ローディング中

Loading...

「冷えのぼせ」という重度の冷え性を、ぜひ食べ物で改善しませんか?冷えのぼせは、ほてり、頭痛、めまい、生理不順など、さまざま不調の原因になります。今回は、冷えのぼせの原因から効果的な食べ物まで、詳しくご紹介しましょう。

冷えのぼせとは?

季節を問わず、手足が冷たくてつらいという人、たくさんいらっしゃると思います。手先や足先がジンジンとしびれたり、足先がしもやけのようになったり。一般的に「冷え性」と呼ばれる症状で、女性に多く見られます。

では、下半身は冷えているのに、上半身はのぼせている、という人はいますか?たとえば足先は冷たいのに、顔がほてって仕方ない、とか。頭痛がよく起こる、頭がボーッとするとか。

こうした症状のことを「冷えのぼせ」といいます。体が冷えているのか熱くなっているのかわかりづらいのですが、一般的な冷え性よりもさらに重度の冷え性といわれています。よく自分の体と向き合ってみると、じつは冷えのぼせかもしれないという人、少なくないはずです。

今回は、症状が起こる原因や改善する食べ物を中心に、冷えのぼせについて詳しくまとめてみました。

冷えのぼせの原因

たとえば暑い夏の時期、室内は冷房で涼しいのに、外に出ると強い暑さを感じます。冬の時期も同様で、室内は暖房で暖かいのに、室外はとても寒い。こうした温度差によって体が対応できなくなると、自律神経が乱れて、血液の流れが悪くなります。これが一般的な冷え性の原因です

冷え性の人の場合、手足の末端が冷えますよね。体は本能的に頭部の温度を維持しようとするため、まず、手足を冷やしてでも頭部を守ろうとするんです。こうした状態が慢性化すると、頭部(上半身)と手足(下半身)の温度差が大きくなり、冷えのぼせが発生してしまうんです。

冷えのぼせになると、上に述べたような症状だけでなく、生理痛や生理不順など婦人科系の不調だけでなく、めまい、偏頭痛など「不定愁訴」と呼ばれる症状も引き起こしかねません。もし、とくに原因もなく、そうした症状に日々悩まされているとしたら、冷えのぼせを疑ってみてもよいでしょう。

冷えのぼせを改善するためには、自律神経を整えて血流をスムーズにすること、血流を直接的に促進すること、この二つが大切です。以下に、効果的な食べ物をご紹介するので、ぜひ積極的に摂るようにしてください。

冷えのぼせを改善する食べ物

自律神経を整えるためには、ビタミンB群、亜鉛、トリプトファンの三つの成分を多く含む食べ物を摂るようにしてください。また、血流を促すためには、βカロチン、DHA、クエン酸を含む食べ物がおすすめです。それぞれの成分の効果と、多く含む食べ物をまとめます。

ビタミンB群

ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きがあるので、自律神経を整えるのに役立ちます。多く含む食品は、レバー、豚肉、うなぎ、サバ、イワシなどです。

亜鉛

亜鉛は脳の神経伝達物質を作る成分です。豆類、貝類、牛肉、チーズに多く含まれています。

トリプトファン

トリプトファンは、神経伝達物質のなかでも特に自律神経に関わるとされるセロトニンの合成に欠かせません。大豆や大豆加工品、ごま、バナナ、ピーナッツ、アボカド、牛乳、たまごなどに豊富に含まれています。

βカロチン

βカロチンは血液をきれいにし、血管をしなやかにして、血流の循環を整えます。モロヘイヤ、にんじん、パセリ、あんずなどに豊富。基本的に、緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

DHA・EPA

DHAとEPAは血中のコレステロールを下げる働きがあり、薬の成分にも使われています。サケ、イワシ、マグロなど魚類に特に多く含まれており、最近流行りの亜麻仁油にも豊富です。

クエン酸

クエン酸も血行をよくしてくれる代表的な成分です。レモンやグレープフルーツなど柑橘類やイチゴに豊富で、お酢や梅干しにもたっぷり。フルーツならば手軽に食べられるので、ぜひおすすめします。

摂りすぎ注意の食べ物

逆に、自律神経を乱す食べ物、血流を悪くする食べ物の摂りすぎは避けましょう。前者の場合、甘いもの、インスタント食品、カフェイン、アルコール。後者の場合、血中のコレステロールや中性脂肪を増やす動物性脂質です。上で述べたように、牛肉や牛乳、チーズなどは、適度に摂るぶんには体に有益な食べ物ですが、摂りすぎると脂質過多になるので注意してください。
「自律神経」と「血流」、この二つを食べ物で整えることで、冷えのぼせの改善に役立つはずです。ぜひ上に挙げた食べ物を積極的に摂るようにしてくださいね。

冷えのぼせに効く漢方とストレッチ

冷えのぼせは日々の食べ物だけでなく、漢方やストレッチでも改善することが可能です。漢方の場合は基本的に食べ物と同じ仕組みで、血行をよくするものが中心になります。

たとえば、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は、のぼせと足の冷えに用いられる代表的な漢方。加味逍遙散(カミショウヨウサン)は不定愁訴の多い冷えのぼせに使われます。漢方薬局でぜひ相談してみてくださいね。

ストレッチでなぜ冷えのぼせがよくなるかというと、筋肉(特にお尻の筋肉)が硬くなるからです。

お尻の筋肉を和らげるストレッチには、テニスボールを使う方法がおすすめ。やり方は簡単で、①あおむけになって膝を立てる、②お尻を触ったときに痛み(コリ)を感じたら、その部分にテニスボールを置く、③テニスボールでグリグリとコリをほぐす

以上です。これだけでもお尻の筋肉が柔らかくなります。
冷えのぼせは慢性的な冷え性から来ますから、まだ実感していない人でも、いつかやってくるかもしれない症状。予防の意味でも、今回ご紹介した食べ物をきちんと摂るようにして、体の血流をよくしてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

多くの方が毎日する家事といえばお料理。今回はロフトで販売されている、お料理の時間をもっと楽しくするためのキッチンアイテムをご紹介します。どれも便利でかわいいものばかりなので、今すぐ使いたくなってしまうこと間違…

離乳食 まとめ

小ぶりなサイズがキュートなミルクパン。ドリンクを温めたり、茹で卵を作ったり、使い勝手が良いと人気を集めています。ひとり暮らしにはちょうどいい大きさで、離乳食も作れる優れもの!おすすめミルクパンや選ぶポイント、…

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

お弁当 おしゃれ ランチ まとめ

お弁当を入れるための保冷バッグ、みなさんはどんなものを使っていますか?せっかくかわいいお弁当を手作りしたなら、持ち歩くバッグだっておしゃれがいい!使い勝手のいいものから人気のデザインまで、ピクニックがもっと楽…

シチュー カレー まとめ

筋が多くてかたいといわれる牛スネ肉。けれども、牛スネ肉は煮込むと柔らかくなり、うま味成分もたっぷり出ます。だしを取るには最高といわれている牛スネ肉の煮込みやスープをはじめ、シチューやカレーもおいしく作れるレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

手ごろな価格で人気の3COINS(スリーコインズ)。今回はその3COINSで販売されている「猫シリーズ」から特に人気のテーブルウェアをご紹介します。ひとつ300円のアイテムが中心なのでシリーズを買いそろえるこ…

レシピ スープ

最近評判になっているのは、ミンチだねをキャベツではなくレタスで巻いた「ロールレタス」。キャベツのように芯をとる手間がないことと、しゃきしゃき食感が人気の秘訣なんです。今回は、そんな「ロールレタス」のレシピをご…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。