか?」を見て周るのが山菜をとる方々の常だそうですよ。

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

ドーナツ レシピ まとめ

油で揚げない分カロリーが低いので人気を集めている「焼きドーナツ」コンビニなどでも最近は売られていますが、おうちで作っている方も多いようです。ヘルシーでダイエット中にも最適な焼きドーナツのレシピをご紹介しますね。

お弁当 サンドイッチ レシピ まとめ

可愛らしく形を抜いたサンドイッチは見てるだけで幸せな、楽しい気分になりますね。お弁当に入れてもよし、パーティーで皆が集まったときに出す一品としても、喜ばれること請け合いです^^おすすめのレシピをご紹介しますね♪

中華 レシピ 中華料理 まとめ

中華料理の前菜でおなじみの中華クラゲ。今回は人気レシピ8選をご紹介します。コリコリした歯ごたえが魅力の中華くらげは、とってもヘルシー♩きゅうりと和えるのが定番ですが、その他にもアレンジがたくさんあります!ぜひ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

2017年6月12日(月)サッポロ一番とJA全農のコラボシリーズの最新作が発売されました!各地の名産品が主役になったカップ麺なんです。今回は岩手県産「みちのく清流若どり」入りの塩味と、熊本県産「でこなす」入り…

レシピ

気づくとしなしなになってしまうキュウリ、キュウリは冷凍保存で長持ちさせられます。キュウリの上手な冷凍方法と保存期間についてご紹介。ちょっと多めに買った場合も、冷凍庫に入れてしまえば最後までおいしく食べられます…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る