ローディング中

Loading...

「玄米ライスミルク」は、栄養バランスもよく低カロリー。女性の味方となってくれる“第3のミルク”として、海外だけでなく、日本でも注目されています。ライスミルクとの違い、効能や作り方、アレンジレシピなどをご紹介します。

「玄米ライスミルク」とは?

最近、“第3のミルク”と呼ばれる「ライスミルク」というものが注目されているのをご存知ですか?美容や健康に効果的な飲み物として、各メディアにも取りあげられています。

ライスミルクとはその名のとおり、白米または玄米と、牛乳を使用してできたドリンクのこと。日本では「豆乳」が先行していましたが、海外では牛乳の代わりに「植物性ミルク」ということで、以前からライスミルクが親しまれていたそうです。

なかでも玄米を使った「玄米ライスミルク」は、栄養も豊富に含んでおり、今もっとも注目すべき植物性ミルクなのです。

白米ライスミルクと玄米ライスミルクの違い

ライスミルクには、白米で作られたものと玄米で作られたものがあります。白米ライスミルクより玄米ライスミルクのほうが、栄養価が高いですが、どちらのお米から作っても「ライスミルク」を指します。

欧米のライスミルクでは、白米と玄米のそれぞれが、ほぼ同じくらいの消費量なのに比べ、日本ではほとんどの商品が玄米から作られています。その要因は、栄養価の違いが注目されていて、白米よりも優れているというイメージによって先行していることが理由のひとつなんだとか。

玄米ライスミルクの効果と栄養素はどんなもの?

ライスミルクは、主に米と水が原料なので、通常の牛乳よりもヘルシーなドリンクといえます。白米で作っても低脂肪、低カロリーのため、十分ダイエット効果が見込めます。玄米で作る場合、食物繊維・ビタミン・ミネラルが含まれているので、栄養素バランスのよいライスミルクになります。

また牛乳アレルギーがある方にも「ライスミルク」は安心。ミルクとはいうものの、原料がお米なので、離乳食時期の赤ちゃんでも飲むことができます。 また、ライスミルクは手軽に摂取しやすく、アレンジも効くので一石二鳥です。
飲みやすさや、牛乳のカロリーを少しでも抑えたい方、お子さまと一緒に飲みたいという方は、白米ライスミルクがおすすめ!味よりも健康・美容面でより効果を感じたい方には、玄米ライスミルクがおすすめです。

では、玄米ライスミルクにしかない効果を紹介します。

玄米でライスミルクを作ればこんな効果が!

【美肌効果】
代謝がアップし、肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、肌の再生能力が高まります。また、ビタミンEをはじめとする数種類の栄養素が、しみやしわの原因になる活性酸素を除去してくれるので、メラニン色素の生成を抑制します。
【ダイエット効果】
原料になる玄米には食欲抑制効果があり、糖質の分解を促進するビタミンB1や脂肪の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれているので、ダイエット効果が期待できると言われています。
【デトックス効果】
玄米は食物繊維が豊富なため、体内の毒素を排出する、デトックス効果があります。体に蓄積された汚染物質と結合し、水に溶けない塩となって体外に排出されます。
【リラックス・精神安定効果】
玄米にはギャバという成分が含まれており、副交感神経を優位にする働きがあるので、精神安定やリラックス効果があります。精神を安定させることで、良質な睡眠にも良いと言われているので、寝る前に摂取するのもおすすめです。

ライスミルク(白米・玄米)の作り方は?

生の白米・玄米から作る場合

大さじ3の生の白米(または玄米)をさっと水洗いして、数mm程度芽が出るまで2〜3日水につけます。水は1日2回ほど入れ替えましょう。芽が出たら水気をよく切って400mlの水と一緒にミキサーにかけ、なめらかにしましょう。

甘みづけとして、お好みでデーツ(なつめやし)やはちみつなどを入れてミキサーにかけてもいいでしょう。

ミキサーにかけた液体を、ガーゼやさらしを敷いたザルの上に、流し入れ、ろ過してください。ギュッとしぼって液体部分を飲みます。
※生の米で作る場合、「βデンプン」は消化されにくく肥満の原因になりづらいというメリットがありますが、生の米には「耐熱芽胞菌」が含まれており、食中毒などの原因となる菌なので、作ったあとは、すぐにお召し上がりください。夏場は特に食中毒に気をつけましょう。

炊いた白米・玄米から作る場合

40gの炊いた白米(または玄米)と水200cc、塩1つまみをミキサーに入れて、なめらかになるまで回したら完成です。
※余ったご飯で作れて、水で付ける時間もないので簡単にできるメリットがありますが、残りご飯の白米のライスミルクの場合は栄養価が生に比べ低いです。また、食中毒対策のため、室温で3時間を越えたライスミルクは飲まないようにしましょう。

どんな味?

