ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

赤い宝石とも呼ばれる初夏の味覚「さくらんぼ」。国産物の旬は5月下旬から7月中旬。旬の短い果実ですが、美容に嬉しい栄養がギュッと詰まっています!今回はさくらんぼの効能と、おもてなしにぴったりの簡単レシピを紹介します。

赤い宝石、初夏の「さくらんぼ」

さくらんぼは「桜桃」と呼ばれる、バラ科桜属の果樹になる真っ赤な果実。「赤い宝石」といわれるほど艶やかで美しいその果実は、初夏の味覚のひとつです。
黒海沿岸のヨーロッパ諸国や西南アジア諸国が原産とされており、日本には明治時代に伝わったと言われています。

国産さくらんぼの一大生産地は山形県。山形県の県木はさくらんぼ(桜桃)の木なんですよ。ほかにも青森県や山梨県でも少量ですが生産されています。甘くておいしいさくらんぼを作るためには、一日の寒暖差が大きい気候が適しているため、このように生産地が限定されています。

国内で多く流通する「佐藤錦」は上品な味わいが特徴的な山形県を代表するのさくらんぼの一種。大正時代に長年交配を繰り返して美味しい佐藤錦を作り上げた「佐藤栄助」さんという方の名前にちなんで命名されたんだとか。
さくらんぼのおいしい時期は5月後半から7月中旬。短い初夏の味覚を存分に味わいましょう。

さくらんぼの選び方と保存方法

皮にツヤと張りがあり色鮮やかなものがおいしいさくらんぼの証。
パックの底からもチェックして傷や黒ずみが少ないものを選びましょう。また、果実部分だけではなく軸もしっかりチェックを。しなびておらずキレイな緑色の軸を選ぶといいですよ。
さくらんぼは追熟しない果実のため、全体的にキレイに濃く色づいているものがまさに食べ頃です。

また、さくらんぼは収穫後、一気に鮮度が落ちてしまいます。購入後はすぐに食べきりましょう。
すぐに食べきれない場合は新聞紙やキッチンペーパーで包んで袋に入れ、冷暗所で保管を。低温に弱いため、冷蔵庫には食べる直前に入れるのがおすすめ。長時間冷蔵庫に入れてしまうと、実が締まりすぎてさくらんぼ本来のおいしさが失われてしまいます。

さくらんぼに含まれる栄養とは?

さくらんぼには、女性の美容と健康に役立つ栄養がたっぷり含まれています。インナービューティーの助けになる効能をいくつか紹介します。

疲労回復に
クエン酸、リンゴ酸、ブドウ糖、果糖をバランスよく含むさくらんぼは初夏の疲労回復にピッタリ!

貧血予防に
さくらんぼの鉄分含有量はは果物の中ではトップクラス。貧血が気になる方におすすめです。また、鉄の代謝をサポートする銅も多く含んでおり、赤血球の形成を助けます。

アンチエイジングに
さくらんぼの色素成分にはポリフェノールの一種で抗酸化作用が高いアントシアニンが多く含まれています。アントシアニンは細胞老化を防ぎ、アンチエイジングや美肌作り、生活習慣病予防に効果が期待されています。

紫外線対策に
さくらんぼには抗酸化作用の高いビタミンEが豊富に含まれています。初夏は紫外線量が急激に増加します。お肌のダメージをしっかりケアするためにもビタミンEを積極的に摂りまましょう。また、相乗効果のあるビタミンAやCも多く含まれているため、効率よく抗酸化力を上げることができます。

むくみ予防に
さくらんぼには細胞内のpHバランスを保ち、ナトリウムの排出をサポートするカリウムも豊富です。むくみや高血圧の予防に効果が期待されています。

妊活中・妊娠初期の方に
さくらんぼにはビタミンBの一種である葉酸も豊富。葉酸は細胞の新生をサポートし、胎児の神経系閉鎖障害を予防する重要な栄養素のため、妊活中の方や妊娠初期の方には特におすすめです。

