ローディング中

Loading...

連載:あなたの知らないバタートーストの世界

あなたは今まで何種類のバターを食べたことがありますか?バターにも実はいろいろな種類があるんです。今回は、バタートーストにおすすめの面白いバターをピックアップしてご紹介!知っておくとバタートーストを食べるのがいっそう楽しくなりますよ。

バターとマーガリンの違いって?

バタートーストを作るとき食パンに塗るものは何をお使いですか?
バターではなくマーガリンを使っている方もきっと多いですよね。でも実はファットスプレッドを使っている方がもっと多いかもしれません。

バター?マーガリン?ファットスプレッド?いったい何が違うのでしょう。
まずは、この3つの違いをおさえておきましょう。

バターとマーガリンの違いは脂肪分

まず、バター。バターに含まれる脂肪は牛乳の脂肪分のみで、乳脂肪分は80%以上のものを指します。

マーガリン類は植物性の脂肪からできていて、コーン油、大豆油などが使われます。こちらも油脂含有率80%以上と定められています。
(参考;一般社団法人日本乳業協会)

ちょっとヘルシーなファットスプレッド

そして、マーガリン類の中でも油脂含有率が80%未満のものはファットスプレッドと呼ばれます。
私がいろいろ食べてきたなかでは、ファットスプレッドには塩分も控えめのものが多いように感じます。
ざっくり言うと、ファットスプレッドは“マーガリンのちょっとヘルシーバージョン”ということですね。
上の、“パンにはやっぱり…”でおなじみの商品も実は「マーガリン」ではなく、パッケージの右下に書いてあるとおり「ファットスプレッド」なのです。

まったくタイプの違うバター4種類

さて、バタートーストについて語り尽くすこの連載ですから、やはりバターにもこだわってみましょう。同じ食パンでも塗るものによって味わいが変わるので、トーストを食べるのが楽しくなっちゃいますよ。

発酵バターと非発酵バター

ところでバターには「非発酵バター」と「発酵バター」という分類があるのをご存知でしょうか?
日本では、牛乳からそのまま作られている非発酵バターが主流です。それに対して、海外のバターはほとんどが乳酸菌により発酵させて作る発酵バターです。発酵バターは香り高くなり、ヨーグルトのようなほのかな酸味も生まれ、鼻に抜ける風味が増すのです。

今回はこの分類もふまえて、ちょっと珍しいバターや面白いバター4種類を選んでトーストにしてみました。

1. ニュージーランドの大地が育んだバター

ビスケットのようなパッケージのバター。”マーガリンフード”が名前の由来という、マーガリンで有名な「マリンフード」の商品です。

ニュージーランドで作られるバターは、放牧で牧草を食べた牛のミルクを原料とするため、カロテンが多く色が黄色っぽいと言われます。まさにそのイメージ通り、開けた瞬間「黄色い!」という印象。
写真のように「雪印北海道バター」と比べてみると、その色の違いにビックリです。
バタートーストにすると、味も最初「ガツン!」と濃く感じます。パッケージのイメージ通り、バター味の効いたクッキーやビスケットのような強さがありました。
ところが、後味がないのです。ちょっと香りの強い食パンにつけると、後味はパンの味になります。

このバターを塗ってから食パンを焼くと甘味は出ますが、最初のガツンとした味が弱まり、後味もないので、良さが消えてしまいます。
二度塗りせずに、焼いてから塗って食べるのがおすすめです。

2. 幸せいっぱい!フランス産発酵バター

フランスの発酵バターと聞けば、それは「おいしい」の代名詞と思ってしまうくらい人気が高いですね。日本で有名なのは「エシレバター」。セレブの皆さんに大人気です。
そのエシレよりもおいしいと私が感じたのが、このイズニーの発酵バターです。

イズニー社はフランス・ノルマンディー地方の老舗の乳製品メーカー。このバターはエシレバター同様、フランス政府がその品質の高さを保証した製品に与える「A.O.P」の認証を受けています。
このバターの特徴は、塩の粒が目に見えること。まだらに色濃く見えるところがそれです。
これはフランス産の最高級“ゲランドの塩”で、この部分にはうま味もある強い塩気を感じます。でも、ほかの薄い黄色の部分はとてもミルキーです。

バタートーストにすると、意外にも塩味はマイルドで、それよりも濃厚な生クリームを食べたあとのような深い深~いコクが感じられます。
なんとおいしいんでしょう!味といい鼻に抜ける香りといい、優雅でリッチで、幸せ感いっぱいになります。
塗って焼くとさらに深みを増し、味も重厚感が出ます。あまり重厚な味を好まない方は、焼いてから塗る一度塗りがおすすめです。

海外バターの代名詞、エシレバター

外国産バターの中でも有名なのがエシレバターですが、同じ発酵バターでも、軽やかな味が好きな方はエシレを、こっくりした味が好きな方はイズニーを選ぶと良いでしょう。

ユニーク食感。"ジャリジャリ" するバター

塩入発酵バターといえば、こちらも有名です。世界的に有名なブルターニュの海塩が結晶のまま入っている「セル・ドゥ・メール」。
これを初めて食べたときは笑っちゃいました。だって、塩の粒がジャリジャリするんですもの!

