ローディング中

Loading...

どんな調理法でもおいしく食べられる野菜と言えばさつまいも。さつまいもは、おいしさだけでなく、繊維やビタミンC、カリウムも多く含み、美容と健康の強い味方でもあります。朝ごはんにも向いていますよ。さっそくレシピをご紹介しましょう。

1. さつまいもワッフル

ワッフル用の焼き型を温めておきます。
ボウルに小麦粉、砂糖、コーンスターチ、ベーキングパウダー、重曹、塩を入れ混ぜます。お好みでパンプキンパイスパイスを入れます。
別のボウルにさつまいものピューレ、牛乳、ギリシャヨーグルト、ココナッツオイル、卵、バニラを入れ混ぜ、粉類と合わせ、ゴムベラで混ぜます。

ワッフルの型にうすく油をぬり、生地を型に入れて焼きます。メープルシロップをかけて食べましょう。

2. ブレックファーストスイートポテト

さつまいもをフォークで数か所刺し、濡れたペーパータオルで包み、電子レンジで柔らかくなるまで5分程度加熱します。途中で一度裏返します。

ベーコンをカリッとするまで炒め、小さく切ります。
スクランブルエッグを作り塩、胡椒をふります。
さつまいもを半分に切り、スプーンで半分程中身をくり抜きます。
卵とベーコン、チーズをくり抜いたところに入れ、チーズが溶けるまで電子レンジで30秒ほど加熱します。

3. さつまいものキッシュ

スプリングフォーム型の底と側面にパーチメント紙を敷き、油をぬります。
さつまいもを擦りおろし、ガーゼに包んで絞り、水分を除きます。
ボウルに卵、塩、黒胡椒、赤唐辛子フレークを入れ混ぜ、さつまいもを入れよく混ぜます。
さつまいものミックスを型の底と側面に敷き、225℃の温めたオーブンで30分焼きます。
オーブンから出し、10分冷まします。

オーブンを175℃にセットします。
フライパンにバターを入れ溶かし、ねぎ、塩、胡椒を入れ炒め、少し冷まします。
ボウルに卵、塩、胡椒、生クリームを入れ滑らかになるまで混ぜ、冷めたねぎとゴートチーズを入れます。

フィリングを型に入れ、ゴートチーズを上にふります。オーブンで30分焼き、20分冷まします。常温で食べましょう。

4. さつまいもと玉ねぎのハッシュブラウン

スキレットにバターを入れ中火にかけ溶かします。
玉ねぎと塩を入れ、弱火で柔らかく濃い茶色になるまで炒めます。
ボウルに賽の目に切ったさつまいも、オリーブオイル、塩、パプリカ、黒胡椒、刻んだローズマリーを入れ混ぜます。炒めた玉ねぎも入れます。

天板にパーチメント紙を敷き、さつまいものミックスを重ならないように入れ、230℃に温めたオーブンで30〜40分焼きます。途中、数回混ぜます。お皿に入れ、目玉焼きをのせ、塩、胡椒します。

※ 作り置きの場合は、さつまいものミックスをオーブンで焼き、冷ましてからジップロックバックに入れ、冷蔵庫で保存します。食べる前にスキレットか耐熱容器に入れ、卵を割り落とします。塩、胡椒し、オーブンで10〜20分焼きます。

5. さつまいものビスケット

さつまいもをオーブンか電子レンジで柔らかくなるまで調理し、マッシュポテト状に完全に潰します。1カップ分取り分けます。
冷たいバターを小さな賽の目状に切り、フリーザーに入れておきます。さつまいものマッシュも同様にフリーザーに入れます。

ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖、タイム、ローズマリーを入れ混ぜます。
冷たいバターを粉類のボウルに入れ、フォークか手で手早く混ぜ、さつまいもを加え、生地状にまとめます。

