ローディング中

Loading...

最近、ワインを扱うおそば屋さんが少しずつ増えています。そばとワインなんて合うの?と疑問に思ったそこのあなた!実は相性抜群なんです。天ぷらそばに白ワイン、鴨せいろに赤ワインの組み合わせは癖になりますよ。都内のオススメの3軒をご紹介します!

1.西荻窪「吉」

JR西荻窪の南口。改札口からすぐの小さな飲食店が密集する地帯の中にある「吉(きち)」。手打ちのそば屋さんも同じエリアに数軒あり、ワインバーもある。その中で、そばとワインを一緒に提供するユニークな存在です。
一般的なお蕎麦屋さんのイメージとは違い、スタイリッシュな洋風エクステリアが目を引きます。
「吉」では国内外の自然派ワインを提供。その時々の仕入れによってアイテムは変わります。料理も旬の素材を使い、何度訪問しても日替わりのワインや季節メニューの料理でお客を飽きさせません。また、こだわりの純米酒も用意されています。

魅惑の「そば前」

おそばをいただく前のお酒や前菜を「そば前」と言います。昔からおそば屋さんはお酒を楽しむ社交場。現代の居酒屋さん代わりでした。その伝統は今も引き継がれています。同じ麺類でもうどん屋さんやラーメン屋さんでは、そうそう長居はできません。

現代では日本酒は勿論、ワインも楽しめるようになりました。男性のみならず、女性も楽しめるファクターが増えました。
魅惑の「そば前」

酒盗クリームチーズ

「酒盗クリームチーズ」は、盗んでも飲みたくなると言われるほどお酒が進む鰹の塩辛をクリームチーズと一緒にいただきます。ワインにぴったりですね。
魅惑の「そば前」

鴨焼き

おそば屋さんでお馴染みの鴨肉を熱々に焼いて提供される「鴨焼」。味付けは蕎麦つゆに使う返しを使用。洋食に使うクレソンをあしらうのがこのお店流です。

優しい自然派ワインが貴方を待っています!

優しい自然派ワインが貴方を待っています!

四恩醸造「クレマチス」

ワインはフランス産の自然派が多いのですが、日本ワインの用意もあります。

山梨県に在る四恩醸造さんの「クレマチス」。爽やかなロゼで、和食にも合うテーブルワインです。
優しい自然派ワインが貴方を待っています!

シャトー・エグイユ「ボン・ペシェ」

ぶどう品種のカリニャン50%、グルナッシュ30%、シラー20%をバランス良くブレンドしたフランス産の「ボン・ペシェ」。
フレッシュな果実味と柔らかなタンニン。ほど良いスパイシーさ。飲み応えもあって鴨肉などに最適です。

選べる2種類のそば

選べる2種類のそば

せいろ(微粉)

そばは、つるつるの微粉とザラザラの粗挽きの2種類から選べます。上の写真は、細かく挽いた微粉のせいろです。
選べる2種類のそば

アップ

細切りで手打ちなのに繋がりが良く、艶やか。よく噛めば、口中に甘味が沸き上がってきます。
選べる2種類のそば

すだちそば

夏季限定の「すだちそば」は、なんとも爽やかな一品です。

ワインや日本酒に合うおつまみも多彩。ゆっくりとそば前が楽しめて、締めにおいしい手打ちのそばも味わえる。ぶらりと気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気。あなたも是非、楽しまれてはいかがでしょうか?
【店舗情報】
住所:東京都杉並区西荻南3-10-3
営業時間:水~月18:00~23:00、日曜営業
定休日:火曜日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13163144/
*店内は完全禁煙です。

2.「築地さらしなの里」

築地に明治32年創業の老舗「築地さらしなの里」。そば屋さんの名門「更科」の系統のお店で、テレビ番組でも度々取り上げられている名店です。
昭和52年に出前をやめ、完全手打ちに切り替えました。現当主は4代目の赤塚滋行氏。ワインを置くなど革新的な経営に取り組んでいます。
アクセスは地下鉄日比谷線築地駅から徒歩1分、有楽町線新富町駅から徒歩3分と便利な立地です。 
店内はそば屋さんらしい落ち着いた和のテイスト。1階は禁煙、2階は喫煙可となっており、宴会用のお座敷コーナーもあります。

