ローディング中

Loading...

高カロリーなお酒のおつまみも上手に使えば、ダイエット食材に早変わり。その名も「ピーナッツダイエット」が最近、人気を集めています。ピーナッツダイエットの効果、正しいやり方を知って、ぜひ減量に役立ててみませんか?

ピーナッツはダイエット食材!

ピーナッツといえば、高カロリーなお酒やお茶のおつまみ、というイメージがあります。実際、カロリーを調べてみると、100gあたり585カロリー。同じ量のチョコクッキーが511カロリーですから、いかにピーナッツが高カロリー食材か、おわかりいただけると思います。

とはいえ、じつは食べ方さえ気をつければ、ピーナッツはダイエット食材に早変わりするんです。ピーナッツに含まれる多彩な栄養、性質を知れば、その理由も理解してもらえるはず。ピーナッツダイエットの効果と正しいやり方について、まとめてみました。

ピーナッツの多彩な栄養

ピーナッツは多くの脂質を含んでいますが、そのほとんどがオレイン酸・リノール酸という不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は太りにくい脂質として知られており、カロリーだけを見ればダイエットに不向きに思えますが、実際には「太りにくく健康効果の高い脂質」を含む食材なんです。

また、ピーナッツはGI値という数値が低い食品なので、食後血糖値を急上昇させる心配がありません。低GI食品はダイエット中にぜひ取り入れてほしいもの。GI値とダイエットの関係については、以下の記事に詳しくまとまっています。
太りにくい上質の油を含み、その上、低GI食品という性質を持つピーナッツ。しかもピーナッツは各種ビタミンやミネラル、カリウム、アミノ酸、食物繊維など、多彩な栄養を含む食材としても有名で、そのどれもがダイエットに必要な効果を担っています。以下に、ピーナッツの代表的な栄養をまとめてみました。

ビタミンB群

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える際に欠かせない栄養で、疲労回復にも役立ちます。また、ビタミンB2は脂質、タンパク質、糖質を分解して、エネルギー代謝を促します。ナイアシン(ビタミンB3)もまた糖質の代謝に必要で、ビタミンB群の摂取はダイエットを強くサポートしてくれるんです。

ビタミンE

高い抗酸化作用で知られています。血液中の脂質の酸化を防いで、血液と血管の若々しさを保ちます。全身に血液が巡るので代謝の向上につながり、やせやすい体質に切り替わるんです。もちろん、血液が体の隅々まで流れるので、冷え性の改善にも役立つでしょう。

アミノ酸

筋肉や肌、骨、内臓の形成に不可欠の成分です。筋肉作りは代謝アップの近道なので、アミノ酸を食品から摂取することが大切。運動しながらダイエットしたい人にとって、ピーナッツはぜひおすすめしたい食材です。

カリウム

利尿作用のある成分として知られています。体内の余計な水分、老廃物、ナトリウムの排出を助けてくれるので、特にむくみ太りの改善を促進します。

食物繊維

ピーナッツは水溶性と不溶性、2種類の食物繊維を含んでいます。水溶性食物繊維は糖質の消化・吸収をゆるやかにしたり、脂質を吸着して体外に排出させるので、ダイエットにうってつけ。また、不溶性食物繊維は便のかさを増したり、腸のぜん動運動を刺激するので、便秘太りの人に摂ってもらいたい成分です。

ピーナッツダイエットの正しい方法

ここまでお読みいただければおわかりのように、ピーナッツはダイエットを後押しする優秀な食品です。でも、食べ過ぎてしまってはカロリー過多になるのも事実。どのようにおこなうと、ピーナッツダイエットを成功に導けるのでしょうか。

1日25〜30粒!

ピーナッツの大きさによって多少前後しますが、おおむね25〜30粒で100カロリー相当。この程度のカロリーであれば1日のカロリー摂取量に大きな影響もなく、ピーナッツの効能を上手く取り入れることができるでしょう。ただし、普段からカロリーの摂取料が多い人は、ピーナッツの量を減らすか、他の食事に少し気を配るようにしてください。

ピーナッツは朝か昼に食べよう!

カロリー消費が落ちる夜よりも、朝か昼、または間食したいときにピーナッツを食べるようにしましょう。ピーナッツは意外と満腹感を得やすいので、朝食中や昼食中に摂れば自然と食事全体の摂取量が減る、というメリットもあります。
1日25〜30粒食べるだけでダイエットにつながるなら、試してみない手はありません。減量だけでなく、広い意味で健康増進にも役立つので、ピーナッツはぜひおすすめしたい食材です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ナス サラダ まとめ

なすをサラダで食べたことがありますか?焼いたり揚げたりすることが多くても、なすのサラダは初めてという方も多いのではないでしょうか?今回は、生のなすをはじめ、焼きなすや揚げなすの人気サラダレシピを紹介します。ど…

まとめ

先日放送の『スクール革命』では、アイスマン福留さんセレクトのおすすめ商品が登場し、お茶の間を賑わせていました。そこで今回は番組に登場した選ばれしアイスたちにズームイン。話題の人気作からご当地系アイスまで、珠玉…

ラーメン まとめ

人気番組『マツコの知らない世界』で「担々麵の世界」が紹介されました。夏といえば、あのピリ辛な味わいが恋しくなる季節!今回は汁ありと汁なしのメリットから、番組で取り上げられたおすすめ7店舗の情報まで詳しくご紹介…

サラダ レシピ まとめ

焼肉屋さんで定番メニューといえばチョレギサラダ!肉料理の付け合わせにぴったり、野菜がたっぷり食べられるのが魅力ですね。ところでチョレギサラダってどういう意味?今回はチョレギサラダのドレッシングやさまざまな人気…

レシピ 豚肉 キムチ まとめ

市販のキムチと豚肉を炒めるだけで簡単に作れる「豚キムチ」。今回は、そんな豚キムチをワンランクアップさせる人気のレシピをご紹介します!定番の炒め物から、丼、チャーハンまで、バリエーション豊かに豚キムチを楽しみま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

スープ レシピ

「一生食べられるスープ」をご存知ですか?とんでもなくおいしくて、誰にでも簡単に作れるスープが、いま多くの女性から注目の的。グラビアアイドルのツイッターから話題になった一生食べられるスープは、きれいな女性を目指…

スープ レシピ 離乳食 まとめ

美容にも健康にもいい人参は、柔らかく煮ればポタージュに最適。作り置き冷凍ができるので、朝食でもカンタンに出せて重宝します。クリーミーな濃厚レシピから赤ちゃん用、乳製品不使用レシピまで、おいしいレシピをいろいろ…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。