ローディング中

Loading...

高い健康・美容効果で大人気のスーパーフード「チアシード」。試している人も多いと思います。でも、間違った作り方を覚えてしまっている人、意外と少なくないかもしれません。今回は、チアシードの効果を実感するため、正しい作り方を再確認しましょう。

チアシード生活で健康を実感!

たんぱく質、ミネラル、ビタミン、食物繊維など、多彩な栄養を含む「チアシード」。海外セレブが愛用していることから、近年、日本でもチアシードの健康・美容効果に注目が集まっており、試している人も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

でも、意外と間違った作り方や使い方をしている人、少なくないようです。せっかくなら正しい方法を知って、効果をしっかりと実感したいですよね。

今回は、チアシードの作り方や使い方を中心にまとめました。

ダイエット効果で大人気!

チアシードとは、チアという植物の種で、この種を健康・美容目的に栽培している場合がほとんどです。さまざまな効果が期待されていますが、なかでもダイエットに活用している人が多くいらっしゃいます。なぜ、ダイエットに役立つのか、詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

チアシードの正しい作り方を知ろう

まさに「スーパーフード」という表現にふさわしい、栄養たっぷりの食品。ぜひ食生活に取り入れて、健康・美容のサポート役として活躍してもらいたいですよね。

しかしながら、間違った作り方、使い方をしていると、せっかくの効果も思うように実感できません。正しい作り方、使い方をきちんと理解して、チアシード生活を始めましょう。

水に戻す時間、意識してる?

チアシードは、水に浸けて食べる必要があります。「発芽毒」という体に悪影響を与えかねない毒を、無毒化しなければならないからです。そのためには、少なくとも12時間以上、水に戻してから食べるようにしてください。

さらに、水に浸してグルコマンナンという食物繊維を作り出すためにも、ゆっくり時間をかけて戻すほうがよいでしょう。

戻す水の温度、計ってる?

水の温度が高すぎると、発芽毒をしっかり抑えることができません。また、チアシードの健康・美容効果の核となるオメガ3脂肪酸は熱に弱いので、高い熱を加えると働きが失われてしまいます。そのため、水の温度は、10〜42℃の間で調整するとよいといわれています。

戻す水の量、どのくらい?

チアシードを水に戻す際、チアシードと水のバランスも大切です。厳密に決まりはないのですが、水の量が多すぎるとボテっとした仕上がりに、逆に少なすぎると、サラサラとした仕上がりになります。

理想とされているバランスは、チアシード1に対して、水が10。チアシード大さじ1が15㏄であれば、水は150㏄と考えてください。

菌の繁殖を防ぐ方法は?

特に暑い夏場の時期は、菌の繁殖が心配です。必ず事前に、煮沸消毒をしておきましょう。

まず、フタと瓶を洗剤でよく洗ったら、お鍋の底にすのこなどを敷きます。瓶が浸る程度の水を入れたら、瓶とフタを入れて火にかけて沸騰させ、2〜3分、煮沸してください。
チアシードの正しい作り方、使いかたを知れば、その優秀な健康・美容効果を存分に体感できるはず。ぜひ、上記の内容を参考にしてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

お菓子 和菓子

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックして…

コーヒーと輸入食品を取り扱うカルディコーヒーファームから、数量限定でオリジナルデザインの「ネコバッグ(保冷)」が発売!二匹のネコがトレードマークのフランスの紅茶ブランド「ジャンナッツ」のティーバッグやオリジナ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

ジャンバラヤ 海老 レシピ アメリカ

アメリカ南部の伝統的な炊き込みご飯「ジャンバラヤ」の本格レシピをご紹介します。フライパンを使うのが一般的ですが、炊飯器を使えば簡単に調理できるので、ぜひ試してみてくださいね。きっとハマっちゃいますよ♩

たこ焼き

ある人にとっては好ましいものでも、他の人には不快に感じることがあります。2015年あたりからネットで大きな話題になっているのが、新幹線における“たこ焼きテロ”です。そんな言葉が生まれた原因に触れるとともに、問…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る