ローディング中

Loading...

提供:株式会社ユーグレナ

藻を摂る生活「藻活(もかつ)」が新たなトレンドとして注目を集めています。それは、2種類の食物繊維のバランスを整えるために、「藻(も)」が役立つから。おなじみのワカメや海苔から、最新のユーグレナまで、「藻活」についてご紹介します!

いま、「藻活(もかつ)」がブームの兆し

私たちの食卓になじみ深い食材のひとつに、ワカメや海苔などの「藻」があります。日本では、藻は古くから食生活を支えてきました。

そして今、藻にあらためて注目が集まっており、藻を積極的に食事に取り入れる「藻活」が登場しています。

では、私たちにとってうれしい「藻」の特徴は?また、「藻活」はどうやって始めたらいいの? 今回は、ブームの兆しが見える「藻活」にスポットを当てます。

「藻活」で食物繊維のバランスを整える

ここで「藻活」のカギとなる食物繊維について詳しく触れましょう。

食物繊維は“第六の栄養素”ともいわれ、健康を維持するうえで欠かせません。その食物繊維には大きく分けて「水溶性」と「非水溶性(不溶性)」の2種類があります。食生活で「栄養バランス」が重視されるように、食物繊維についても「水溶性と非水溶性のバランス」が大切だといわれているんです。

普段の食事のなかで、生野菜を食べることを心がけている方も多いと思います。

例えばレタスやキャベツなどには、「非水溶性」の食物繊維が多く含まれています。これは文字通り水に溶けにくく、水分を吸収してかさが増すとされています。いわゆる「繊維質」と呼ばれるものですが、こればかりにかたよった食生活になっていませんか?

そこで、もう一方の「水溶性」に注目してみましょう。特徴としては、水に溶けるとゲル状に変わり、脂質が吸着するといわれています。「水溶性」を含む代表例がワカメやコンブといった「藻」の仲間。いわゆるネバネバ・ヌルヌルの成分が「水溶性」なんです。

普段から「藻活」を実践していると、「水溶性」も摂取できて、食物繊維のバランスが整うんですよ。

水溶性と非水溶性の特徴を兼備するユーグレナ

こうした「藻活」にふさわしい「藻」として、ぜひ注目したいのが「ユーグレナ」(別名:ミドリムシ)です。学問的には「微細藻類」と称され、食用として利用が進むクロレラやスピルリナも、それに該当します。

ここで特筆したいのが、ユーグレナに含まれる「パラミロン」という食物繊維。食べ物のなかで、唯一、ユーグレナにしか存在しない“特有成分”です。

パラミロンのすごいところは、水に溶けにくい性質でありながら、余分な油分が吸着する特徴をもつ点。つまり、食物繊維の「非水溶性」と「水溶性」の両方の特徴を兼ね備えているんです。

その意味でユーグレナは、2種類のよいところを掛け合わせた「ハイブリッドな食物繊維」といえます。日頃から健康や美容が気になる人にとってうれしい素材、それがユーグレナなんです。

日本人は古くから「藻活」していた!?

じつをいうと、そもそも日本では「藻」を食べる歴史がとても古く、なんと、8世紀にまでさかのぼります。海苔が「税」(!)のひとつだったり、朝廷への献上品として昆布が送られた、という記録が8世紀の律令や書物に残されています。それほど日本人にとって、「藻」は貴重なものだったといえるんです。

また、日本人のように「藻」を食べる習慣は、世界的にも珍しいといわれています。

こうした食文化の影響もあるのか、日本人の腸内には、“「藻」を消化する腸内細菌”が住んでいるようです。近年、海外の研究で日本人とアメリカ人の腸内細菌を調べたところ、日本人から海藻の食物繊維を分解する酵素が発見されたそう。古くから「藻」を食べてきたからこそ、こうした機能が発達したのかもしれません。

「藻」の栄養分を消化する機能を長く受け継いできた日本人だからこそ、この機能を未来の人たちにも引き継ぎ、つなげていくために、いま「藻活」が大切になるんです。

今日からできる「藻活」実践法!