日本ワインが楽しめる

日本ワインが楽しめる

丸藤葡萄酒工業「ルバイヤート」

日本酒は各種の地酒のほか、焼酎、そして日本ワインが用意されています。今はまだ、ワインを置くそば屋さんは少ないですが、ワインに合う食材は意外と多いのです。このお店は築地市場に近い場所柄、そば屋さんとしては珍しく新鮮な刺身や魚介類も出すので、白ワインが好適。
いただいたのは、山梨県にある丸藤葡萄酒工業の「ルバイヤート」。
甲州種を使ったシュール・リー製法。瓶詰直前まで澱引きをしない製法で、厚みのある味わいが特徴。すっきりとした辛口で、和食全般によく合います。

ちょっと珍しい「銀宝」に舌つづみ

ちょっと珍しい「銀宝」に舌つづみ

銀宝天

銀宝(ぎんぽう)とは今や貴重な白身魚の王様。まるで天ぷらになるために生まれてきたような魚で、煮ても焼いてもおいしくありません。それが天ぷらにすると身がふっくらとして、鱚(きす)や穴子と比べて弾力がある独特な食感と風味が楽しめます。

都内のそば屋さんでも銀宝を出す店は多くありません。さすがは築地市場に近いロケーションです。
ちょっと珍しい「銀宝」に舌つづみ

鳥わさ

「鳥わさ」は生の鶏肉の表面だけをさっと湯引きしたもの。鶏肉はそば屋さんの材料としてはポピュラーですが、新鮮でなくては鳥わさは出せません。

魚介類をはじめとして多彩な料理と4種類のおそば。手打ちのうどんもあり、冬場は鴨鍋もいただけます。宴会メニューも各種用意されています。

そばは、常に4種類を用意!

そばは、常に4種類を用意!

桜葉切り

「築地さらしなの里」では驚くことに、常に4種類のそばを打ち分けています。
1.手打ちのニ八そば(つなぎ2割)
2.そばの実の中心部を使った真っ白な、さらしなそば
3.季節の素材をさらしなの生地に練り込んだ変わりそば
4.つなぎを入れないそば粉十割の生粉打ち

それぞれに特徴があり、どれを選ぼうか迷うのも楽しいです。
桜の季節は桜の葉をさらしなの生地に練り込んだ「桜葉切り」を。爽やかな桜の香りが漂います。
透明感のある艶やかなそば。そばをつなぐ障害になる桜葉を練り込んでも見事な仕上がり具合で、桜の香りが素敵でした。
【店舗情報】
住所:東京都中央区築地3-3-9
TEL:03-3541-7343
営業時間:月~金11:00~21:45、土11:00~15:00
定休日:日曜・祝日(祝日営業の場合あり)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002326/
公式サイト:http://www.sarashinanosato.com/index.html

3.巣鴨「手打ちそば 菊谷」

以前は練馬区の石神井公園に店を構えていましたが、2011年に実家を改装して巣鴨に移転開業した「手打ちそば 菊谷」。
石臼挽きの自家製粉の手打ちそばを提供する名店です。しかも店主は利き酒師の資格を持ち、日本酒に対するこだわりは相当なもの。移転後は、酒の卸店から勧められて日本ワインを置くようになりました。
「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨の地蔵通りに現在の店舗はあります。木製の看板は石神井公園時代からのものを移設。
多くのそば好きに支持されているこのお店は、既にある種の風格を漂わせています。店先では、「手打ち蕎麦」の文字が誇らしげに風にはためいています。

秀逸な日本酒が揃う

秀逸な日本酒が揃う

四季桜

栃木県の足利に「一茶庵」という有名なお店があり、系列のお店では同じ栃木産の「四季桜」を置いていることが多いのですが、こちらのお店でも定番になっています。

写真の「はつはな」は特別純米酒。純米酒の中でも精米歩合が60%以下に磨いたお酒を特別純米酒と称します。酒米は精米歩合が高いほど雑味が少なく、香り高いお酒になるとされています。
秀逸な日本酒が揃う

四恩醸造

酒販卸店の関係で、一般には流通していないような入手困難な日本ワインが揃うのも「菊谷」の魅力。写真は、山梨の四恩醸造さんの「クレマチス」ロゼワインです。
秀逸な日本酒が揃う

チーズの返し漬け

そば前には「チーズの返し漬け」を。返しとは、そばつゆに使うだし汁と合わせる醤油だれのことです。

季節ごとに産地も品種も変わるそば

季節ごとに産地も品種も変わるそば

丸岡在来種

このお店はその時々でそばの産地を変え、挽き方を工夫してその可能性を広げています。
写真のそばは、福井県の丸岡在来種。在来種とは品種改良されていない、地元に古くから自生する品種です。在来種は粒が小さかったり、風で倒伏しやすかったりと農家泣かせではあるものの、野趣あふれる味わいが魅力。
手打ちでありながら繋がり具合には全く破たんがなく、見た目も艶やかでのど越しが良いシャープに角が立ったそば。見事です。

