ローディング中

Loading...

「パプリカの肉詰め」のレシピにマンネリしていませんか?食感に変化を出したい、味にもうひとひねり欲しい、いろんなバリエーションが知りたいという人は、この記事で一気に10通りのパプリカの肉詰めレシピを覚えちゃいましょう。

1. フタ付きのパプリカの肉詰め

丸みのあるパプリカを選んで、タネを詰める容器部分と、ふたになる部分を作ります。タネを詰めたらラップで包んでレンジでチンするだけです。「ふたを開けたら、お肉が入ってました」という盛り付け方で演出するとおもしろいですね。

また、ミニパプリカを使えば、カラフルでころころした、かわいらしいパプリカの肉詰めができますよ。

2. 黒オリーブのパプリカの肉詰め

みじん切りにしたズッキーニや玉ねぎ、挽き肉を使ってタネを作り、輪切りにしたパプリカに詰めて焼いていきます。うすく切った黒オリーブとロマネスクをトッピングし、見た目を洋風にアレンジしてみましょう。お肉の味だけではなく、黒オリーブの酸味がアクセントになっておいしいですよ。

3. キャベツもパプリカの肉詰めに

パプリカの中にタネをたくさん入れられるように、キャベツはみじん切りにして挽き肉や味噌などと混ぜ合わせてください。フライパンで焼いたら、最後はチーズをのせてオーブンで加熱します。キャベツが余ってしまったら、パプリカの肉詰めのタネとして使うのもありですよ。タネの噌味とチーズの相性もいいので、おつまみにも最適です。

4. ピリッと辛いパプリカの肉詰め

辛いものが好きな人におすすめのレシピです。コチュジャンと木綿豆腐、みじん切りにしたネギなどを使うことで、麻婆豆腐のような組み合わせのタネになります。タネに使うお豆腐は、しっかり水気を切るようにしましょう。パプリカにタネを詰めたらチーズとパセリをのせてオーブンで焼きます。辛いものが好きな人は、コチュジャンを多めに入れて作ってみてくださいね。

5. パプリカの肉詰め・甘酢あんかけ

肉詰めしたパプリカをバーミキュラを使って蒸していきます。弱火で15分ほど蒸すので、その間は甘酢を作って、時間を有効活用しましょう。焦げ目が付いていないパプリカと甘酢のツヤツヤ感が食欲をそそりますね。焼いた時とはちがう食感が楽しめます。パプリカの肉詰めを和風に仕上げたいときは、こちらのレシピがおすすめですよ。

6. Wチーズのパプリカの肉詰め

タネの中にもチーズを混ぜ、詰め終わった後にもチーズをのっけた、チーズづくしのレシピです。タネ用のチーズは、角切りにしやすいサイズものを使用すれば食べたときにトロっとしたチーズの濃厚さが際立ちますよ。チーズインハンバーグに少し似ていますね。上にのせるスライスチーズは、焼きあがったあとの余熱で溶かしましょう。チーズ好きな人にとっては、中も外もチーズづくしなのはうれしいですね。

7. 鶏ひき肉で作るパプリカの肉詰め

タネは、玉ねぎやパプリカなどをみじん切りにし、やわらかくなるよう加熱します。あら熱が取れたら、ヘルシーな鶏挽き肉と合わせましょう。輪切りにしたパプリカにタネを入れ、電子レンジで加熱していきますが、その際に出た肉汁をかけるとおいしさがアップするんだそう。つくねのようなパプリカの肉詰めに、タルタルソースと黒胡椒をつけてできあがりです。

8. パプリカのスパイシー肉詰め

中華の唐辛子のような辛さではなく、スパイスが効いた辛さが好きな人にはぴったりのレシピ。こちらは、パプリカの肉詰めを少しエスニック風に仕上げたものになります。タネには、ひき肉やターメリックといった調味料が入り、ソースは沸騰させたお水に、カレールー、牛乳、最後にガラムマサラを加えて完成です。インド料理に使われる調味料のガラムマサラは、スパイスの効いたものなのでおつまみに合いますよ。