http://macaro-ni.jp/28184

ハニーズバー 恵比寿東口店

先に述べたように、日本人は古くから「藻」を摂る生活をしてきました。近年になり、バイオテクノロジーによってユーグレナが食卓に登場したことで、「藻」を摂るバリエーションが増えてきています。駅ナカのジューススタンド、ドリンク、お菓子など、さまざまな方法で「藻活」を実践できるんです。

フレッシュに藻活!『石垣産ユーグレナ×みやざきビタミンゴーヤー』

JR東日本の駅構内や改札にあるジューススタンド「ハニーズバー」で、4月末までの期間限定で販売しているドリンクです。

沖縄県石垣島で育った石垣産ユーグレナに、ゴーヤーをはじめマンゴー・りんご・レモンなどを合わせています。フルーツの甘みとゴーヤーの風味がうまくマッチした味わいです。

以前、期間限定で販売され好評だったため、再販売されることになりました。「藻活」は駅ナカでもできちゃうんです。4月30日(土)まで販売予定。まだ試されていない方はお早めに!

いつもそばに藻活!『石垣産ユーグレナ×ゴーヤー ~はちみつ仕立て~』

「ハニーズバー」とコラボしたカートカン(紙製飲料缶)飲料です。ジューススタンドの味わいを、いつでも、どこでも。手軽に「藻活」ができちゃいます。

3月28日(月)よりスーパー・コンビニエンスストアで販売が開始されており、今年秋ごろまで販売される予定です。

おしゃれに藻活!『アルジーバー』アップルシナモン味&黒ごま味

さまざまな栄養素をもつ藻(アルジー)のバータイプお菓子です。ともに「藻」であるユーグレナとクロレラをグラノーラに練り込み、バータイプに仕上がっています。

仕事や勉強の合間、移動中など、スマートに「藻活」しちゃいましょう。 アップルシナモン味、黒ごま味ともに、スーパー・コンビニエンスストアで購入できます。
遠い祖先が食べていた海藻から、最新のユーグレナまで、食物繊維をバランスよく・手軽に・おいしく摂るために、今日から「藻活」はじめませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

先日のスマステで紹介された「行列グルメ」が話題になっています。とんかつ専門店「成蔵」や海老フライ専門店「海老昌」など、どこも1時間以上の行列ができる人気店ばかり。いったいどんな料理を目当てに並んでいるのか、お…

まとめ おしゃれ 専門店

九段下にあるお粥専門店「ももがゆ家」は、おいしくて健康的なお粥が食べられると女子受け抜群の人気店。メニューもバラエティ豊富に取り揃えられているので、足繁く通うファンも多いみたいです。今日は気になるメニューの詳…

レシピ まとめ

万能ソースがあれば、アレンジがきいて「ごちそう」を演出できますよね。今回は、甘酢あんかけの基本の作り方から、活用レシピまで紹介します。お魚にも、お肉にも合い、たんぱくな素材にパンチを与えてくれるので、いつもの…

焼きそば レシピ まとめ

手軽にできておいしい焼きそば。一品でもお腹を満たしてくれますが、相性のいい付け合わせがあればより満足感が増します。今回は、スープやおかず、そして主食まで、焼きそばの付け合わせをレシピ付きで一挙ご紹介します!

ズッキーニ レシピ まとめ

近所のスーパーでも見かけるようになったズッキーニ。ズッキーニは生で食べられるのをご存じですか?キュウリに似てるけど、ラタトゥイユ以外の食べ方を知らない、という方も多いのでは?今回は、ズッキーニを生で食べる方法…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ スイーツ まとめ

レストランでお料理にかかっている、おいしいだけでなく見た目もおしゃれにしてくれる「ソース」。何気なく食べている人が多いと思いますが、みなさんはそのソースの名前をご存知でしょうか?このソース、実はお家でも作るこ…

鎌倉 パン屋 パン

鎌倉にあるパン屋さん「Miyuki PAN(みゆきぱん」は金土曜日のみの営業。そしてパンの種類もそこまで多いわけではないのですが店主さん方の優しい人柄、それに負けないくらい優しい味のパンが人気を集めています。

macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報...

http://macaro-ni.jp/