【レシピ】さくらんぼとナタデココのデザートドリンク

材料(1人分)
さくらんぼ 5個
スライスレモン 3枚
ナタデココ 100g
炭酸水 250ml

作り方
1. さくらんぼはキレイに洗い軸を取り除く。レモンは薄くスライスする。
2. グラスの底にレモンを敷き、ナタデココを半量入れたらさくらんぼを3個入れ、残りのナタデココを入れる。
3. スライスレモンを2枚のせ、さくらんぼを2個トッピングする。
初夏にピッタリの爽やかなデザートドリンクが完成。レモンの酸味で後味スッキリ!
さくらんぼがキュートな演出をしてくれるドリンクは、初夏のおもてなしのウェルカムドリンクとしてもおすすめです。ビタミンCをたっぷり補給できるので美肌作りにも役立ちます。

【レシピ】さくらんぼとキュウリのスプーンディッシュ

材料(作りやすい分量)
さくらんぼ 6個
キュウリ 3㎝
アボカド 1/6個
レモン汁 少々

【A】
・白ワインビネガー 小さじ1
・EXヴァージンオリーブオイル 小さじ1
・塩 少々

作り方
1. アボカドは皮と種を除き、フォークの背で潰してレモン汁を加えペースト状にする。
2. さくらんぼは軸と種を除いて5mm角の粗みじん切りにする。キュウリも同じ大きさの粗みじん切りにする。
※飾り用のさくらんぼは切らずに取っておく。
3. ボウルに【A】を合わせてよく混ぜたら2を加えてよく和える。
4. スプーンに1を敷き詰め、その上に3をのせる。さくらんぼを1個ずつトッピングする。
カラフルで爽やかなスプーンディッシュが完成。ビネガーの風味は気温が上がる初夏にピッタリ。疲労回復効果もUPします。アボカドディップを合わせることで歯触りが良くなり、またスプーンから具材がこぼれにくくなります。カリウム豊富な食材どうしの組み合わせは、むくみが気になる時にピッタリ!

【レシピ】さくらんぼとグラノーラのミニパルフェ

材料(1人分)
さくらんぼ 5個
グラノーラ 大さじ2
お好みのクッキーやウエハースなど 1枚

【A】
・マスカルポーネ …大さじ2
・サワークリーム …大さじ2
・はちみつ …小さじ1/4

作り方
1.【A】をよく混ぜ合わせる。
2. グラスにグラノーラを入れ、1をのせる。
3. さくらんぼをトッピングし、お好みのクッキーやウエハースを添える。
あっという間に作れるミニパルフェ。グラノーラやサワークリームを使うことで、生クリームやスポンジ生地を使う一般的なパフェに比べてヘルシーに仕上げました。突然の来客時にも重宝するお手軽パフェです。食物繊維もたっぷり補給できます。よりヘルシーに仕上げたい場合は【A】を水切りヨーグルトに変えるといいですよ。

おわりに

いかがでしたか?

初夏の味覚「さくらんぼ」は、見た目もかわいく女性に嬉しい栄養がとっても豊富。そのまま食べるのはもちろん、見た目のかわいさを活かしたアレンジレシピも楽しめます。ご紹介したレシピはどれも簡単なうえ、初夏のおもてなしにもピッタリの華やかなものばかり。

旬の短いさくらんぼの酸味と甘みを楽しみつつ、カラダの中からキレイと元気を磨きましょう!

次回予告

次回は、初夏の味覚「アスパラ」を取り上げます。アスパラが大好きで、毎年この季節を心待ちにしている方も多いのでは!? どうぞお楽しみに。
(写真&スタイリング/國塩亜矢子)

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

おつまみ じゃがいも カレー レシピ ポテトサラダ

スイートポテトはお好きですか?素材の食感や素朴さはそのままに、甘みがプラスされたスイーツですよね。今回は、そんなスイートポテトの特徴をまねて、お酒に合うじゃがいもの「ミールポテト」を作ってみました。ぜひお試し…

スイーツ ケーキ クレープ

函館の人気パティスリー「アンジェリック ヴォヤージュ(Angelique Voyage)」。北海道の厳選食材を使用したスイーツは、地元の方だけでなく観光で訪れた方にも大人気です。今回は、注目のスイーツと通販で…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/