ローディング中

Loading...

デトックス効果が期待できる「白湯」。手軽に試せることもあり、多くの人が実践していますが、なかにはただお湯を飲めばOKだと思っている方もいるのでは?適正温度や正しい白湯の作り方など、高い効果を得るために知っておきたいポイントをまとめます。

デトックスが期待できる「白湯」

「白湯(さゆ)」とは、沸騰させたお湯を少し冷まして飲むもの。昔からの知恵ですが、デトックス効果があるということで脚光を浴び、白湯を飲む人が近頃増えているんです。

そんな白湯の適正温度とは?意外と知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか。
白湯には適正温度というものがあり、その温度で飲む意味もあるんですよ。
ということで、今回は白湯の適温についてお話ししますね。

白湯の温度は体温より少し高めに!

体に取り入れやすい温度は50度

白湯はまずお湯を沸騰させるのですが、このあと50度ぐらいまで冷まして飲むことが大事。この温度より高すぎたり低すぎたりすると、かえって体に負担がかかってしまうんです。
白湯をマグカップに入れて、マグの表面が「ちょっと熱いな」と思うのが感覚的には適温となります。体温より少し熱めのお湯を飲めば、体にもスムーズに取り入れられやすく、健康効果も得やすいんですね。
手頃な価格で手に入る料理用温度計を使ってみてもいいかもしれません。
http://macaro-ni.jp/27925

出典:www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スモーカー用温度計 スモーク対応 M-9499

¥600

Amazonで購入

必ず沸騰させてから冷ますこと

ただ、50度という温度を守ればいいわけではありません。沸騰する前に50度に達したら火を止める、水で割って50度にするなどの作り方では効果がうすれてしまいます。沸騰させることで水道水の不純物を取り除くこともでき、水道水独特のカルキ臭も軽減するので、まず一度沸騰させてから冷ますようにしましょう。
水道水を使う場合、最低15分は沸騰させ続けることをおすすめします。水の純度が気になる方は、ミネラルウォーターを使うようにしてください。

白湯の正しい作り方・飲み方は?

白湯の作り方

やかんや鍋に水を入れ、強火で沸騰したらふたを取ります。ぶくぶくと泡が出てきたら火を弱めて、湯気を逃しつつ15分沸騰させ続けましょう。

飲むめやすは1日700~800ml

1杯あたり飲む量は100~200mlですが、これを1日に数回続けるようにします。1リットルを超えると飲みすぎで、かえって「むくみ」の原因になります。1リットル以上は摂取しないように心がけて。

飲み方は、1日3回・朝昼晩に

朝は、起きてすぐ、ほかの食べ物・ドリンクを飲食する前に飲むのがいいでしょう。昼はお昼ごはん中に飲むようにします。200mlを半分に分け、食事中に100mlを飲み、食後30分経ってから残りを飲んでも、内臓をあたため消化を助けてくれますよ。

夜も昼とおなじように、食中に100ml、食後に100mlと分けて飲むようにします。
1日の中で一気にたくさんの量を飲むのではなく、回数を多めに少しずつ飲むのが最良の方法です。冷え性の人は特に、回数を分けて飲むことを意識してくださいね。

チビチビと時間をかけて飲みましょう

朝に白湯を飲むのは、内臓をゆっくりと目覚めさせる意味でも有効。体もあたたまるので、内臓もあたたかくなり、活性化します。内臓が活性化すれば血流も改善し、代謝力もアップ。朝の白湯でお通じがよくなるという効果も耳にします。
また食事中に白湯を飲むと、消化吸収を助けて、摂取した食べ物のカロリーも消費しやすくなりますのでおすすめです。

白湯を飲むときは、チビチビと10分ほど時間をかけて飲むようにしましょう。一気に飲むのは胃腸によろしくないようです。
気軽に試せて、いいことずくめの白湯。ぜひ正しい飲み方を覚えて、最大限の効果を得たいですね。

▼ こちらの記事もチェックを!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

キッシュ レシピ ピザ パイ まとめ

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に、卵とクリームを流し込んで焼くフランスの料理。サクッとおいしいキッシュですが、生地を手作りするのは大変ですよね。実は生地を餃子の皮で代用できるのです。今回は餃子の皮で作る簡…

ドイツ まとめ お土産 バウムクーヘン おしゃれ スイーツ

マーガレットの花をかたどった「マルガレーテンクーヘン」は、ドイツの伝統的レシピで作られている「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の絶品バウムクーヘンです。手土産や記念日のお祝いにも最適なひと品ですよ。その…

まとめ

インテリアやお料理、ファッションなどさまざまなテーマの素敵な写真をピンして楽しめるPinterestが、2017年に流行するであろうトレンドを発表しました。その中からフード&ドリンクに関するトレンドをピックア…

調味料 レシピ まとめ

コストコでは、ビッグサイズの食べ物や日用品を購入することができますよね。実は、調味料にもおすすめしたい商品が。なかには普通のスーパーでは手に入らないようなものもあるので、目が離せません!今回はそんなコストコの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

新宿 カフェ

bowls=ボウル=丼。丼と聞くと男性が食べるもの、ガッツリ食べるものというイメージが強いかと思われますがここのお店は違います!オシャレで可愛くてそれでいて美味しい☆一体どんな「丼」のお店なのでしょうか?

ハンバーガー 自由が丘

NY発のオーガニック・グルメハンバーガー店「bear burger(ベアバーガー)」が日本初上陸します!2015年7月19日(日)、東京・自由が丘に日本1号店がオープン♪

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...