ローディング中

Loading...

連載:一杯のお茶を、もっとたのしく

紅茶やハーブティーなど、お茶の魅力をお伝えする連載コラムの第1回。紅茶がどうして「紅茶」と呼ばれるかご存知ですか?今回は、同じ茶の木(カメリア・シネンシス)から作られるのに色も風味もまったく異なる紅茶、緑茶、烏龍茶についてお話しします。

一杯のお茶で、もっと笑顔に

初めまして。埼玉県さいたま市浦和で、小さな紅茶とハーブの教室「るなぼう」を主宰しているみかまると申します。
この連載では、紅茶やハーブティーの魅力と楽しみ方についてお話しさせていただきます。どうかお付き合いくださいませ。
おいしいだけでなく、美容や健康にも良い紅茶やハーブティー。知っていれば、ふだんのティータイムがもっと楽しくなる情報がたくさんありますよ。一杯のお茶を通して、みなさまの笑顔がより広がっていったらうれしいです。

今回はお茶の基礎知識、そもそも「お茶ってなに?」についてお話しします。

「茶」とは?

世界で一番飲まれている飲料は、なにか知っていますか?

ずばり「お茶」です。そして、そのお茶の約7割がなんと紅茶!
紅茶は、世界でもっとも愛されている飲みものといっても過言ではありません。

茶の木はツバキ科の常緑樹

新幹線に乗っていると、静岡あたりで一面に広がる茶畑の風景が目に飛び込んできます。
日本で作られるお茶といえば主に緑茶ですが、緑茶も、また烏龍茶や紅茶も、同じ茶樹から作られています。
この茶の木(茶樹)は、学名「カメリア・シネンシス(Camellia sinensis)」とよばれる、ツバキ科ツバキ属の常緑樹です。

「紅茶の木」というものが特別にあるのではなく、どれも同じ「茶の木」から作られているのです。

緑茶、烏龍茶、紅茶の違い

同じ茶樹から作られる緑茶、烏龍茶、紅茶。
では、なぜ同じ茶樹から作られているのに、それぞれ風味が異なるのでしょうか?

それは、茶葉の加工方法が違うからです。
摘んだばかりの茶葉は、きれいな緑色をしています。しかし時間が経つと、やがて茶色く変色していきます。
りんごやバナナなども皮を剥いて置いておくと茶色くなりますね。これと同じ現象が茶葉にも起こります。茶葉に含まれている酵素が、酸素に触れることで発酵し、変色が進んでいきます。

それぞれの加工方法と特徴

この酵素の働きは、熱を加えることによって止まります。3種類のお茶は、この特徴を生かして作られています。

緑茶
茶摘み後すぐに、蒸したり炒ったりして熱を加え、酵素の働きを止めて作られる。茶葉は、緑色をしている。

烏龍茶
発酵が少し進んだところで熱を加え、酵素の働きを止めて作られる。

紅茶
茶葉が完全に発酵してから、熱で酵素の働きを止めて作られる。その発酵の段階で、茶葉は段々と赤みを帯びてゆき、赤褐色から黒褐色となる。

このように、製法の違いによって茶葉に含まれている成分が変化し、それぞれの味や香りに違いが出てきます。また、その特徴を活かすために、それぞれのお茶の淹れ方も違ってくるのです。

紅茶が「紅茶」と呼ばれる理由

「緑茶」は、茶葉や茶液の色が緑色で、そのまま「緑茶」と名前が付いていますよね。
「紅茶」は、茶葉は黒褐色、茶液は茶色や赤褐色、橙色などさまざまな色をしていますが、それを紅茶と名付けたのはなぜでしょう?

