ローディング中

Loading...

デトックス効果が期待できる白湯は手軽に試せて、多くの人が実践。今回はやかんや鍋で作る白湯の作り方をご紹介します。ただお湯を飲めばOKと思っていたら大間違い。適正温度や正しい作り方など、高い効果を得るために知っておきたいポイントをまとめます。

デトックスが期待できる「白湯」

「白湯(さゆ)」とは、沸騰させたお湯を少し冷まして飲むもの。昔からの知恵ですが、デトックス効果があるということで脚光を浴び、白湯を飲む人が近頃増えているんです。

そんな白湯の適正温度とは?意外と知っているようで知らない人が多いのではないでしょうか。
白湯には適正温度というものがあり、その温度で飲む意味もあるんですよ。
ということで、今回は白湯の適温についてお話ししますね。

白湯の温度は体温より少し高めに!

体に取り入れやすい温度は50度

白湯はまずお湯を沸騰させるのですが、このあと50度ぐらいまで冷まして飲むことが大事。この温度より高すぎたり低すぎたりすると、かえって体に負担がかかってしまうんです。
白湯をマグカップに入れて、マグの表面が「ちょっと熱いな」と思うのが感覚的には適温となります。体温より少し熱めのお湯を飲めば、体にもスムーズに取り入れられやすく、健康効果も得やすいんですね。
手頃な価格で手に入る料理用温度計を使ってみてもいいかもしれません。
体に取り入れやすい温度は50度

出典:www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スモーカー用温度計 スモーク対応 M-9499

¥600

Amazonで購入

必ず沸騰させてから冷ますこと

ただ、50度という温度を守ればいいわけではありません。沸騰する前に50度に達したら火を止める、水で割って50度にするなどの作り方では効果がうすれてしまいます。沸騰させることで水道水の不純物を取り除くこともでき、水道水独特のカルキ臭も軽減するので、まず一度沸騰させてから冷ますようにしましょう。
水道水を使う場合、最低15分は沸騰させ続けることをおすすめします。水の純度が気になる方は、ミネラルウォーターを使うようにしてください。

白湯の正しい作り方・飲み方は?

白湯の作り方

やかんや鍋に水を入れ、強火で沸騰したらふたを取ります。ぶくぶくと泡が出てきたら火を弱めて、湯気を逃しつつ15分沸騰させ続けましょう。

飲むめやすは1日700~800ml

1杯あたり飲む量は100~200mlですが、これを1日に数回続けるようにします。1リットルを超えると飲みすぎで、かえって「むくみ」の原因になります。1リットル以上は摂取しないように心がけて。

飲み方は、1日3回・朝昼晩に

朝は、起きてすぐ、ほかの食べ物・ドリンクを飲食する前に飲むのがいいでしょう。昼はお昼ごはん中に飲むようにします。200mlを半分に分け、食事中に100mlを飲み、食後30分経ってから残りを飲んでも、内臓をあたため消化を助けてくれますよ。

夜も昼とおなじように、食中に100ml、食後に100mlと分けて飲むようにします。
1日の中で一気にたくさんの量を飲むのではなく、回数を多めに少しずつ飲むのが最良の方法です。冷え性の人は特に、回数を分けて飲むことを意識してくださいね。

チビチビと時間をかけて飲みましょう

朝に白湯を飲むのは、内臓をゆっくりと目覚めさせる意味でも有効。体もあたたまるので、内臓もあたたかくなり、活性化します。内臓が活性化すれば血流も改善し、代謝力もアップ。朝の白湯でお通じがよくなるという効果も耳にします。
また食事中に白湯を飲むと、消化吸収を助けて、摂取した食べ物のカロリーも消費しやすくなりますのでおすすめです。

白湯を飲むときは、チビチビと10分ほど時間をかけて飲むようにしましょう。一気に飲むのは胃腸によろしくないようです。
気軽に試せて、いいことずくめの白湯。ぜひ正しい飲み方を覚えて、最大限の効果を得たいですね。

▼ こちらの記事もチェックを!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

バター レシピ チョコレート

「ココアバター(カカオバター)」をご存知ですか?カカオから採れる天然由来の美容オイルで、いま 注目が集まっているんです。今回は、ココアバターの効果や成分、効率的にココアバターを取り入れられるレシピまでご紹介し…

コーヒー

様々なデザインが人気のスターバックスのタンブラー。出勤前や移動中にスターバックスに寄ってマイタンブラーにドリンクを入れるという方も多いでしょうか。便利なタンブラーだけれど、こぼれてしまいそうでカバンの中には入…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る