ローディング中

Loading...

カレーの香りの元となる香辛料、クミン。味付けのアクセントになるだけでなく、健康、美容の効能も豊かなすぐれものです。ダイエットの研究も盛んに行われているすぐれものの詳しい効能、効果的な食べ方についてまとめました。

カレーの香り成分「クミン」で健康!

エスニックカレーの独特の香りの元となるスパイス、クミン。コショウやシナモンに比べて少々マイナーな存在ともいえますが、カレーだけでなく、古くからソーセージやミートローフなどの味付け、香り付けに活用されてきました。世界中で愛されているスパイスのひとつです。

クミンは香辛料として役立つだけでなく、近年になって、その健康効果にも大きな注目が集まっています。特にダイエットや美容の効果が高いとされており、食事に積極的に利用する人も増えているのだとか。

クミンの栄養や健康効果を理解して、ぜひみなさんも食事のアクセントに加えてみませんか?

美と健康を促すクミンの栄養と効能

クミンはビタミンA、C、E、B2、B6など、各種ビタミンを豊富に含む食材です。ビタミン不足が指摘される現代人にとって、健康の大きな後押しになるでしょう。それぞれのビタミンの健康効果を、以下にまとめました。

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない成分で、若々しい肌作りに役立ちます。また、細菌やウイルスから身を守る免疫力の向上も促してくれて、風邪予防など、元気よくイキイキとした生活を送るためにも必要です。

ビタミンC

体の酸化を防いで、アンチエイジングが期待できます。コラーゲンの合成に関わって骨を丈夫にしたり、肌にハリを持たせたり、シミ予防になるなど、十分に摂取したい成分です。

ビタミンE

血管や肌、細胞などの老化を防いだり、血行をよくしてくれます。血管の若返りと、血流の促進は、健康の要ともいえる作用。病気予防を体の土台から後押ししてくれます。

ビタミンB2

炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素の代謝を促して、皮膚や粘膜の機能を維持したり、成長させる働きがあります。「美容のビタミン」、「発育のビタミン」と呼ばれる重要な成分です。

ビタミンB6

ビタミンB2と同じように、皮膚や粘膜の健康維持をサポートするほか、神経伝達物質の合成に関わるので精神的な安定を促します。また、ホルモンバランスを整えてくれるので、女性の健康維持に大きく働きます。

クミンアルデヒドで食欲を増進!

こうした各種ビタミンの作用に加えて、ぜひ注目したいのが、クミンの香り成分「クミンアルデヒド」と「リモネン」です。

クミンアルデヒドは、心地よい香りが特徴で、消化器官を刺激してくれます。食欲が失われやすい暑い夏にも、カレーだと食べたい気持ちになるのは、クミンアルデヒドのおかげといえそうです。

心身をリラックスさせるリモネン

クミンアルデヒドがクミン特有の成分に対して、リモネンは柑橘類にも多く含まれる成分。脳のα波を発生させる作用が期待されており、リラックス効果をのぞめます。心がイライラしていたり、体が疲れている人にとっても、クミンは役立つはずです。

なお、クミンアルデヒドもリモネンも、抗酸化作用を持つ成分。アンチエイジングのサポート役としても期待にこたえてくれそうです。

ダイエット効果も高いクミン

まず最初に、イランでおこなわれたクミンの研究結果からお伝えしますね。

Shahid Sadoughi University of Medical Scienceの研究チームが、クミンのダイエット効果に関する実験をおこないました。実験では、肥満気味の女性88人を二つのグループに分け、一方のチームにはクミンパウダー(小さじ1杯)を入れたヨーグルトを、もう一方のチームにはクミンパウダーなしのヨーグルトを1日2回、3ヶ月間に渡って食べてもらったそうです。その間、両チームともに栄養管理を行い、これまでよりも約500カロリーほど減らすようにしました。

すると、クミンパウダー組は約6キロの減量に成功し、クミンなし組は1.4キロ減。クミンパウダーをとると、より大幅にダイエットできたということです。クミンのダイエット効果、すごいですよね。

なぜダイエット効果が?

クミンは新陳代謝を高める作用が期待できて、効率的に脂肪を燃やしてくれます。また、新陳代謝を上げれば、脂肪を溜め込まない“太りづらい体質”になるので、肥満予防としても活躍してくれるでしょう。

また、「植物ステロール」が体内のコレステロールの吸収を抑えてくれるのだとか。実際、上に触れた実験では、悪玉コレステロールや中性脂肪の減少も確認されているんですよ。

効果的な食べ方

クミンの健康・美容効果を実感するためには、上に述べた実験から考えると、毎日小さじ一杯摂るのがよさそうです。カレーはもとより、炒め物、グリルのアクセントなど使い勝手がよいので、ぜひいろんなレシピを試してみてください。

気軽におこなうならば、先の実験でも使われている、クミンパウダーをふりかけたヨーグルトがおすすめ。ヨーグルトは善玉菌の代表格「乳酸菌」の塊で、腸内環境を整えて健康・美容の土台作りになるからです。レシピを考える手間もいらず、効率よくクミンの健康効果を体感できるはずですよ。
香り豊かなクミンは食欲を増やしてくれるだけでなく、さまざまな健康効果を担っています。ぜひ日々の食生活に活用して、ダイエット、美容、健康のサポートに役立ててみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし レシピ

あなたの家に電子レンジがあるなら、とうもろこしを沸騰したお湯で茹でるのはもうやめましょう。光熱費の節約のためにも、その味を余すことなく楽しむためにも、とうもろこしは電子レンジで手間なく茹でるのが一番です♩

オートミール レシピ

オートミールをご存じですか?シリアルの食べ方とは少し違うオートミール。実はスイーツとしても食事としても食べられる健康的な食べ物です。オートミールについての詳しい内容と、おすすめの簡単でおいしい食べ方とレシピを…

ハンバーグ

ハンバーグをオーブンで焼くと、ふっくらおいしく仕上がることをご存知ですか?時間や温度、焼き方を覚えて、自宅で本格ハンバーグを作りましょう。今回は、ハンバーグをオーブンで上手に仕上げる方法をご紹介します。

スーパーフードとも呼ばれるキヌアのおいしい食べ方が知りたい!そのままでもいいの?今回は、キヌアのおいしい食べ方を方法別で詳しく紹介。おすすめレシピもまとめました。キヌアを上手く取り入れて、ヘルシーな食生活を目…

オムライス レシピ

子供から大人まで人気のオムライス。包み方が難しくて自信がないという方はいませんか?卵を破かず、きれいに、しかも簡単にオムライスを作るコツがあります!誰にでもできるオムライスの包み方をご紹介!コツを覚えればオム…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

海老

パーティーなどの席では必ずと言っていいほど置いてある「ポップコーンシュリンプ」。あれってついつい手が伸びて、ぼーっとしながら無心で食べてたりするんですよね(笑)おうちで食べたいけど作り方がわからないというかた…

まとめ

つい飲み過ぎて酷い二日酔いになった経験、ありませんか?頭痛や倦怠、腹痛といった不快な二日酔いの症状は、一刻でも早く治したいですよね。二日酔いにはどんな食べ物、飲み物が効果的なのでしょうか。また、避けた方がいい…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る