ローディング中

Loading...

「飲むアロマ」といわれるフラワーエッセンスをご存じですか?それは、英・キャサリン妃が結婚式前日に使っていたなんて話もあるイギリス発祥の自然療法。今回は、特に心のバランスが崩れているとき効果的だというこの療法について詳しく解説します。

フラワーエッセンスとは

花の香りに包まれていると、心がおだやかになりますよね。植物には癒しの力があるそうで、オーストラリアのアボリジニは、心身の不調を感じたときに森へ入り、花に手をかざしてメッセージに耳を傾けたといいます。

フラワーエッセンスは、そんな花の波動を転写した水のこと。バッチフラワーレメディという自然療法において用いられます。聞き覚えがない方が多いと思いますが、世界60ヶ国以上で親しまれている、特にヨーロッパではよく知られた療法なんですよ。

アロマテラピーとの違いは?

「飲むアロマ」なんて呼ばれているのでアロマテラピーと混同してしまう方がいるかもしれませんが、フラワーエッセンスは精油やアロマオイルではありません。香りは特になく、製法も違います。

その歴史は古く、有史以前から用いられてきたなんて説も。体系づけられたのは1930年代で、イギリスの著名な細菌学者であるエドワード・バッチ博士が開発した人体に無害なフラワーエッセンスが今も使われています。

つくり方は2つあり、ひとつは太陽法で、もうひとつは煮沸法。

太陽法では、花がもっとも美しく咲いているよく晴れた日に、清流でくんだ水をガラスのボウルに入れて太陽に当て、花の波動を転写します。煮沸法では、鍋に花や葉がついた小枝を入れ、完全にひたるまでミネラルウィーターを注いで煮出すんだそうです。

フラワーエッセンスの効果

フラワーエッセンスは医薬品のように体の病に効くものではありません。花がもつエネルギーを使って心のバランスを整えることで、心身を健康的状態へと導くものなんだとか。

たとえば不安で落ち着かないときやストレスでイライラしているときにフラワーエッセンスを飲むと、ポジティブな考え方ができたり、明るい気持ちを取り戻せたり、気づきを得られたりするそうです。

フラワーエッセンスの特長

フラワーエッセンスには水と保存料以外の成分は入っていないので、誰でも安心して使うことができます。赤ちゃんだって大丈夫だし、妊婦さんでも問題ありません。

また、依存性もありませんし、体調がすぐれないときだって安全。相性の悪い薬などもなく、いつでもどこでも好きなだけ飲んでOKです。

それでいて、海外では病院や救急医療にも役立てられています。保険対象として災害時にフラワーエッセンスの専門家を派遣する国もあるんですよ。

フラワーエッセンスの使い方

フラワーエッセンスの飲み方は、大きくわけて2種類。

ひとつはコップにフラワーエッセンスをたらして飲む方法です。こちらは1日2回、起き抜けと寝る前だけでいいそうです。コップ半分の水に6滴たらして飲むようにしてください。

