ローディング中

Loading...

「氷出し緑茶」を知っていますか?緑茶のうまみや甘みをしっかり引き出せて、渋みもおさえられる抽出方法なんですよ。暑くなるこれからの季節にぴったりな「氷出し緑茶」の作り方と、「水出し緑茶」作りにおすすめな冷水ポットや急須をご紹介します!

「氷出し緑茶」を知っていますか?

家で緑茶を淹れる場合、お湯を使うことが多いのではないでしょうか。熱いお茶はおいしく、ほっとひと息つきたい時にぴったりですが、実はお湯の温度が高くなればなるほど、お茶にふくまれる渋み成分が出てしまんです。うまみ成分であるアミノ酸は低い温度でもしっかりと出ますし、渋み、カフェインは出づらくなるんですよ。

0度でじっくり抽出する氷出し緑茶は、渋みをおさえながら、緑茶のうまみを存分に引き出すことができる、最適な抽出方法といえます。

どうやって作るの?

「氷出し緑茶」とは、名前通り、とけた氷のしずくを使ってゆっくりとお茶を抽出する方法です。氷が自然にとけるのを待つわけですから、当然時間はかかりますが、その分おいしさは格別!甘みをしっかりと感じられるお茶が淹れられるんですよ。

用意するもの

・お好みの緑茶
・氷
・冷水ポットや急須

500~700mlの冷水ポットいっぱいに淹れるためには、茶葉は10gぐらいが適当です。急須で淹れる場合は、お湯で淹れる場合と同量でOKですよ。

作り方

1. 冷水ポットや急須の底に茶葉を広げて敷き詰めてから、容器が一杯になるまで氷をたっぷり入れます。

2. そのまま手を触れずに、常温で3~4時間おいておきます。

3. 氷が完全にとけたら、容器を軽くシェイクします。抽出されて底の部分にしずんでいたお茶のエキスが混ざって、きれいな緑色になります。

氷がとけていくにしたがって、お茶のエキスもしみ出してきます。冷蔵庫で作るとより時間がかかるので、夜寝る前にセットしておくのがおすすめです。翌朝おいしい緑茶が楽しめますよ。

急須で淹れたお茶は、必ず1煎ごとに全部注ぎ切りましょう。1煎目は一番香りが強く、繰り返し淹れれば4〜5煎は楽しめます。

ポットで淹れる場合も、急須で淹れる場合も、お茶がいたみやすいので1日以内に飲み切りましょう。

「氷出し緑茶」におすすめの容器

透明のポットや急須で「氷出し緑茶」を淹れると、氷がゆっくりと溶けていく様子も見ることができて、眺めているだけで涼しい気持ちになりそうですね。「氷出し緑茶」作りにオススメの、ポットや急須をご紹介します!

横置きもできる!

横置きもできる!

出典:楽天市場

たて・よこ兼用冷水ポット

¥319

楽天市場で購入
縦置きでも横置きでも冷蔵庫に収納可能な冷水ポットです。蓋にティーバッグホルダーが内蔵されているので、便利ですね。1.8ℓと大容量なので、お子さまのいるご家庭にもおすすめです。

携帯にも便利な水筒型

携帯にも便利な水筒型

出典:楽天市場

冷水筒 コップ付クーラーS( ピッチャー 水差し )

¥468

楽天市場で購入
業務用としても長く愛されているロングセラー商品。水筒型になっていますので、携帯もできます。容量は600ml。

シックなデザインでテーブルにもOK

シックなデザインでテーブルにもOK

出典:楽天市場

【送料無料】kinto plug ウォータージャグ冷蔵庫のポケットに収納可能。横置き可能な冷水筒【あす楽】【当店 おすす

¥1944

楽天市場で購入
シンプルな造りで使いやすく、ハンドル部分も持ちやすい冷水ボトル。カフェで見かける冷水ボトルのようなシックなデザインなので、そのままテーブルに出してもはずかしくないですね。冷蔵庫のドアポケットにもスマートに収納できます。

