ローディング中

Loading...

サンドイッチとワインのマリアージュを楽しむスタイルが流行のきざし見せていることをご存知ですか?今回は、食事として楽しむパンを提案する実力派のパン屋さん「パーネ・エ・オリオ」さんにワインとの相性抜群なパンのレシピをご紹介して頂きました。

パンとワインのマリアージュ

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
ランチの定番サンドイッチ。でも最近は、ワインとのマリアージュを楽しむスタイルが流行のきざしです。そこで、食事として楽しむパンを提案する実力派のパン屋さんに、おつまみになるサンドイッチのレシピを教えてもらいました。

今回は、都内でも数少ないイタリアパンの専門店『パーネ・エ・オリオ』さんが、ワインがすすむレシピを提案します。

本格イタリアパンがところ狭しと並ぶ、『パーネ・エ・オリオ』

文京区音羽、ピンクと白のかわいらしい日よけが目印の『パーネ・エ・オリオ』。専門店だけあって、ピッツァ用の小麦粉で作る軽やかなフォカッチャや、パネットーネ種で作る卵を使ったコルネッティなど、イタリアならではのパンが並びます。サイズや風味は日本人向けにアレンジしてあり、珍しいパンは食べ方を教えてくれます。

「イタリアのパンはフランスのパンほど固くなく、日本人の味覚に合う」と話す店主の小林照明さんは、イタリアの豊かな食文化に魅せられ、アパレル業からパン職人に転向したユニークな経歴の持ち主。

今回は、本場の味を知る小林さんにイタリア産の白ワインに合う一品を教えてもらいました。

小林さんが考える、パンとワインのマリアージュ

http://macaro-ni.jp/25773

店主の小林照明さん(右)、奥様の小林伊基子さん(左)

「さわやかでみずみずしく、ドライな中にハチミツを思わせる香りや果実のふくよかさがある白ワインには、生ハムやパルミジャーノといった塩気のある具材とフレッシュな野菜の組み合わせがよく合います。塩気とローズマリーの香りがあるフォカッチャロマーナは、それだけで十分ワインのつまみになりますが、パニーノにすることで、さらにワインの複雑さと相乗し、ちょっと贅沢な味わいを楽しんでいただけると思います」

小林さんが教える、ベーシックな「パニーノ」のレシピ

材料(1食分)

http://macaro-ni.jp/25773

【今回、使ったパンはこちら】 フォカッチャロマーナ(ローズマリー入り) 1個(100g) 324円

フォカッチャ(ローズマリー入り) 1個
生ハム 2枚
モッツァレラチーズ 適量
パルミジャーノレッジャーノ 適量
トマト 薄切り2枚
ルッコラ 適量
バジル 3枚
オリーブオイル 適量 
※美味しいエクストラバージンオイルを選ぶのがポイント

作り方

1.フォカッチャを半分にスライスする。
2.下側のフォカッチャにモッツァレッラチーズをのせてオーブントースターなどで加熱し、チーズを溶かす。生ハム、ルッコラ、ハジル、トマト、パルミジャーノレッジャーノを載せ、オリーブオイルをかけて、上側のパンを被せる。
【小林さんのパニーノに合わせたいワイン】
http://macaro-ni.jp/25773

<ネックオティウム>ベリーズ・ピノ・グリージョ デッレ・ヴェネツィア 2014 2,119円(税込)

イタリア北部、フリウリ・ベネツィア・ジュリア産。ピノ・グリージョ100%。洋ナシや白い花のようなアロマ、ハチミツを思わせる香りもあり、果肉のみずみずしさとほのかな塩味があるミディアムボディの白ワイン。
http://macaro-ni.jp/25773

取材協力 パーネ・エ・オリオ
今回の記事で紹介したフォカッチャ以外にも、パネトーネやスイーツ系のイタリアパンも多数揃える。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ マシュマロ チョコレート ムース スイーツ

ハーブの鉢植え?いえ、実はこれ、スイーツなんです。マシュマロとチョコを使って作る「マシュマロチョコムース」。チョコクッキーを土に見立て、最後にミントをトッピングするとこんなふうに仕上がるんですよ。作り方は超簡…

レシピ 鶏肉

漬けてレンジで加熱するだけで、簡単に作れる「しっとり本格よだれ鷄」のレシピをご紹介します。名前の通り、想像するだけでよだれが出てきそうなくらいおいしいですよ♩ピリ辛ダレがよく合う、本格的で豪華な料理です!