白米ライスミルクは、牛乳よりもさっぱりしていて飲みやすく、豆乳の味にも少し似ています。後味はほのかに甘いものの、しつこい甘さではありません。

玄米ライスミルクは、玄米の香ばしさが感じられ、やや粉っぽさが残る味なんだとか。賛否両論ではありますが、苦手な方はフルーツジュース、野菜ジュースなどと混ぜたら飲みやすくなるかもしれませんね。

ライスミルクのアレンジレシピ

手作りスムージーと一緒に

お好みのスムージーの水や牛乳の代わりに、ライスミルクを入れるだけ。ライスミルクの味が苦手な方でもスムージーに入れれば気になりません。

ライスミルク寒天

ライスミルクに寒天を溶かし入れ、容器に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めたらできあがり。お好みでフルーツをトッピングしてください。カロリーも牛乳より控えめなのでダイエット中のおやつにしてもピッタリですね。

ライスミルクの野菜スープ

こちらのスープに使う水の代わりに、ライスミルクを入れるだけで、高栄養スープに早変わり!玄米の香ばしさが加わることによりコクのあるスープになります。

市販のライスミルクもあります

おうちで作るのは、ちょっとめんどうだな……という方には、市販のライスミルクがたくさんあります。値段は調べてみると、ピンからキリまであるというのが正直なところ。今回は入門編ということで、容量も少なく、安価なものを紹介しますね。
http://macaro-ni.jp/28942

出典:楽天市場

ブイフィット 発芽玄米ミルク プレーン 250ml[ブイフィット ライスミルク]

¥140

楽天市場で購入
タイ産のオーガニック発芽玄米をつかったライスミルクです。ほんのり甘いので初心者の方でも飲みやすいのではないでしょうか?まずはお試しで飲んでみるには、リーズナブルなところから始めるといいかもしれません。
http://macaro-ni.jp/28942

出典:楽天市場

キッコーマン 玄米でつくったライスミルク(190g)

¥216

楽天市場で購入
こちらのライスミルクは、国産玄米100%使用しており、砂糖や甘味料を使っていないので糖質を抑えたい人におすすめ。お米本来のほんのり甘く香ばしい味わいが楽しめます。
http://macaro-ni.jp/28942

出典:楽天市場

おいしいなめらかライスミルク 300g[ライスミルク]

¥1296

楽天市場で購入
こちらは水やお湯に溶かしていただく粉末タイプ。国産コシヒカリを使用していて、添加剤は一切入っていないので、小さいなお子さまも安心してお召し上がりいただけます。粉末タイプは料理にも取り入れやすいので、継続して摂取したい方は特におすすめです。
「第3のミルク」として熱い視線を浴びているライスミルク。中でも玄米ライスミルクは体に嬉しい栄養がたっぷりです。しかも普段の生活に取り入れやすいのが嬉しいポイントですよね。健康や美容のことを考えて、あなたも始めてみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ カリフラワー カレー

今回ご紹介するのは、お米の代わりにカリフラワーを使った低糖質料理「カリーフラワーライス」。カレーを鍋でなくレンジでチンするだけなので、調理時間はかなり短め!ふつうのカレーライスより消化がいいのも魅力的です♩

レシピ

オリーブペンギンをご存じでしょうか。ワインやカクテルのお供として人気のオリーブで作ったペンギンで、あまりにリアルなビジュアルがかわいいと話題なんです。今回はオリーブペンギンの作り方や、オリーブペンギンのアイデ…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

レシピ

ロールキャベツのようにくるくる巻いて、楽しく簡単に作れる「きつねロール」の作り方をご紹介します!家に余ったお餅と油揚げを使えば、自宅ですぐに作れますよ♩もちもちのお餅と、油揚げにお出汁がじゅわっと染みて絶品で…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

サラダ 調味料

大人気の「ジョセフィーヌ」は、なかなか手に入れることのできない幻の高級ドレッシング。野菜の旨みがたっぷりと詰まった「ジョセフィーヌ」があれば、いつものサラダがまるで高級レストランで出されるようなサラダに早変わ…

カフェ

バレンタインも終わり、スタ―バックスでは毎年このシーズンになると桜のメニューが登場します。ファンならきっと、待ちに待ったシーズンでしょう!今回のスタバのSAKURAシリーズのメインである、さくらブロッサム&ス…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...