ローディング中

Loading...

南インド料理の「ビリヤニ」が、インド料理好きの方々の間で話題になっています。日本ではまだ珍しいビリヤニとは、どんな食べ物なのでしょうか?さらに今回は、都内でランチタイムにもビリヤニをいただけるお店を都内から8選、ご紹介します。

南インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」

日本でインド料理と言えば、カレーやナンが広く知られていますよね。でも、インドは面積が世界7位になるような大きい国。ひとくちにインドと言っても、北と南では料理の特徴も変わってくるのだそうです。

たとえば、ナンは小麦の栽培が盛んな北インドの料理。稲作が盛んな南インドでは、サフランやターメリックを入れたライスなどのお米料理が多く、スパイスやお肉を炊き込んだ、「ビリヤニ」というインド風の炊き込みご飯がよく食べられています。

今回ご紹介する「ビリヤニ」は、スペインのパエリャ、日本の松茸ご飯と共に世界三大炊き込みご飯の一つに数えられているんです。日本では南インド料理の専門店が少ないため、食べられるお店も限られていて、一部のインド料理マニア以外にはほとんど知られていないのが実状です。

そんななかで、都内でもビリヤニが食べられるインド料理のお店をまとめました。

ビリヤニの定義とは?

日本ビリヤニ協会では、下記の条件を満たしたものをビリヤニと認めています。

・インドの高級米「バスマティ」を使用していること。
・フライパンで炒めておらず、「パッキ、カッチ、生米(ヒンドゥー式)」のいずれかの作り方を用いていること。
・2種類以上のスパイスを使用していること。
・イスラム教の教えにのっとり、お肉を使用する場合は「豚肉」以外であること。

ビリヤニの作り方は、大きく分けて3種類に分類されます。

●パッキ
インドの公用語であるヒンディー語で「調理された」という意味で、ほとんどのビリヤニがこの作り方で作られます。
作り方は、まずグレービー(カレー)を作り、その上に半分茹でたお米を乗せ、グレービー、お米の順で層を作り(何層になる場合もある)一緒に蒸し上げて作ります。

●カッチ
ヒンディー語で「生」という意味で、ビリヤニで有名な都市ハイデラバードで主に用いられる作り方です。
作り方は、お肉をスパイスとヨーグルトなどでマリネし味をしみ込ませるため、ひと晩浸けておきます。このマリネを鍋底に敷き、その上に半分炊いたお米を乗せて1時間ほど火にかけ作ります。

●生米(ヒンドゥー式)
生米(ヒンドゥー式)は、インドのヒンドゥー教徒や南インドのタミルナード州で主に用いられる作り方です。
作り方は、日本の炊き込みご飯と似ており、水分の多いグレービーに洗っただけのお米を投入し、一緒に炊き上げる作り方です。

1.サイーファケバブアンドビリヤニ(六本木)

こちらのお店のおすすめはラムビリヤニなのだとか。上質な骨付きラムと33もの種類のスパイスで調理したカレーにバスマティ米が重ねられ、弱火でじっくり蒸し上げた、インド風炊き込みご飯です。柔らかいラム肉の美味しさとスパイシーさがやみつきになる贅沢な一品。


結婚式やお誕生日会など、家族や友人が集まるパーティーでは必ず出されるごちそうを六本木で堪能してみては?

店舗情報

住所:東京都港区六本木4-11-8 フランセビル 1F
電話:050-5868-7707
営業時間:日曜日~木曜日11:00~23:00(LO.22:30)
     金曜日・土曜日11:00~23:00(Lo.22:30)
     ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:年中無休
参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13144423/

2.エリックサウス(八重洲)

八重洲地下街で2011年に開店して以来、南インド料理の専門店として雑誌やTVにたびたび取り上げられている大人気のお店です。南インド料理のスタイルを守っており、ナンはありませんが、チャパティ(薄焼きパン)・ワダ(豆の粉で作られた、甘みのないドーナツ)・ウプマ(セモリナ粉を炒って米と混ぜたもの)があります。
ランチタイムにいただけるのは、チキンビリヤニプレート。Mサイズ950円、Lサイズ1,250円。プラス100円でバスマティ・ライス(香り米)に変更可能です。

店舗情報

住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中4号 (八重洲地下二番通り)
電話:03-3527-9584
営業時間:[月~金]11:00~15:00、15:00~22:00(LO21:30)
     [土・日・祝]11:00~15:00、15:00~21:30(LO21:00)
定休日:原則無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13130363/

3.ケララバワン(練馬)

西武池袋線の練馬駅近くに在り、ランチタイムには行列ができる人気店です。北インドと南インドの家庭料理が、お手頃な価格で味わえます。
お店ご自慢の看板メニューがビリヤニですが、手間が掛かるので1日20~30食の限定です。
野菜は自家栽培のものを使用しています。

店舗情報

住所:東京都練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル 1F
電話:03-3991-5218
営業時間:[月~金] 11:00~15:00 17:00~23:00(L.O. 22:30)
     [土・日] 11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13008993/
公式サイト:http://www.keralabhavan.com/

4.カーンケバブビリヤニ(銀座)

銀座博品館 6階にある 南インド&パキスタン料理のお店で、インド人シェフによる本場の味を堪能できます。

スペシャルランチサービス のビリヤニセットは、バスマティ・ライスを使った3種類のビリヤニ(ホクホクチキンビリヤニ、柔らかラムビリヤニ、季節の野菜ビリヤニ)から2種類を選べて、ライタと呼ばれるヨーグルトとサラダがセットになっています。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座8-8-11 銀座博品館 6F
電話:050-5570-3116(予約専用番号)
営業時間:11:00~15:30、17:00~23:00(L.O22:30)
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13170211/