レシピ カリフラワー カレー

今回ご紹介するのは、お米の代わりにカリフラワーを使った低糖質料理「カリーフラワーライス」。カレーを鍋でなくレンジでチンするだけなので、調理時間はかなり短め!ふつうのカレーライスより消化がいいのも魅力的です♩

炊き込みご飯 レシピ

お茶にもお酒にも合う柿ピー。目がないという人も多いですよね。今回は、そんな柿ピーを使って作る「柿ピー炊き込みご飯」のレシピをご紹介します。そのまま食べることしかしてこなかったという人は、このレシピで柿ピーが持…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 炊き込みご飯 ラーメン まとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

ドリンク レシピ ホットドリンク まとめ

寒い時期がやってくると外に出るのが億劫になってしまいますね…。ホットドリンクでもどうでしょうか?心も身体も温まりそうな牛乳(ミルク)を使ったホットドリンクをまとめました♪緑茶、紅茶、キャラメル、…

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、も…

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

レシピ まとめ お弁当 寿司

巻き寿司は子供も大人も好きですよね!色目も美しいしおいしいし、お花見を始めとしてこれからの行楽シーズン、お弁当に入れるのもいいですね。皆さんの工夫をこらしたレシピをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね☆

レシピ まとめ お弁当 おにぎり

「おにぎらず」レシピは皆さんもうご存知かと思いますが、おにぎらずの断面や表面をかわいくキャラクターにした「デコおにぎらず」を作っている方がたくさんいるみたいですよ!これはどこから食べればいいの?というかわいさ…

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

漫画「クッキングパパ」でも紹介された握らないおにぎり「おにぎらず」♪手も汚れず、食べやすく簡単につくれておいしい!と人気なんです。おにぎらずでも洋風のレシピを紹介していきます。お弁当に普段の食事に活用してみて…

レシピ まとめ 炊き込みご飯

皆さんもツナ缶はお好きだと思います。ツナ缶を考案した人は天才!と思ってるんですが(笑)ツナとプラスワン何か付け加えるだけでとってもおいしい炊き込みご飯ができるみたいですよ。アイディアレシピをご紹介しますので、…

スープ レシピ まとめ

これから夏に向けてだんだん暑くなってきますよね。暑くなると食べたいのはやはり冷たいもの!ここ最近はスープも温かいものばかりではなく冷たいものも人気を集めています☆今回は家で作れる冷製スープを今回は紹介したいと…

中華 レシピ 中華料理 まとめ

中華料理の前菜でおなじみの中華クラゲ。ツルンとした食感、コリコリした歯ごたえがおいしいですよね♪スーパーなどで手軽に手に入って、そのまま食べられる手軽さも魅力ですが、ちょっとアレンジするとまた違った美味しさが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ まとめ 牛タン

牛タンはメジャーな食材ですがブロックで購入する方はまだまだ少ないですよね。恐れず大胆に削いで部位に合った調理をすればまるごと食べられる食材なんですよ!今回は下処理の方法と、レシピをご紹介しますので思いきってチ…

京都 喫茶店 ゼリー

京都・河原町駅からほど近いところにたたずむ「喫茶 ソワレ」。異空間ただよう店内の雰囲気と、宝石のように輝く、見た目も美しいゼリーポンチのとりこになる人が続出!今回はそんな、全国各地から足を運ぶ人が絶えない「喫…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。