ローディング中

Loading...

脂肪燃焼スープというダイエット法をご存じですか?2種類のやり方があり、どちらの方法でも減量効果ばつぐん!特に1週間プログラムをおこなえば、5〜8キロの減量効果を期待できるとか。今回は、脂肪燃焼スープの効果、やり方についてまとめました。

脂肪燃焼スープダイエットとは?

「脂肪燃焼スープ」とは一体なんでしょう?あまりにも単刀直入な名前で、どんな具材が入っているんだろう……と少々不安に思う人もいるかもしれません。
でも、じつは6種類の野菜をコンソメや鶏がらスープの素などで煮込んだ、トマトベースのスープなんです。あえていえば、材料に肉類が入っていないので、一般的なスープよりもだいぶあっさり味になっています。

6種類の野菜それぞれに、ダイエット効果が期待できて、飲めば飲むほどやせる!と減量に成功した人も少なくないんですよ。

下で述べるように、脂肪燃焼スープには1週間のプログラムがあって、それに忠実に従った食生活を送ると、1週間で多ければ5〜8キロほどやせることも可能です。プラグラムを行うことが難しくて、これまでの食事にスープを加えるという方法を取っている人もいるようです。脂肪燃焼スープ自体にやせる作用があるので、効果的な方法といえるでしょう。

脂肪燃焼スープのすごいダイエット効果で、ぜひ楽やせしてみませんか?

脂肪燃焼スープの効果

脂肪燃焼スープは上で述べたように、6種類の野菜を煮込んで作るスープです。各野菜に異なるダイエット作用があって、それらが一緒になることでスムーズな減量を促してくれるんです。以下に、6種類の野菜の効果を詳しくご紹介します。

トマト

トマトの赤い色素「リコピン」は、高い抗酸化作用で知られています。血管を強くしたり、血行をよくしてくれるので、代謝アップを促進。脂肪を燃やす体質作りに役立ちます。

玉ねぎ

玉ねぎの辛味成分「硫化アリル」は、デトックス作用にすぐれています。体に溜まった毒素を排出してくれるので、体が軽くなるのを実感できるはずです。

セロリ

ミネラルをたっぷりと含む野菜です。特にダイエットの点から見た場合、カリウムに注目。カリウムは体内の余計な塩分・水分を排出してくれるので、むくみ太りの予防・改善に活躍してくれます。

ピーマン

少し意外かもしれませんが、ピーマンは唐辛子で有名なカプサイシンを含んでいます。カプサイシンはご存じのとおり、脂肪を燃やす作用があるといわれているので、脂肪燃焼スープに欠かせない材料なんです。

キャベツ

キャベツは火を通すと、活性酸素を除去する作用がなんと5倍になるといわれています。トマトのなかでも触れたとおり、抗酸化作用はダイエットをサポートしてくれます。

にんじん

体を温める作用が強い野菜で、冷え性の人におすすめ。冷え性は内臓の機能を低下させたり、代謝が落ちたり、ダイエットの大敵。にんじんで冷え性を改善すれば、減量の後押しになるでしょう。
以上のように、脂肪燃焼スープの材料となる6つの野菜は、どれもダイエット向き。それらが集結することで、やせ効果ばつぐんのスープになるんです。

脂肪燃焼スープの作り方&やり方

作り方

【材料】
●玉ねぎ(大)…3個
●ピーマン…1個 
●セロリ(太めのもの)…一本 
●キャベツ(大)…半玉
●ホールトマト…1缶
●水…2〜3ℓ
※ダシ(お好みで)
・かつお節
・鶏がらスープの素
・こんぶ
・コンソメ

【作り方】
①野菜を水洗いしたら、一口大にカットする
②鍋に①と水を入れ、20分程度、煮込む
③野菜が柔らかくなってきたら、鶏がらスープの素を入れる
④塩コショウで味付けしたら完成
※なお、しょうがやにんにく、唐辛子などで味を調えてもかまいません。

やり方

脂肪燃焼スープは以下で詳しく触れているとおり、1週間のプログラムがあります。とはいえ、仕事や家庭の都合もあり、忠実に実践できない人もいるはず。その場合、基本的に食事内容は変えず、脂肪燃焼スープを毎日飲むようにしましょう。スープのすぐれたダイエット効果と、スープの飲用で満腹感を得て食事量が自然と減り、減量に結びつくはずです