いろいろな喫茶店のバタートーストを食べ歩いていて「ん~、味がいまひとつ!」というとき、塩をちょっぴり振りかけて食べることがありますが、その味を彷彿とさせるような……。
塩を足すことで味が締まっておいしくなるためなのですが、天下に名高いフランスバターも同じ原理、ということですね。

3. 癒される~!ふんわり優しい国産発酵バター

日本で作られている発酵バターの中でもちょっと珍しいのが、よつ葉の「パンにおいしい発酵バター」です。食べてすぐに感じられるような強い味はなく、なんとも軽やか。ミルキーで、まるでホイップされた生クリームをパンにつけて食べているよう。

でもふんわりしながらも発酵バターのコクにより、食パンの味わい深さが補完されておいしさが底上げされるよう。控えめながらもすばらしいパンの引き立て役です。
このよつ葉のバターは、例えるならホイップされた生クリーム。一方、先ほどのイズニーは、泡立てる前の生クリーム原液。そのくらい、発酵バターといっても味の深さやコクに違いがあります。
でも、よつ葉バターを塗ってから焼くと、イズニーに負けないくらいのコクのあるバタートーストに激変。その変わりかたには驚きますよ。
「脱いだらすごいんです」ではなく、塗って焼いたらすごいんです。

4. まるでできたて!? 燻製バター

「うわ、まだけむい!できたて?」と、あまりに燻製らしい香りに思わずそんな言葉が出そうなバターです。まだ燻した煙が出ているのではないかと思ってしまうほど。これは面白いバターですね~。
バタートーストにすると、そこにはないはずの燻製ソーセージもどこかに隠れているような錯覚を覚えます。
香りが強いわりに味に芯があるわけではないので、焼いたあとに塗ると舌で感じる味の深さが足りないのがちょっぴり残念。
でも不思議!塗ってから焼いたらお見事!
ぐんと濃厚になって、パンを食べているのにスモークチーズを食べたような後味になりました。

バタートーストのおいしさは無限大

おいしいバタートーストには、バターと食パンの味の相性がもっとも大切。
パン屋さんもですが、バターの種類もまた、日本国内だけでも数えきれないほどあります。ということは、その組み合わせの数だけバタートーストの味の違いが生まれるわけです。
おいしいバタートースト探しは、この先もずーっと楽しめそうですね。
上の写真は、黄色い方は、高品質和牛を産出するだけでなく乳牛の飼育も盛んな新潟県の佐渡乳業「佐渡バター」。生乳のみならず塩まで佐渡海洋深層水100%で出来た食塩を使用している佐渡産にこだわったバターです。

赤い方は、雪印よりも明治よりも古い明治16年創業の熊本県の弘乳舎「くまもんのバター」。熊本県産生乳100%使用のバターです。

このようにその地域ならではのバターもあるので、旅行や出張のお土産に買ってきたり、お取り寄せしたりして日本各地、そして世界のバターを味わってみてください。

《あなたの知らないバタートーストの世界》の記事一覧

トースト 食パン

今回は「 “ちょい足し” バタートースト」をご紹介します。基本のバタートーストは大事にしながら、“ちょい足し” すると、あれ?おいしい!とビックリしたりついみんなで試してみたくなっちゃう。朝だけでなくお昼も夜…

バター 食パン トースト

バタートーストはバターの塗り方次第でグンッとおいしくなります!トーストの仕上がりを大いに左右するバターナイフ。色々な種類がありますが、バタートースト評論家いちおしのバターナイフをご紹介。さあ、極上バタートース…

トースト 食パン

パンドミ!この言葉を聞くだけでワクワクしますね。バタートースト評論家の私も、様々な食パンの中でパンドミのトーストが最も好きです。でも「パンドミ」って一体なに?定義は?今回は、知っているようで知らないパンドミに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

みなさんは「ペルシャ料理」を知っていますか? 「ペルシャは中東だから、スパイスを全面に押し出したピリ辛な味付けが特徴?」といった想像をしがちですが、実はそういった強い辛味や香りの強い香辛料は使わないんです! …

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりです♪…

まとめ

3COINSとはその名前の通り商品を300円で購入できる生活雑貨店。こちらのキッチン、テーブルウェアのコーディネートをするのが今流行っています。お手軽に購入できてしかもデザイン性も高い3COINSの商品、ぜひ…

まとめ

母の日が終わるとあっという間に父の日が来ます。なんとなく父の日の方がメジャーじゃない感じがしますよね。それじゃあお父さん可哀相ですよ!今年は感謝の気持ちを盛大に伝えてみませんか?おすすめ「おつまみ」プレゼント…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

餃子 まとめ

パリッとおいしい餃子は、意外にも減量効果が期待できるんだとか。そこで今回は「餃子ダイエット」のやり方を詳しくご紹介します。食べるタイミングや個数を決めることで、我慢しなくてもダイエットの手助けになるかもしれま…

じゃがいも チーズ レシピ

リピーター続出の「じゃがナゲット」は、マッシュしたじゃがいもの形を整えて油で揚げる簡単なアレンジレシピで、外はカリカリ、中はもっちり食感の絶品なんだそうです。簡単にできるので、ぜひチェックしてみてください。さ…

バタートースト評論家 梶田香織

バタートースト評論家。喫茶店王国・名古屋生まれ、バタートースト食べ...

http://presenjapan.jp/

ページTOPに戻る