ローディング中

Loading...

冷凍ご飯はおいしくない?そんなことはありません。しっかりとポイントを抑えて冷凍&解凍すれば、炊きたてのようにおいしいご飯になりますよ。いくつかのコツを押さえれば誰でもすぐに実践できるので、ぜひあなたも覚えてくださいね。

おいしい冷凍ご飯を食べよう

ご飯が余ってしまったとき、どうしていますか?炊飯器で保温したままにする人もいれば、おひつや容器に移して冷蔵しておくという人もいるでしょうが、やはり冷凍して保存しておくという人が一番多いんじゃないかと思います。

冷凍庫にご飯のストックがあれば、おかずをチャチャッとつくるだけで済んで経済的!ただ、冷凍ご飯は好きじゃない、あまりおいしくないという声もよく聞きます。そこで今回は、おいしい冷凍ご飯を楽しむために押さえておきたいコツをご紹介。すぐに実践できる簡単なものばかりですよ。

できるだけ早く冷凍する

ご飯の旨みは保温している間にもどんどん失われていくといわれていて、食味テストの結果でもそれは証明されています。ですから、ご飯が炊けたらできるだけ早く冷凍する。これを守るだけで、冷凍ご飯は飛躍的においしくなります。

残りご飯を保存するのではなく、はじめから保管用を取り分けて冷凍するようにするといいかもしれませんね。

ご飯は小分けにする

面倒だからと大量のご飯をまとめて冷凍している人がいますが、それはやめておきましょう。たとえば1膳分だけを食べるたいときは、食べきれない量のご飯まで解凍するか、凍ったご飯を割るかしなければいけなくなってしまいます。

そこで、冷凍ご飯をつくるときは、1回に食べる量ずつ小分けにしておきましょう。そうすれば必要な量だけを手軽に解凍できます。

ふんわりとやさしく包む

ラップで包むとき、ご飯を押しつぶしてしまうと食感が悪くなってしまいます。できるだけふんわりと、やさしく包むようにしてください。

厚さは均一に、薄くする

冷凍ご飯を食べるときは、電子レンジで解凍する人がほとんどでしょう。ラップで包むとき、ご飯を薄く広げ、厚さが均一になるよう心がけると、解凍時に上手に加熱できます。

冷凍ご飯の下に金属のトレーを

これはご飯に限ったことではありませんが、食品の多くは時間をかけずに急速冷凍したほうが風味は逃げません。そこで活用したいのが金属製のトレー。熱伝導率が高い金属製トレーに冷凍ご飯を乗せれば、ふつうに冷凍庫に入れておくよりも早く凍ります。

アルミホイルでも代用できるので、トレーがなければ冷凍ご飯の下にアルミホイルを敷きましょう。

冷凍ご飯専用の容器を使う

ご飯を小分けにしてラップするのが面倒だという人は、さまざまなメーカーから発売されているご飯用冷凍保存容器を使うのも手。筆者も使っていますが、本当に便利です。

当然ですが何度も繰り返し使えますし、容器をそのままレンジに入れて加熱できる点も魅力。ご飯用の冷凍保存容器のほとんどはフタにも耐熱性の高い素材を使っていて、加熱時の余分な水分を逃がす蒸気弁がついていたり、その形状で容器内の水分を調節してくれたりします。

また、食卓での見た目は悪いかもしれませんが、容器をそのまま茶碗にすれば洗い物も増えません。

容器を選ぶポイントは

ご飯用冷凍保存容器の多くは、電子レンジで温めるときに加熱ムラが起こらないよう計算された形状をしています。先にあげたフタの形状もそのひとつですね。それぞれの商品に特徴がありますので、買うときはぜひ容器の形を見て選ぶようにしてください。

おすすめは、フタに蒸気弁がついている丸型の容器や、底が凸型になっている容器、薄型の四角い容器など。また、少し特殊なものとして中ザルがついているものがあるのですが、これは水を容器に少量入れてから解凍すると、ご飯を蒸してふっくらとさせてくれます。

とはいえ、基本的にはどれも機能はそれなりですし、長く使うものなので、見た目が気に入ったものを買うというのもいいでしょう。

ご飯を解凍するときのコツは

上記のテクニックを使ったなら、あなたがつくった冷凍ご飯は十分な旨みを保っているはず。ここから先は冷凍ご飯をどうすればおいしく食べられるか、そのコツをご紹介しましょう。

解凍ではなく加熱する

冷凍ご飯を解凍するときはレンジの解凍機能を使うのではなく加熱しましょう。理由は、でんぷんの劣化は0〜60度くらいで起こるので、ご飯がその温度となる時間をできるだけ短くするため。

少量の水をかけておく

電子レンジに入れる前に少量の水をかけておきましょう。表面に少し水滴がつくくらいでOKです。蓮子レンジは水の分子を振動させて熱を生み出すので、これだけでより短い時間で解凍できるようになります。

面倒でも加熱作業を二度に分ける

ちょっと面倒かもしれませんが、ご飯を解凍するときは少量で、回数を分けて加熱するようにしてください。途中で一度出してほぐしてあげると、全体が均一に温まります。

加熱後はすぐ食べる

炊きたてご飯と違い、冷凍→解凍したご飯は水分が失われやすくなっています。短い時間でぱさついてしまいますので、レンジから出したらすぐ食べるくらいのつもりで温めましょう。

再冷凍はしない

再加熱したご飯は炊きたてよりもはるかに劣化しやすくなっています。冷凍したとしても傷みやすくなりますので、衛生的に考えて、再冷凍は避けましょう。

おいしく食べるなら4日が期限

冷凍しているからといって悪くならないわけではありません。少しずつ、しかし着実に味は落ちていきますから、できるだけ早く食べてください。可能なら4日以内。それがむずかしければ1〜2週間に。保存の限界は1ヶ月程度と考えましょう。
いかがでしたか?ちょっとしたことばかりですが、これらを意識するだけで冷凍ご飯の味は格段に変わるはず!まずい冷凍ご飯に辟易としているあなたは、ぜひ今日から試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おやつ

生活クラブ生協が、「ひとくちだんご(みたらし)」の共同購入を開始!モチモチのおだんごで、甘辛のみたらしタレを包んだひと品です。いつでも作りたての風味が楽しめるよう、冷凍で届けられます。つやとコシのあるモチモチ…

麦茶 コーヒー

今すぐ麦茶を飲みたいけど、家に麦茶がない……!そんな時に役立つかもしれない裏技をご紹介します。なんと、インスタントコーヒーを使うんですよ。普通の麦茶と味比べしてみましたので、作り方と合わせてご紹介します♩…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

にんにく

にんにくの皮むきでイライラしたことはありませんか?小房を包んでいる薄い皮が実に貼りついて取れない……!そんなお悩みも、にんにくを冷凍するだけで解決するんです。詳しいむき方を、写真と一緒にご紹介します♩…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

岩手

古くから岩手でおふくろの味として親しまれている郷土料理「ひっつみ」の歴史や作り方、アレンジレシピをご紹介します。岩手というと、盛岡冷麺や盛岡じゃじゃ麺、わんこそばなどを想像しますが、ひっつみも岩手のご当地グル…

抹茶クリームフラペチーノに、夏季限定のコーヒージェリーを追加した「わらび餅フラペチーノ」が、いま密かなブームになっています。今回はそのオーダー方法やさらにおいしくするコツをご紹介します。期間限定なので、急いで…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...

ページTOPに戻る