ローディング中

Loading...

ピクニックや山登りをするのに心地良い季節。「竹皮」に包んだ和なお弁当を持ってお出かけしませんか?今回は竹皮初心者にもわかりやすい使い方や、アレンジ方法をご紹介します。ただのおにぎりも竹皮で包めば、特別な和弁当に早変わりしますよ♩

流行の和弁当によくなじむ「竹皮」

木々が芽吹きはじめ、心地よい風が吹く新緑の季節。おにぎりやお弁当を持って、ピクニックや山登りへ行きたくなりますよね。でも、いつもとは少し違った食事の時間を演出してみたい、そんなときにぴったりなのが「竹皮」です。

竹皮は抗菌性、通気性、吸湿性をもち、古くから食べものの包装手段として重宝されてきました。その実用性もさることながら、おにぎりのみでも竹皮で包むだけで、アッという間に風格ある和のお弁当になるのが魅力。

最近ではわっぱ弁当や竹かごにつづき、人気をあつめているそうですよ。

でも「竹皮ってなに?」「使い方がわからない」「どうやって包むの?なんだか難しそう」なんていう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は竹皮の使い方、アレンジ方法をご紹介します。

4ステップ!竹皮の使い方

1. 竹皮を水で戻す

そのままの竹皮はパリっとしていて、折り曲げたら破れてしまいそうな状態なので、最初に水で戻しておく必要があります。バットやボウルなどに水をたっぷりはり、浮かないように重しを乗せて1時間から2時間ほど浸しておきましょう。

まだ慣れないうちは、必要な枚数だけではなく1枚ほど余分に戻しておくのがおすすめ。

水で戻した竹皮は、驚くほどしなやかで柔らかくなっていますよ。

2. 竹ひもをつくる

水で戻したら、包んで結ぶための竹ひもの準備。竹皮の外側の両端5~10mmくらいに切りこみをいれ、そこから繊維に沿ってスーッと割くだけで簡単につくれます。

くるんっと丸まり、ひも状になった竹皮は頑丈なので、途中で細くなったり切れてしまったりする心配もありません。

3. 包む

竹ひもを準備したら、いよいよおにぎりを包みます。

といっても手順はとても簡単!ひろげた竹皮の中心におにぎり2個くらいとおかずや漬けものを少しのせて、左右からおりこみ竹ひもで結ぶだけ。
このとき上手に包むコツとしては、おにぎりを置いたときの両はしとおにぎりの高さの位置に、あらかじめ折り目をつけておくこと。

折り目をつけて癖づけしておくことで、きれいに包むことができるのです。ぜひためしてみてくださいね。

4. 結ぶ

最後に竹皮のひもでしばって完成です。ひもが長く端が余る場合は、結んでから切り取りとってしまいましょう。

以上、簡単なステップで使えることがおわかりいただけたと思います。

おにぎりとおかずをのせて包むだけなのでとても楽ですし、ごはんをしっとりと保つ効果もあるそう。それでいて見た目はインパクトがあるので、ランチに持っていけば周りの注目をひくかもしれませんね。

竹皮弁当をもって、外におでかけしよう

山登りにぴったり

山登りのときは、どうしてもお弁当がリュックのなかでゆれてしまうので、中身が片寄ってしまいがち。さらに、なるべく身軽にしておきたいので、お弁当も軽くできればうれしいですよね。

そんなとき、竹皮できちんとまとめたおにぎりなら中身が片寄ったりくずれたりすることもなく、食べ終わったあとは小さく折りたためるので、帰りに荷物がかさばることもありません。

そしてなんといっても山の景色との相性が抜群!自然のなかで腰かけて、竹皮をひろげておにぎりを頬張れば、日本むかしばなしの世界にトリップしたかのような気分を味わえるはずです。

キャンプにも和のアクセントを

洋食の印象が強いキャンプですが、竹皮で包んだおにぎりや食材を持ち込むだけで、和の情緒をもたらしてくれます。ただのおしゃれキャンプは飽きたという方にも、ぜひおすすめです!

ピクニックやお花見に

竹皮弁当をもって公園にお出かけすれば、それだけで特別な休日に。

手間はほとんど変わらないのにラップやアルミホイルで包んだものよりも格段に見栄えがよくなるのが竹皮の素晴らしいところ。「おかずをつくるのは面倒だけど、手が込んでいるように見えるお弁当を持っていきたい」というときにも最適!

包むだけじゃない!多様なアレンジ方法

お皿の代わりに

竹皮の扱いに慣れたら、さらに別のアレンジを楽しんでみましょう。

まずは、自宅で竹皮をお皿の代わりにしてみるのがおすすめです。おにぎりをのせているだけにもかかわらず、様になってしまうから不思議。お子さんもいつもと違う雰囲気に食欲がわいて、モリモリ食べてくれそうですね!