イギリスでは「ブラックティー」

紅茶の本場といえばイギリスですね。英語では紅茶を単に「ティー(Tea)」といいますが、昔は「ブラックティー(Black tea)」と呼んでいました。
茶葉が取引される際に便宜上、緑色の茶葉を「グリーンティー(Green tea)」と呼ぶのに対して、黒褐色の茶葉を「ブラックティー」と呼んでいたそうです。

イギリスでは、茶葉の外観がとても重要視されていました。ほとんどの土地が硬水のため、きれいな茶液の色が出せないのも、理由のひとつかもしれませんが、茶葉の見た目で高級か否かを区別する時代があったのです。

以前、ロンドンではじめて紅茶を淹れた時、茶液がかなり黒い色をしていてびっくりした経験があります。茶葉の外観に限らず、こんな黒々しい茶液なら「ブラックティー」と呼ばれても不思議はないと思ったのでした。

「紅茶」の名前は、茶液の色から

一方、日本では茶葉の外観の色合いではなく、茶液の色が紅色だったことから、茶の栽培家であった多田元吉が「紅茶」と訳したのが始まりといわれています。
広辞苑では、紅茶を「茶の樹の若葉をつみとり、発酵させると紅褐色となり芳香を放つ。これを乾燥したもの。その煎汁は澄んだ紅色を帯びる」と解説しています。

日本の水は軟水〜中軟水で、お茶の風味や水色をしっかりと出すことができるので、茶葉の外観の色よりも、あえて茶液の色を名前として採用したということですね。

ちなみに、茶液にミルクやレモンなど何も入れないものは、「ストレート」「プレイン」などといい、「ブラック」とは呼びません。

茶葉を使わないのに「お茶」?

先ほど述べたように、お茶は茶樹「カメリア・シネンシス」から作られます。

色とりどりのハーブティーや、麦茶、そば茶、ドクダミ茶などは本当の意味では「お茶」ではありません。こういった、茶葉を使わないものは「茶外茶」「代用茶」などと呼んで区別されています。

つまり、本当の意味でのお茶は、茶の木(カメリア・シネンシス)から作られたものだけなのです!
また、ハーブティーは「ハーバルインフュージョン」と表現されることもあります。この連載では今後、ハーブティーについても取り上げていく予定です。
おいしいだけじゃなく、ダイエットや生活習慣病の予防、インフルエンザ予防にも役立つ紅茶。ゆっくりとお茶の時間を楽しんでいるだけで、いろいろな効果が期待できちゃいます。ぜひあなたの生活に、紅茶をとりいれてみてくださいませ。
(写真&スタイリング/micamaru)

《一杯のお茶を、もっとたのしく》の記事一覧

しょうが

生姜を使ったアレンジティーは、おいしいというだけでなくダイエット効果も期待出来る組み合わせ!でも、ただ紅茶に生姜を入れれば良いのかというとそうでもないのです。せっかく飲むのだったら、目的にあった効果を最大限発…

スパイスティーと聞いてまず思い浮かぶのは「クリスマスティー」ですが、クリスマスシーズン以外にも飲みたいと思わせてくれる魅力がたくさんあるんですよ。自作のスパイスティーを一度淹れたら、その香りと味がくれる温かさ…

フランス語では、フランボワーズと呼ばれ、ジャムやソースに使われているラズベリーリーフは、古代ギリシャ神話では「神の白いフルーツ」といわれています。ヨーロッパで古くから「安産のハーブ」として、出産を控えた妊婦さ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

毎日食べるお米だからこそ、安くおいしく仕上げたいですよね♪そこで今回は、ご家庭に常備しているもので簡単においしくする方法を紹介します!簡単混ぜるだけでおいしいご飯の完成です♪

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ

お正月に欠かせないのがおせちですが、毎日おせちばかり食べていては飽きてしまうのではないでしょうか?今回はそんな余ってしまいがちなおせちを使ったアイデアレシピを紹介します。ぜひ参考にして、おせちのアレンジを楽し…

チョコレート マシュマロ スイーツ

ブルボンのCMで放送されたアルフォートで作れる「かんたんスモア」が話題!これはアルフォートに焼きマシュマロを挟み、スモアにアレンジしてから食べる新しい食べ方で、マシュマロとチョコレートのとろとろ感がたまらない…

紅茶のみかまる

さいたま市浦和で、小さな紅茶とハーブの教室Lunarbow(るなぼ...

http://ameblo.jp/micamarche