ローディング中

Loading...

西洋野菜のチコリを知っていますか。舟のような形の芽を器に見立てて、前菜をのせて楽しむ人が増えています。普段何気なく使っている野菜も、その生い立ちを知るとさらに興味が増すはず。今回は、チコリの魅力とチコリを活用したメニューをご紹介します!

「チコリボート」で人気な西洋野菜

西洋野菜のチコリを知っていますか?フレンチレストランで食べたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。最近ではスーパーマーケットでも販売されるようになり、身近な西洋野菜のひとつとなりました。

重なり合った芽を一枚ずつはがせば、ひと口サイズの前菜をのせるのにちょうど良く、「チコリボート」の名で、おしゃれな食卓を彩るメニューとして親しまれています。

今回は、知っているようで知らないチコリの特徴と、チコリを活用したレシピをご紹介します!

チコリの正体を知っていますか?

わたしたちが食べているのは芽の部分

普段わたしたちが口にしているチコリは、チコリの芽の部分であると知っていますか。チコリの部位について、その栽培方法からご説明します。

チコリ栽培では、まず畑で「チコリ芋」と呼ばれる種芋を育てます。チコリ芋が地中で大きく育つと、葉を切り落として暗室で栽培されるようになります。栽培開始から約8日ほどで黄色いやわらかな芽をつけます。この芽が、「チコリ」と呼ばれている部分ですね。さらに約21日ほど経つとチコリ芋から切り離して出荷されます。

1年分のチコリ芋をまとめて栽培、冷凍保存することで、年間を通してチコリを生産し続けることができるんだとか。

青色の美しい花を咲かせる

チコリの主な原産地はヨーロッパです。日本国内では、岐阜県中津川の「ちこり村」という農園で主に栽培・生産されています。購入する際に、国産のものを選べるのはうれしいですよね。

チコリはキク科のキクニガナ属の多年草で、5月〜6月頃、高さ100センチ〜150センチほどの背丈まで伸び、キクの花びらのような形をした薄い青色の花を咲かせます。次々と花が咲き、そしてアサガオのように夜になると閉じる一日花です。サラダなどにそえて野菜と一緒に食べられる、エディブルフラワーとしても親しまれています。

風通しが良く、日の当たる場所を好んで成長し、こぼれた種からも発芽する、とても元気な植物です。

血糖値の上昇をおさえる効果も!

チコリの葉や根、芽の部分には独特の苦味がありますが、その苦味の成分“イヌリン”には、血糖値の上昇をおさえる効果が期待できるそうです。また食物繊維も豊富なので、むくみ改善、便通改善、また消炎作用などもあるんだとか。

根はコーヒーや焼酎にも変身

チコリは芽だけでなく花、根までムダなく活用できる野菜で、コーヒーやお茶、焼酎など、さまざまな飲み物に加工されています。根を刻み、炒って飲むコーヒーは、香ばしくマイルドな味わいなんだとか。ノンカフェインなので、夜眠る前にも飲めますね。

デトックス効果が高く、整腸作用が期待できるのもうれしいところ。チコリコーヒーはamazonなどでも購入できるので、よろしければチェックしてみてください。
http://macaro-ni.jp/28739

出典:www.amazon.co.jp

日本珈琲貿易 ルルー インスタントチコリ100g

¥540

Amazonで購入

チコリのおいしい食べ方

日本では、チコリの芽を一枚一枚はがし、チーズやハムなどをのせてオードブルとして楽しまれることが多いですよね。爽やかなほろ苦さや香り、食感を楽しむことができます。

ヨーロッパでは、刻んでサラダに加えたり、ソテーしてお肉料理やお魚料理のつけあわせに、またグラタンやリゾットなどにも使われているそうです。チコリのほろ苦さを、さまざまなメニューのアクセントとして取り入れたいですね。チコリを活用したレシピをご紹介します!

りんごとチコリとチーズのサラダ

りんごの爽やかな酸味とチコリのほのかな苦み、チーズのコクがマッチ!ドレッシングにはオリーブオイルをベースに、ヨーグルト、りんご酢、はちみつなど、美容にうれしい食材がたっぷりです。シャキシャキとしたりんご、さっくりと歯ざわりの良いチコリ、カリッと香ばしいアーモンドなど、さまざまな食感を楽しめるサラダです。

チコリのグラタン

チコリの原産国のひとつベルギーでは、チコリに生ハムを巻きつけて、グラタンの具として使うそうです。こちらのレシピでは、チコリとネギに少し焼き目をつけるのがポイント。チコリのほろ苦さが、濃厚でまろやかなホワイトソースやチーズとマッチした大人味のグラタンです。

チコリのリゾット

チコリを活用して、イタリアの伝統料理であるリゾットを再現したレシピです。アルデンテに炊き上げたご飯の食感に、チコリのほろ苦い風味、赤ワインの芳醇な香りが加わった本格的なひと品です。誕生日や記念日におうちで作るフルコースに取り入れたいですね。赤いチコリを使うと、ぐっとシックな印象になります。
チコリは料理や飲み物など、さまざまなメニューに活用されているんですね。チコリの栽培方法や、本場ヨーロッパでの調理法を知ると、レシピの幅がどんどん広がっていきます。ぜひ、いろいろなメニューにチャレンジしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バター レシピ

さまざまな輸入食品を扱うセレクトショップ「カルディ」。中でも「たらこスプレッド」というたらこを贅沢に使ったバターが爆発的に売れているのをご存知でしょうか?今回は、「たらこスプレッド」を使った時短×…

お弁当 レシピ オムライス

なんと、スティックタイプのオムライスが登場! とろ〜りあふれ出すチーズがたまらない「スティックオムライス」のレシピをご紹介します。食べ応えも抜群で、食卓の定番とも言えるオムライスを、いつもと違ったスタイルで楽…

タコライス エスニック レシピ まとめ

おしゃれで作るのも難しくないタコライス。でも、一緒に食べる献立に悩んだことはありませんか?今回はタコライスに合うスープや副菜、サラダ、揚げ物、焼き物などをレシピ付きでまとめてご紹介します!ぜひ参考にしてくださ…

レシピ キムチ まとめ

ごはんのお供として日本人に長年愛されている「納豆」。パラパラのチャーハンにして食べると、また違った食感や発見がありますよね。今回は、納豆チャーハンの厳選レシピを紹介します。和風はもちろん、ピリ辛キムチや洋風な…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

フルーツ ケーキ スイーツ おしゃれ レシピ まとめ

ケーキ型に果物を並べ、小麦粉や卵・砂糖など混ぜた生地を入れて焼く「アップサイドダウンケーキ」。発祥は古く植民地時代のアメリカなんだとか。簡単にできて華やかなのであなたもぜひ作ってみませんか?レシピとアレンジア…

チョコレート バナナ スイーツ

ファミリーマートから新感覚のスイーツ「チョコバナナ大福」が発売されて人気になっています。チョコレートクリームを餅生地で包み、中心にはバナナが入った大福です。さらに大福の餅生地にはザクザクとした食感のチョコクラ…

myan3

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スー...