脂肪燃焼スープ「1週間プログラム」

1日目:脂肪燃焼スープ+バナナ以外の果物

脂肪燃焼スープと、バナナ以外の果物だけ食べる日です。摂取していい水分は、水か、甘味料の入ってないフルーツジュースだけにしましょう。

2日目:脂肪燃焼スープ+野菜

スープに他の野菜を入れてもよいですし、生のまま食べたり、煮て食べてもOKです(バターや油の使用はNG)。 夕食時のみ、ベイクドポテトを食べてもかまいません。

3日目:脂肪燃焼スープ+野菜+果物

脂肪燃焼スープ、果物、野菜を好きなだけ食べてかまいません。ただし、この日はベイクドポテトはNGです。

4日目:脂肪燃焼スープ+バナナ

バナナは3本まで食べてかまいません。スキムミルク500mlと、水を多めに飲むようにしましょう。

5日目:脂肪燃焼スープ+肉+トマト

350g~700g程度の赤身の牛肉か、鶏肉(皮は食べない)や煮魚を食べましょう。最大6個のトマトを食べ、脂肪燃焼スープは少なくとも一杯以上、飲んでください。また、6~8杯の水も飲むようにしましょう。

6日目:牛肉+野菜

牛肉、野菜ともに、好きなだけ食べてもかまいません。ステーキ2〜3枚もOKです。ただし、ベイクドポテトはNG。脂肪燃焼スープも最低一杯以上、飲みましょう。

7日目:玄米+野菜

玄米、野菜、甘味料ゼロのフルーツジュースを飲む日です。脂肪燃焼スープも最低一杯以上、飲むようにしてください。

7日間のルール

●お酒を飲まない
●甘味料は取らない
●清涼飲料水はNG
●飲み物は基本的に水、お茶、ブラックコーヒーのみ
●揚げ物、パン、小麦粉を原料にした食品は摂らない

このルールを守ることで、よりダイエット効果が高まります。

脂肪燃焼スープでリバウンドは?

脂肪燃焼スープの1週間プログラムを行うと、以下のようなデメリットが考えられます。もし、プログラム途中で体の不調を感じた場合、すぐに中止してください。

●タンパク質不足
1週間プログラム中、5日目と6日目以外にタンパク質を摂りません。タンパク質不足になるおそれがあるので、注意してください。

●糖質不足
果物の糖分(果糖)を摂取していますが、炭水化物を控えるぶん、ブドウ糖が足りなくなります。

●期間後のリバウンド
1週間プラグラムを終えて減量に成功しても、その後、通常の食生活に戻したらリバウンドしてしまう可能性もあります。日頃の食生活にも気を配るようにしましょう。
まずは脂肪燃焼スープを作り、日常的に飲むことから始めてみましょう。それだけでも着実にダイエットできるはず。もしご興味があれば、1週間プログラムも試してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

さつまいも レシピ まとめ

秋が旬の甘いさつまいも。美容と栄養満点のさつまいもをまるごと美味しくいただくには、なんと言ってもお味噌汁が一番! 定番から新しい組み合わせの簡単レシピ20品をご紹介します。ほっこり美味しいさつまいもの新しい組…

レシピ パスタ まとめ

旨みが詰まった「スモークサーモン」。そのままでももちろんおいしいですが、それだけではもったいない!今回は、サラダやマリネ、パスタなど、人気のレシピ21選をご紹介します。あなたの知らなかったスモークサーモンのポ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

キムチ レシピ

長野県の学校給食で一躍有名になった「キムタクごはん」。キムチとたくあんの最強コンビでお箸が止まりません。今回は、キムタクごはんの基本のレシピからアイデアレシピまで、たっぷりとご紹介します。あなたもご自宅で作っ…

ソーセージ お弁当

季節感のある、どんぐりの形をしたウインナー、見たことありますか?秋らしい色合いで、お弁当にいれるだけでおしゃれ感がアップします。どうやって作るのか、どんなバリエがあるのか、ここでまとめてご紹介しますね。話題の…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る