2種類のそばの食べ比べができる「利きそば」もあります。そばの産地や挽き方、つなぎの配合はその時々で変わるので、ぜひお店で聞いてみてくださいね。
【店舗情報】
住所:東京都豊島区巣鴨4-14-15
TEL: 03-3918-3462
営業時間:[火~金]12:00~15:00(L.O.14:30)、18:30~21:00(L.O.20:30)[土・日・祝]12:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~19:30(L.O.19:00)
定休日:月曜(祝日の場合でも休業/4のつく日は営業し、翌週月曜日・火曜日が連休に)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13127598/
公式サイト:http://www.sarashinanosato.com/index.html
おそば屋さんの料理にワインを合わせることによって、食の楽しみが広がります。あなたも試してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ワイン ぶどう

アサヒビールが大々的に発売を発表した新作国産ワイン「サントネージュ 摘みたての贅沢」。豊かな果実感にこだわったという味と香りは、デイリーワインの常識を大きく覆すものでした!今回は、大注目のこの商品の詳細をレポ…

ワイン

料理に使おうと思ったら白ワインがない……そんなとき、ちょうどいい代用品があればいいと思いませんか?新しいものを開けても使いきれないし、他のもので代用できたら重宝しますよね。今回は白ワインの代用品や、代用おすす…

カクテル ワイン

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

カクテル ワイン

ワインだけでもおいしいのに更にカシスを加えた贅沢なカクテル、キール。お宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。ワインをベースにしたカクテルはキール以外も様々あります。アルコール度数低めの飲みやすく女性に人気の…

築地 日本茶 お茶 お土産

お茶の知識がなくたって大丈夫。築地「うおがし銘茶」さんなら誰もがおいしい日本茶を味わえます。プレゼントにしたいおしゃれなパッケージの日本茶たちは、見ているだけでもとっても楽しい♩お店で開催されているお茶教室の…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レストラン おしゃれ まとめ

冬はウィンタースポーツ、夏は避暑地として有名な那須。那須にはおしゃれでおいしい、人気のレストランもたくさんあります。今回は、那須へ来たらぜひとも立ち寄ってほしいイチ押しのレストランを厳選してご紹介します。皆さ…

恵比寿 蕎麦 日本酒 ランチ そば まとめ

恵比寿に“蕎麦&Sake”なバル「創作蕎麦料理と日本酒 風鈴屋 (フウリンヤ)」がOPEN!50種を超える日本酒とこだわりの蕎麦料理を楽しむ粋な大人空間。

デート 横浜 レストラン 創作料理 まとめ

横浜みなとみらいエリアは、友人や恋人とお出かけをするのにぴったりの場所。今回は夜景を楽しめるレストランで、特におすすめのお店を8店舗厳選しています。美しい夜景とおいしいお食事は、大切な人とのシチュエーションに…

日本酒 東京 居酒屋 まとめ

東京でおいしい日本酒が楽しめるお店の中から、日本酒きき酒師が厳選したおすすめの専門店10店舗をご紹介!種類豊富なお店からリーズナブルなお店まで、日本酒好きなら知っておきたい名店リストです!日本酒好きの方はぜひ…

東京 居酒屋 まとめ

お酒を飲むならもちろん、安く済むに越したことはないですよね。そんな時に飲兵衛の味方になるのが「せんべろ」!1000円以下でベロベロに酔えちゃうありがたいお店です。今回は都内にある「せんべろ」な酒場を10店ご紹…

カフェ バー デート 女子会 まったり まとめ

カフェでランチやティータイムも良いですが、夜にデートや女子会、一人の時間を過ごすのにも良いですよね。今回は、都内の夜まで開いてるお洒落なカフェご紹介します♪中でも、ちょっとノスタルジックな異空間カフェをピック…

サンドイッチ まとめ

映画「シェフ」に登場してめちゃくちゃ美味しそう!と話題になりつつあるキューバサンドイッチ。さて、東京で食べるにはどこに行けばいいんだろう?と困ってしまう方のために、絶品キューバサンドイッチを提供しているお店を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ メイソンジャー キムチ 韓国料理

メイソンジャーはアメリカではピクルスを保存する容器としても広く使われています。ピクルス=漬物、それならキムチも出来るかも?と発案された「メイソンジャー」で作るキムチのレシピです。手作りキムチが意外と手軽に出来…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る