ローディング中

Loading...

カレーの香りの元となる香辛料、クミン。味付けのアクセントになるだけでなく、健康、美容の効能も豊かなすぐれものです。ダイエットの研究も盛んに行われているすぐれものの詳しい効能、効果的な食べ方についてまとめました。

カレーの香り成分「クミン」で健康!

エスニックカレーの独特の香りの元となるスパイス、クミン。コショウやシナモンに比べて少々マイナーな存在ともいえますが、カレーだけでなく、古くからソーセージやミートローフなどの味付け、香り付けに活用されてきました。世界中で愛されているスパイスのひとつです。

クミンは香辛料として役立つだけでなく、近年になって、その健康効果にも大きな注目が集まっています。特にダイエットや美容の効果が高いとされており、食事に積極的に利用する人も増えているのだとか。

クミンの栄養や健康効果を理解して、ぜひみなさんも食事のアクセントに加えてみませんか?

美と健康を促すクミンの栄養と効能

クミンはビタミンA、C、E、B2、B6など、各種ビタミンを豊富に含む食材です。ビタミン不足が指摘される現代人にとって、健康の大きな後押しになるでしょう。それぞれのビタミンの健康効果を、以下にまとめました。

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない成分で、若々しい肌作りに役立ちます。また、細菌やウイルスから身を守る免疫力の向上も促してくれて、風邪予防など、元気よくイキイキとした生活を送るためにも必要です。

ビタミンC

体の酸化を防いで、アンチエイジングが期待できます。コラーゲンの合成に関わって骨を丈夫にしたり、肌にハリを持たせたり、シミ予防になるなど、十分に摂取したい成分です。

ビタミンE

血管や肌、細胞などの老化を防いだり、血行をよくしてくれます。血管の若返りと、血流の促進は、健康の要ともいえる作用。病気予防を体の土台から後押ししてくれます。

ビタミンB2

炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素の代謝を促して、皮膚や粘膜の機能を維持したり、成長させる働きがあります。「美容のビタミン」、「発育のビタミン」と呼ばれる重要な成分です。

ビタミンB6

ビタミンB2と同じように、皮膚や粘膜の健康維持をサポートするほか、神経伝達物質の合成に関わるので精神的な安定を促します。また、ホルモンバランスを整えてくれるので、女性の健康維持に大きく働きます。

クミンアルデヒドで食欲を増進!

こうした各種ビタミンの作用に加えて、ぜひ注目したいのが、クミンの香り成分「クミンアルデヒド」と「リモネン」です。

クミンアルデヒドは、心地よい香りが特徴で、消化器官を刺激してくれます。食欲が失われやすい暑い夏にも、カレーだと食べたい気持ちになるのは、クミンアルデヒドのおかげといえそうです。

心身をリラックスさせるリモネン

クミンアルデヒドがクミン特有の成分に対して、リモネンは柑橘類にも多く含まれる成分。脳のα波を発生させる作用が期待されており、リラックス効果をのぞめます。心がイライラしていたり、体が疲れている人にとっても、クミンは役立つはずです。

なお、クミンアルデヒドもリモネンも、抗酸化作用を持つ成分。アンチエイジングのサポート役としても期待にこたえてくれそうです。

ダイエット効果も高いクミン

まず最初に、イランでおこなわれたクミンの研究結果からお伝えしますね。

Shahid Sadoughi University of Medical Scienceの研究チームが、クミンのダイエット効果に関する実験をおこないました。実験では、肥満気味の女性88人を二つのグループに分け、一方のチームにはクミンパウダー(小さじ1杯)を入れたヨーグルトを、もう一方のチームにはクミンパウダーなしのヨーグルトを1日2回、3ヶ月間に渡って食べてもらったそうです。その間、両チームともに栄養管理を行い、これまでよりも約500カロリーほど減らすようにしました。

すると、クミンパウダー組は約6キロの減量に成功し、クミンなし組は1.4キロ減。クミンパウダーをとると、より大幅にダイエットできたということです。クミンのダイエット効果、すごいですよね。

なぜダイエット効果が?

クミンは新陳代謝を高める作用が期待できて、効率的に脂肪を燃やしてくれます。また、新陳代謝を上げれば、脂肪を溜め込まない“太りづらい体質”になるので、肥満予防としても活躍してくれるでしょう。

また、「植物ステロール」が体内のコレステロールの吸収を抑えてくれるのだとか。実際、上に触れた実験では、悪玉コレステロールや中性脂肪の減少も確認されているんですよ。

効果的な食べ方

クミンの健康・美容効果を実感するためには、上に述べた実験から考えると、毎日小さじ一杯摂るのがよさそうです。カレーはもとより、炒め物、グリルのアクセントなど使い勝手がよいので、ぜひいろんなレシピを試してみてください。

気軽におこなうならば、先の実験でも使われている、クミンパウダーをふりかけたヨーグルトがおすすめ。ヨーグルトは善玉菌の代表格「乳酸菌」の塊で、腸内環境を整えて健康・美容の土台作りになるからです。レシピを考える手間もいらず、効率よくクミンの健康効果を体感できるはずですよ。
香り豊かなクミンは食欲を増やしてくれるだけでなく、さまざまな健康効果を担っています。ぜひ日々の食生活に活用して、ダイエット、美容、健康のサポートに役立ててみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

調味料 レシピ

「ポン酢しょうゆ」をご存じですか?ポン酢ではなくポン酢しょうゆです。名前を見れば、なんとなく想像がつきそうだけれどもポン酢との違ってなに?使い方は違うの?ポン酢しょうゆについて、ポン酢との違いも含めてご紹介し…

ステーキ

人気メニュー、ステーキ。みなさんのお好みの焼き加減はどれくらいですか?肉汁が溢れる、レアの状態のお肉もオススメですよね。ほとんど焼かない焼き加減や、焼きすぎるくらい火を通す焼き具合など、おすすめの焼き方や焼き…

レシピ

辛味が少なく食べ易い新生姜は旬が限られていますが、もっともおいしく食べられる新生姜の時期をご存じですか?新生姜をおいしく食べられる時期や食べ方、おすすめのレシピなどもご紹介します。新生姜の時期を覚えて、おいし…

寿司

ネット上で噂されてる「パック寿司を10倍おいしく食べる方法」、知っていますか?なんでもある2つの工夫だけで、スーパーやコンビニのお寿司が高級寿司の味わいに変化するというのです。とっても気になる裏技を、実際に編…

レシピ

ゴーヤの独特な苦味が苦手という方もいらっしゃいますよね?体によい栄養素がいっぱいのゴーヤの苦味を和らげる方法はない?今回は簡単にゴーヤの苦味を和らげられる方法をたくさんご紹介します。食べやすくなったゴーヤを食…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介しま…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

お菓子 調味料 レシピ

クレームブリュレ作りに欠かせない、さとうきび100%のブラウンシュガー「カソナード」。良質なさとうきびから作られるカソナードは、その独特の香りやコクのある味わいで、お菓子作りから飲みものまでいろいろな使い方が…

豚肉 おつまみ

一日頑張った自分にご褒美おつまみを作りませんか?今回は巻いて焼くだけとととっても簡単な「豚しそコロコロ焼き」の作り方をご紹介したいと思います。唐揚げのように揚げでもおいしいし、中にチーズを入れてもおいしいです…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。