もうひとつはスポイトを使って直接舌下にたらす方法。舌下とは、下の裏と下顎の間のこと。1回1滴で1日に6回、朝起きたときと寝る前、その他に4回飲むといいそうです。

その他の使い方

スプレーに入れてふきかけてもいいし、体に直接つけるのもおすすめ。ジェルやオイル、クリームに混ぜてマッサージしましょう。

また、浴槽に数滴たらして入浴中に花のエネルギーをチャージすれば、いつもより素敵なバスタイムを過ごせるはず。

フラワーエッセンスの種類

バッチフラワーレメディで用いられるフラワーエッセンス全38種類をご紹介します。以下、左が名前、右は飲んだあとに期待できる状態です。

1. アグリモニー / 心を開いて本音を出せる
2. アスペン / 原因と向き合う
3. ピーチ / 人にやさしくできる
4. セントーリー / 自分をアピールできる
5. セラトー / 自信をもって行動できる
6. チェリープラム / 自分をコントロールできる
7. チェストナット / 失敗から学べる
8. チコリー / 無条件で人を愛せる
9. クレマチス / 地に足が着く
10. クラブアップル / ありのままの自分を認める
11. エルム / 自分ならやれると思える
12. ゲンチアナ / ポジティブになる
13. ゴース / 自分を信じて対処できる
14. ヘザー / 人の気持ちを理解できる
15. ホリー / 人の成功を素直に喜ぶ
16. ハニーサックル / 過去にとらわれず今と向き合える
17. ホーンビーム / やる気になる
18. インパチェンス / 忍耐強くなる
19. ラーチ / 苦手意識を克服できる
20. ミムラス / 勇気が湧いてくる
21. マスタード / 明るい気持ちになる
22. オーク / 肩の力が抜ける
23. オリーブ / 元気が出る
24. パイン / 自分を認めてあげられる
25. レッドチェストナット / 安心する
26. ロックローズ / 平静を保てる
27. ロックウォーター / 心の柔軟性が増す
28. スクレランサス / 決断できる
29. スターオブベツレヘム / 心の傷から解き放たれる
30. スイートチェストナット / 絶望から解放される
31. バーベイン / リラックスして広い視野をもてる
32. バイン / 気配りできるようになる
33. ウォールナット / 切り替えが早くなる
34. ウォーターバイオレット / 気楽に人付き合いできる
35. ホワイトチェストナット / 葛藤から解き放たれる
36. ワイルドオート / 方向性が見える
37. ワイルドローズ / 情熱を取り戻せる
38. ウィロー / 人に感謝する

おわりに

ネガティブな気持ちになってしまうことは誰にでもありますが、そんなときはぜひ、自分の状態に合ったフラワーエッセンスを試してみてください。書籍もたくさん出ているので、はじめる前に1冊読んでおくと、より有効に使えはず。

ちなみに、効果の表れ方には個人差があるらしく、すぐに変化を実感できる人がいる一方で、かなり時間が経ってようやく少し変わってきたと感じる人もいるとのこと。

飲んでいる本人よりも周囲の人がその変化に気づくことが多いようなので、しばらく試してからお友達や家族に自分が変わったかどうか訊ねてみてもいいかもしれませんね。
http://macaro-ni.jp/29252

出典:www.amazon.co.jp

バッチ フラワー BOOK 〜38種 花のエッセンスが心をいやす〜

¥1836

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルト

健康や美容にいい飲むヨーグルト、その手軽さに惹かれて冷蔵庫に常備している方も多いはず。その手軽さからついたくさん飲んでしまいがちなので、もしかしたら太るかも。普通のヨーグルトとの違いや効果にも注目して、その原…

パン

ミニストップから、健康応援商品「糖質コントロールパン」が登場します。毎日の食事を通して、手軽においしく健康的に過ごせるよう製造されたこれらの商品。どれも糖質を抑えられているのにとてもおいしいので、健康志向の方…

フルーツ

ちまたでよく耳にする「酵素」。いったいどういうものなのかご存知ですか?この酵素は人間が生活していく上でとても欠かせないものなんですよ。今回は、この酵素の効果について説明すると共に、酵素を含む食べ物、おすすめの…

レシピ

秋になると食べたくなる柿。実は、ミカンよりもビタミンCが豊富だとご存知でしたか?二日酔いを予防したり、便秘改善による美肌に期待が持てたりと、すぐれた食材なんですよ。そんな柿のインナービューティーパワーと簡単お…

2016年12月1日に発売予定の「バーミキュラ ライスポット」がとても話題になっています。公式オンラインストアではすでに予約殺到中!今回、その注目商品でおこげと煮込み料理を作ってみました。簡単スマート操作で、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ おやつ 大根

おやつにもおつまみにもなる大根もちレシピのご紹介。でも、ただの大根もちではありません。天かす入りでサクサク食感までプラスした「たぬき大根もち」のレシピです。もっちもちとサックサク。人気の二大食感のダブルパンチ…

餃子 レシピ

パリパリ生地に肉汁たっぷりのあんを包んだ餃子。アレンジはご家庭によってさまざま、子供から大人まで大人気のメニューですね。今回は、いつもの餃子の皮ではなく油揚げを使う「きつね餃子」の作り方をご紹介。ダイエッター…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...