ローディング中

Loading...

最近注目されている「時間栄養学」によれば、食事をするタイミングも重要なんだそう。内臓には活発に動く時間と休む時間とがあり、それに合わせて食べ物を選び、食べることも健康のためには重要だとされています。ダイエットの鍵ともなるようですよ。

そもそも「時間栄養学」って?

食べる順番を変えることによって、ダイエットに繋げるという「食べ順ダイエット」が話題になったことは、記憶に新しいと思います。最近、それに加えて「食べる時間」を意識した食事方法があるのをご存知でしょうか?

そのような"体内時計を考えた栄養学"のことを、「時間栄養学」と言います。栄養効果も食べる時間によって変わってくるとか、栄養素・食品の成分によって体内時計も左右されるといった内容で、ここ何年かで急発展を見せている学問なんです。

従来は食べたものの総カロリーに重点が置かれていましたが、この学問の発達により、食べる時間・三食の食事の比率が、健康面・ダイエットに影響することが判明しました。

内臓の活動時間にそって食事をとりましょう

私たちの体は24時間休まず働いているように感じますが、内臓には活発に動く時間と、最小限の動きで休息する時間があります。時間帯は各器官でことなりますが、それぞれの活動時間を理解し、リズムに合った時間で食事をとると、健康にも非常によく、美容面でも効果があるんです。

では、それぞれの臓器がいつごろ活発に動いているのかを、時間別に見てみましょう。
【午前中】肝臓
肝臓はデトックス作用があり、脂肪の分解や代謝にも関係する器官です。早朝から動き出し、午前11時ごろに活動のピークを向かえます。

【午後】
胃は主として、たんぱく質の消化をします。12時から活動が活発になり、14時すぎがもっとも活発化します。

【夕方】すい臓
すい臓は、血糖値のコントロールと食べたものを消化する働きがあります。午後~夕方で、インスリンという糖質の吸収に関係するホルモンの分泌がさかんになります。

【夜】腎臓
日中解毒した老廃物を体の外に排出するため、腎臓の動きは活性化します。
夜間は、肝臓・胃・すい臓は休息期に入りますので、夕食は早い時間に、軽いものを食べるのがいちばん。脂質の高い食事・食べすぎ・夜遅くの食事は、代謝されづらく、脂肪が体内にたまりやすくなるので、注意が必要です。

三食のとり方は?

体の多くの機能は、"食事をいつ食べたか?"によって、活動期・休息期を決めています。とりわけ朝食の存在は重要で、朝食を食べた時間=活動期の開始と認識されます。
また脂肪の生成にかかわるたんぱく質は、夜に増えます。夜9時以降に食べるものは、体脂肪になりやすいため、その場合は夕食は、ごはん・味噌汁・納豆というようなシンプルなものにして、次の日の朝、夕食のおかずを食べるようにしてもいいでしょう。
では、具体的に三食をどのようにとったらいいか、例をご紹介しますね。

朝食(7時半ごろ)

肝臓が活発に動きますので、油分も少し多めでも大丈夫。脳のエネルギー源となる糖質や、たんぱく質もしっかりとりましょう。

【食事例】お米・ハムエッグ・フルーツヨーグルト・レタスとトマトのサラダ

昼食(12時ごろ)

たんぱく質を消化してくれる胃が動き出すので、代謝力の効率を上げるたんぱく質を多く食べましょう。

【食事例】お米・豚肉のしょうが焼き(キャベツの千切りをそえて)・ほうれん草のおひたし・味噌汁

間食(16~17時)

インスリンの分泌がもっとも活発なこの時間帯に、間食をとります。食べすぎには気をつけながら、甘いものを楽しんでくださいね。
チョコレートやナッツ類・ドライフルーツはいかがでしょう?お茶やコーヒーなどドリンクも一緒にどうぞ。老廃物の排出に水分は欠かせません。

夕食(19~21時)

肝臓は休息期なので、油っこい食事はなるべく避けたほうがよいそうです。野菜をメインにして、たんぱく質を加えたメニューで、夜9時までにはすませるようにします。

【食事例】お米(半膳)・刺身・野菜の煮物・きゅうりの酢の物

やっぱり大事な「朝食」

体内時計を正常に動かすためにも、朝食をしっかり食べることが重要のようです。朝食を食べないと、学習・運動能力が低下し、やる気も起こらないという実験報告もされており、たんぱく質と糖質の両方の摂取が望まれます。

忙しい時は、ついおろそかになりがちの朝食ですが、前の日にある程度、料理を用意しておくと、翌朝ささっと作れて便利ですよ。
すぐに実践できそうな方法としては、以下の3つがあります。

1、野菜が豊富に入ったスープを作りおきする
2、ゆで卵を作っておく
3、フルーツはカットして冷蔵庫で保存しておく

いかがでしょうか?ヨーグルトや牛乳、豆腐・納豆・サバの缶詰という手軽に摂取できるたんぱく源を常に買い置きしておくのもおすすめです。
朝食はしっかり、夕食はあっさりを基本にすれば内臓に負担がかからず、健康な生活を送れますよ。ダイエットにも、こうした食生活が功を奏します。ぜひあなたの食生活を見直してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

たまご まとめ

一見簡単そうな錦糸卵ですが、慣れていないとなかなか上手には作れません…。そこで今回は、たまごのスペシャリスト・たまごソムリエが失敗しない錦糸卵の作り方を伝授!色鮮やかな錦糸卵を使ってお弁当をかわ…

唐辛子 カレー まとめ

暑い夏にも寒い冬にも、辛いものが食べたい!という方は多いのではないでしょうか。今回はそんな激辛マニアさんのために、東京の芝商店街にある「激辛ストリート」をご紹介します。一体どんな激辛メニューが味わえるのでしょ…

まとめ

ワンプレートランチはおしゃれなだけでなく、後片付けも楽チンなので、ぱぱっと済ませたいときにぴったりなんです。今回は、ワンプレートランチにおすすめの食器や、おしゃれに盛り付けるコツをご紹介!おしゃ楽ランチで、素…

まとめ

コンビニで抹茶アイスを見かけるとつい手を伸ばしてしまう……というファンの方も多いのではないでしょうか。今回は2017年大注目の抹茶アイスを、厳選して12選ご紹介しますよ。抹茶アイス…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

アイスクリーム シャーベット 韓国 スイーツ

パウチに詰められた「ヤクルトアイス」。おなじみのデザインなのに、インパクトがあってとってもキュートなアイスです。韓国のセブンイレブンでしか買えない超レアアイテムで、インスタやツイッターでも話題に。どんな味なの…

カレー パスタ

お昼の人気番組「ヒルナンデス!」で、レトルトの達人が、レトルト食品のトレンド、ぜひ味わうべきレトルト食品について紹介していました。とてもレトルトとは思えない高級感のある商品ばかり…&hellip…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/