牛乳をスプーンで少しずつ加え生地をまとめます。生地を数回捏ね、平らな丸い形にし、カッターかグラスで生地を抜き、天板に並べ、溶かしバターをぬり、210℃のオーブンで15〜17分焼きます。

このレシピのポイントは、バターが冷たいうちに手早く生地にまとめることです。

6. さつまいものスムージー

熟したバナナ、ローストした調理済みのさつまいも、メープルシロップ、牛乳、バニラエッセンス、シナモン、氷をブレンダーで滑らかになるまで回します。
さつまいもはピューレを使っても大丈夫です。

7. さつまいものパレオパンケーキ

柔らかく調理して潰したさつまいも、卵、ココナッツフラワー、シナモン、重曹、バニラエッセンスを合わせて生地にします。スキレットにココナッツオイルを入れ中火にかけ、生地を両面焼きます。お好みのシロップをかけて食べましょう。

8. さつまいものラテ

柔らかく調理したさつまいもと牛乳をブレンダーに入れ滑らかになるまで回し、鍋に移し、砂糖を入れます。弱火にかけ、混ぜながら数分温めます。
マグカップに入れ、泡立てた牛乳とスライスしたナッツをお好みでトッピングし、シナモンをふります。

9. さつまいもと黒豆のハッシュ

フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかけ、さつまいも、たまねぎ、赤ピーマン、塩、胡椒、パプリカ、クミンを入れ混ぜます。10分調理し、ほうれん草を入れ5分炒めます。缶詰の調理済みの黒豆を入れ、よく混ぜます。目玉焼きとアボカドをのせてどうぞ!

おわりに

ワッフル、パンケーキ、スコーンは冷凍保存できます。ハッシュブラウンやキッシュは前日から作って冷蔵庫に入れておけば、朝に温めるだけで食べられるので、便利ですよ。
朝から繊維たっぷりのさつまいもを食べ、一日のパワー源にしましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アボカド サラダ レシピ まとめ

アボカドはサラダに加えるだけで、ボリューム&美しさが増しますね。そして何よりレシピが多彩!今回は、アボカドにトマトや豆腐、わさびなどを合わせた人気サラダレシピをご紹介します。おすすめドレッシングも取り上げます…

コーヒー グラノーラ

「ボス ラテベース」に新味『ボス ラテベース スイートメープル』が登場。牛乳で割るだけで、お店のような贅沢な味わいのカフェラテが簡単に作れる濃縮タイプのコーヒーです。「フルグラ®」にかけて食べるのがオ…

フルーツ レシピ まとめ

甘酸っぱくてジューシーなプラム。どんな食べ方をすればいいのか、意外とご存じない方も多いのではないでしょうか?皮まで食べても大丈夫?種の取り方は?今回は、生でもおいしいプラムの食べ方を詳しくご紹介します。

レシピ まとめ

ふんわりとした卵とほんのりカニ風味。子どもから大人まで人気の「かに玉」は、食卓に出てくるとうれしいメニューですよね。おいしさのコツは、ふんわり卵の火加減と、とろ~りあんかけ! 今回は、甘酢でも和風でもよく合う…

和食 まとめ

風邪をひいたときや、あまり食欲がないときに活躍してくれる「雑炊」。定番メニューとして「卵雑炊」が挙げられますが、じつはほかにもさまざまな素材を使って作れるんですよ。今回は、雑炊の人気レシピをたっぷりとご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

お菓子 ケーキ

ブッシュ ド ノエルはフランス語で「クリスマスの薪」。パリで作られるようになったそうですが今では日本でも定番のクリスマスケーキですね! チョコレートクリームにドライフルーツを散りばめて、ふんわり生地で包んだ可…

スイーツ マカロン クロワッサン

「パティスリー界のピカソ」とも言われるスイーツ界の巨匠のお店、「ピエール・エルメ・パリ青山」が12月17日に待望のリニューアルオープン。代名詞のマカロンはもちろん、焼き立てクロワッサンが食べられるほか、自由に…