耐熱ガラスなのでホットにも

耐熱ガラスなのでホットにも

出典:楽天市場

ハリオ 茶茶急須 丸 700ml CHJMN-70T

¥945

楽天市場で購入
ころんとした丸いフォルムがかわいらしい、ガラスの急須。耐熱ガラス製なので、茶こしを取り外して電子レンジで加熱することもできます。緑茶や紅茶、中国茶、ハーブティーなど、さまざまなお茶をホットでもアイスでも楽しめる逸品です。

「かぶせ茶」をつかってさらに甘く

氷出し緑茶の特徴は、甘み。はじめて飲むと「こんなに甘いの!」とびっくりするほどなんだとか。特に上級のかぶせ茶を使うと、渋みの少ないおいしいお茶になるんです。

かぶせ茶とは、ワラや寒冷紗(かんれいしゃ)という遮光ネットなどで1週間前後茶園を覆っい、陽の光をさえぎって育てたお茶のこと。日光をあてずに新芽を育てるので、茶葉の緑色が濃くなって、渋味が少なくうまみを多くふくむ茶葉に育つんです。

玉露も同じように、日光をさえぎって栽培されますが、その期間が20日ほどと、かぶせ茶よりも長いんですよ。

かぶせ茶の購入はこちらから

かぶせ茶の購入はこちらから

出典:楽天市場

【送料164円〜】荒茶 伊勢茶 工場でできたまんまのかぶせ茶100g 茶 緑茶 日本茶 かぶせ茶 お茶 茶葉 三重県産 

¥515

楽天市場で購入
かぶせ茶の購入はこちらから

出典:楽天市場

伊勢銘茶・うま味芯茶【青福】 100g メール便(DM便)送料無料(am10)05P01May16 P06May16

¥530

楽天市場で購入
かぶせ茶は高級なため少々お値段もはりますが、まずはお試しとして、お手頃に買えるこちらの商品から購入してみるのも良いのではないでしょうか?あまり知られていないかもしれませんが、三重県はお茶の生産量が全国第3位で、かぶせ茶の生産もさかんです。三重県をおとずれる際のお土産候補にも入れたいですね。
緑茶は、ご存じのとおり"カテキン"も豊富で体にいい飲み物であり、海外でも注目されています。せっかくですから、うまみを存分に感じられるおいしい淹れ方で、じっくりとお茶を味わってみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

サムギョプサル 京都 ランチ 韓国料理 まとめ

男性にも女性にも大人気の韓国料理「サムギョプサル」。雅やかな印象の京都ですが、京都にも絶品サムギョプサルが食べられる人気のお店があるんですよ!今回は京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしいサムギョプサルが食べら…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

宇都宮 ランチ カフェ まとめ

栃木県の中心地・宇都宮には、おいしいランチが食べられるお店がたくさんあります。ここでは数多くのお店の中から宇都宮でおすすめの人気ランチ店をご紹介!おしゃれなカフェランチから個室でゆっくりくつろげるランチまで、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

スイーツ レシピ ホットケーキミックス シフォンケーキ まとめ

春もいよいよ本番。あたたかい時間に紅茶を使ったスイーツなんていかがでしょう?さくっと作って極楽ティータイム♪お休みの日に楽しんでいただきたい、そんな紅茶スイーツレシピを集めてみました。

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

コーヒー

コーヒーをもっと楽しむための知識やテクニックを、コーヒーのプロがご紹介する連載。今回は、ますます暑さを増すこれからの季節にぴったりな、アイスコーヒーの作り方をご紹介します。ひと手間加えるだけで、お店のようなお…

「リアル桃尻」をご存じでしょうか。『ZIP!』でも取り上げられた、赤ちゃんと桃を重ね合わせて撮る写真なのですが、これがかわいすぎると注目を集めています。小さいお子さまがいる方は絶対撮りたくなる本当にキュートな…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る