5.シターラ・ダイナー エキュート品川店

JR品川構内のエキュートにある便利な駅ナカ店です。上野駅のエキュートや青山、新宿にも姉妹店があります。太陽の恵みをコンセプトにしたカジュアルで明るい雰囲気で、おひとり様でも気軽に立ち寄れます。

ビリヤニはラム肉とチキンの2種類。クルチャというポテトやオニオンを詰めたスパイシーなナンとライタ(野菜入りのヨーグルト)、生野菜のサラダがセットになっています。辛みのない野菜プラオ(フレッシュトマトの炊き込みご飯)もあるので、食べ比べてみるのもいいでしょう。

店舗情報

住所:東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川 2F
電話:03-3445-2655
営業時間:[月~土]11:00~23:00(L.O.22:00)
     [日・祝]11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13019697/
公式サイト:http://www.sitaara.com/restaurant/sinagawa.html

6.南印度ダイニング 中野店

2005年の開店で、中野駅北口のあいロード沿いにあります。南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフが創り出す本格的な南インド料理のお店。埼玉県川口市にもお店があります。

ビリヤニはバスマティ・ライスで、ヨーグルト&野菜サラダがセットで1,000円からとリーズナブル。テイクアウトもできます。

店舗情報

住所:東京都中野区新井1-23-23
電話:03-3388-0373
営業時間:[火~日] 11:30~15:00 17:30~23:00
定休日:第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13049750/
公式サイト:http://www.minami-indodining.com/

7.ニルヴァーナ ニューヨーク 東京(赤坂)

1970年にニューヨークのマンハッタンで開業し、数多くの著名人達にも愛されましたが、ビル解体により惜しまれつつ閉店したお店が、創業者のご子息により、東京ミッドタウンで復活を遂げました。

ランチタイムはビュッフェ形式をとり、ビリヤニは季節の食材を使って特別な物が味わえます。他にも日替りの前菜、カレー、デザートなど多くの種類が用意されています。

店舗情報

住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア ガーデンテラス 1F
電話:050-5890-6210(予約専用番号)
営業時間:[平日]11:00~14:30(L.O)、17:00~22:00(L.O)
     [土・日・祝]11:00~15:00(L.O)、17:00~22:00(L.O)
定休日:不定休(東京ミッドタウンに準ずる)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13037327/
公式サイト:http://nirvana-newyork-tokyo.com/

8.印度家庭料理 レカ(西葛西)

インド人街と言われるほどインドの方が多く住んでいる西葛西にお店があります。人気のビリヤニは、単品メニュー(1,000円)の他にスペシャルセット(1,200円)があります。

南インドの家庭料理にこだわり、ナンは提供していません。強力粉を使うナンは消化しにくく、焼き窯のタンドールを持っている家庭は少ないので、インドの一般家庭ではナンはほとんど食卓に登らないそうです。
薄く円形に伸ばしてクレープ状に焼いたチャパティが食べられます。

店舗情報

住所:東京都江戸川区西葛西3-22-6-110 小島団地内商店街 1F
電話:03-5878-1896
営業時間:[火~土]11:30~15:00(LO)、18:30~21:00(LO)
定休日:日曜日・月曜日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13152763/
公式サイト:http://www.rekacorp.com/

インドのお米料理はいかがでしたか?
こうしていくつかのお店を比較してみると、ビリヤニだけでもお店ごとにかなり個性があることがわかります。食べくらべてみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

離乳食 まとめ

小ぶりなサイズがキュートなミルクパン。ドリンクを温めたり、茹で卵を作ったり、使い勝手が良いと人気を集めています。ひとり暮らしにはちょうどいい大きさで、離乳食も作れる優れもの!おすすめミルクパンや選ぶポイント、…

まとめ 静岡 ゼリー スイーツ お土産 フルーツ

静岡県御殿場市にあるフルーツゼリー専門店「フルフール」。メディアでもたびたび紹介されている話題沸騰中の人気店です。宝石のようなフルーツゼリーは種類も豊富でとってもジューシー!これからの季節にぴったりなので今か…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

レシピ まとめ

肉じゃがの日のって少し物足りなく感じませんか?ご飯と肉じゃが、もうひと品付け合わせがあるとよいですよね。今回は食べ応えも増す肉じゃがの付け合わせをご提案。副菜と汁物など、お好みで肉じゃがと組み合わせれば、バラ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 東京 ランチ まとめ

おいしい餃子を楽しめる東京都内の人気店をまとめました。どれも自信を持っておすすめできるお店ばかり!魅惑の羽根つき餃子があるお店、歴史を誇る老舗の名店、コスパ抜群のお店など、バラエティー豊富にピックアップ。行き…

おにぎり 浅草 東京 まとめ 専門店

日本人の心、お米。どんなに欧米化(タカトシかっ)が進んでも忘れることのないおふくろの味。 今回は東京で味わえる、おにぎりが美味しいと評判のお店を厳選してご紹介します!

武蔵小杉 カフェ コーヒー おしゃれ まとめ

2014年11月22日にグランドオープンした「グランツリー武蔵小杉」。その広々としたショッピングモールにはたくさんのショップが連なり、一日過ごしても飽きが来ません。そんな中ほっと一息、心と体が休まるカフェをご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ

2016年も、多くの「ねとめし」がSNSで大きなブームを巻き起こしました。お弁当や毎日のおかず、お酒のお供とさまざまな場面で大活躍した品々。あなたはいくつ知っていますか?手軽に作れて華やかな「ねとめし」の数々…

フランス ケーキ

あまり知られていないモンブランの意味。実は、ヨーロッパにあるアルプス山脈のモンブランが由来していることをご存知ですか?見た目のインパクトが強いのが特徴的なモンブランの作られたルーツや、見た目のデザインなどモン…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/