盛り付けのポイントは、段々に重ねて立体的に見せるようにすることです。上からソースをかけたあとに、またガラムマサラをさっと加えるのがおすすめ。

9. パプリカのドルマ風肉詰め

こちらのレシピは、トルコ料理の「ドルマ」をベースにしたものです。そのため、お肉の他には、お米や粉チーズが入っています。大きめのパプリカを使えば、おかずとしてではなく、主食としても活用できるかもしれませんね。お好みでズッキーニなど、いろいろな食材をタネの中にプラスしてもよさそうです。トルコ料理の定番「ドルマ」風に仕上げて、パプリカの肉詰めに異国情緒をプラスしたひと品です。

10. モッツァレラチーズとパプリカの肉詰め

モッツァレラチーズを贅沢に使ったこちらのレシピでは、丸々としたモッツァレラチーズを、パプリカの肉詰めの上に乗せてオーブンで加熱します。スライスチーズにはない豪快な溶け方で食欲をそそりますね。同じプレートにサラダなどをプラスするのであれば、ボリューミーな感じで盛り付けてあげると、よりおいしさを演出することができます。
以上、「パプリカの肉詰め」レシピでした。タネに入れる具材を工夫したり、ソースやタレに一手間かけて、ワンランク上の仕上がりを楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ワイン まとめ

イタリア料理のレシピに登場することも多いバルサミコ酢ですが、ただのお酢で代用はできないのでしょうか?作ってみたいお料理にバルサミコ酢が必要だったら、みなさんのお家には常備されていますか?万が一なくてもバルサミ…

和菓子 まとめ

日本の蒸し菓子の「ういろう」は、甘さ控えめでもちもち。名古屋の銘菓として有名ですが、発祥は諸説あり歴史を感じさせます。今回は、ういろうの簡単な作り方を紹介します。混ぜるだけやレンジでできるレシピ、材料の代用も…

餃子 レシピ

皮を使わずに作る「新じゃがハサミ餃子」のレシピをご紹介します。なんと、タネを皮で包まずにスライスしたじゃがいもではさむだけなんですよ!丁寧に包む手間が省けて楽チン。ホクホク食感のじゃがいもと、ジューシーなタネ…

レシピ 唐揚げ まとめ

菊芋って、あまり聞きなれないですよね。まだまだ珍しい食材ですが、菊芋とはどんな野菜なのか、どんな食べ方ができるのかをご紹介。加熱して柔らかくするのもよし、生のままサラダにするのもよし!今回は菊芋を使った人気の…

唐揚げ レシピ

唐揚げの衣は小麦粉と片栗粉、どちらを使ったらよいのでしょう?小麦粉、片栗粉、どの粉を使うかで唐揚げの食感は全然違います。カリカリにするかサクサクにするか、お好みの唐揚げが作れる粉の使い方テクニックをまとめまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

レシピ まとめ

2月3日の節分に食べるものと言えば恵方巻き。ひとえに「恵方巻き」と言っても皆さん自由に好みに合わせて様々なものを楽しんでいるみたいです。!今回は恵方巻きのアレンジレシピを紹介します。是非参考にしてみて下さい♪

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

六本木 和食 おしゃれ ミシュラン

六本木に2015年8月20日にオープンの「紺碧の海(こんぺきのうみ)」は、ミシュランの星付き老舗ホテルのプロデュースする『くずし会席』のお料理を提供するお店なんです♪今回、一足先にそんな絶品料理を堪能してきま…

ヨーグルト まとめ

ヨーロッパで人気のアイスランド産ヨーグルト「スキール」(Skyr)。まったり濃厚なのにカロリーも少なく、アイスランドでは国民食と言われるほどよく食べられているんだそうですよ。残念ながらまだ日本では買えないよう…

tsuno

食べることが大好きな20代です。自分で美味しいものが作れるように、...