ほかの竹製品と組み合わせて

いま流行の竹かごとの組み合わせ。

汁気の多いものやタレがついているものなど竹かごに直接詰められないようなおかずも、竹皮を中敷きにすることで詰められますし、通気性を保ちつつ風情のあるお弁当に仕上げることができますよ。
竹ざるとの組み合わせは、おうちごはんの時間を贅沢に演出し、まるで格式ある旅館での料理かのように見せてくれます。また季節の花や木枝をちょっと添えれば、それだけで上質なテーブルコーディネートが完成しますよ。

使い捨てパックに敷いて

なんだか味気のない使い捨てパックも竹皮を敷けば、それだけですてきな和の雰囲気のお弁当に。「どんなときでもおしゃれにこだわりたい」そんな女性ごころをくすぐるアレンジです。

また、使い捨てパックにありがちな液もれを竹皮の吸湿性により防ぐ効果も。

さらにこちらのお弁当のように、洋食に合わせてみてもよいですね。竹皮の渋い色合いのまだら模様がオムライスの黄と赤のコントラストをさらに引き立て、和カフェのランチプレートのような見栄えになります。

竹皮をあなたの暮らしに取り入れてみて♩

古くから日本人に馴染みのある竹皮をつかえば、日々に和を感じるていねいな時間が訪れそうですよね。ご興味のある方はAmazonで購入できるので、ぜひチェックしてみてください。使い方をマスターして、あなたならではのアレンジを楽しんでみませんか?
竹皮をあなたの暮らしに取り入れてみて♩

出典:www.amazon.co.jp

天然竹皮 7枚入り Q-500

¥160

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ お弁当

ハムとチーズで作るハート型のハムチーズ。お弁当やサラダなどのトッピングに使えば、華やかになること間違いなし!そんなハムチーズの作り方をご紹介します。とっても簡単なレシピなので、ぜひトライしてみてください♩

お弁当 レシピ

お弁当を華やかに彩る、飾り切りゆで卵から、あらたに「シェルゆで卵」というものが注目を集めているんです!今回は、キュートでポップな「シェルゆで卵」の作り方から、ほかのアイデアゆで卵のレシピまでご紹介します。

お弁当 レシピ

タコやカニなど、お弁当の定番となっているウインナーの飾り切り。そこにこの夏は「金魚ウインナー」が仲間入り!蓋を開けたら、あれ?ご飯の上で金魚が泳いでる!夏にぴったりな「金魚ウインナー」の作り方やアレンジレシピ…

焼きそば

ユニークなフレーバーを生み出しては賛否両論を呼んでいる「一平ちゃん 夜店の焼そば」シリーズに、新たな仲間が加わりました!夏向けに開発されたというその味は、「すだちポン酢醤油味」。さわやかだという食べ心地を実食…

レシピ お弁当

毎日のお弁当に悩んだら、簡単なのにキュートに仕上がる「さくらんぼ弁当」はいかがでしょうか?基本のさくらんぼ弁当の作り方と、さくらんぼのアレンジレシピをご紹介いたします。ちょっとの工夫でいつものお弁当をよりかわ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食パン トースト まとめ

忙しい朝、マンネリになりがちな食パンもこんなふうにすればおいしく変身!驚くほど手軽に作れるレシピをご紹します。定番のものから、意外なものまで、食パンはなんでも合うんです。お気に入りのアレンジトーストが見つかれ…

レシピ まとめ

「しそ」の良い香りって食欲をそそりますよね♡でも、「しそ」には食欲をそそるだけではなく、身体によって良いものがたくさん含まれているんです。料理の添えに置かれていることが多い食材ですが、その「添え」にも意味があ…

チーズケーキ 豆腐 スイーツ レシピ ケーキ まとめ

カロリーは控えめなのに、意外にも濃厚な味わいが楽しめる「豆腐チーズケーキ」。今回はその色々なレシピをまとめています。ベイクドタイプやレアチーズケーキ、抹茶やチョコレートを使用したものなどバラエティにとんだメニ…

サンドイッチ レシピ スイーツ まとめ

「生クリームサンド」がテレビで紹介されて話題になっているようです。スイーツパン・おやつパンとして最適な濃厚クリームが味わえる生クリームサンドを食べてみたいですよね♪では自宅で手作りしてみましょう!レシピを紹介…

豆腐 レシピ まとめ サラダ

豆腐は、日本人のわたしたちにとって切っても切り離せない食べ物です。とくに夏は、豆腐を使って簡単に作れる「豆腐サラダ」のレシピが人気ですよね。そこで今回は、そんな豆腐サラダのおすすめレシピをご紹介。この夏をさっ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

アメリカ ニューヨーク おしゃれ

今、NYで働く女性の間で人気を博している「ブルーエプロン」というサービスがあります。日本にも食材宅配サービスは色々ありますが、何がウケているのか…そのポイントは①厳選食材②オリジナルレシピ③計量済みの食材、の…

カニ 新橋

かに地獄名物は”競り”が行われること!TVでも紹介されるほど話題で、ありえない価格で絶品をゲットできるそうです。冬はかに鍋も登場し、心ゆくまでカニを楽しめるとか♪

はるもち

おいしいものに命をかける、自称グルメライター。 25歳独身女性、...

ページTOPに戻る