ローディング中

Loading...

従来の保存食としての缶詰、という領域を越え、グルメ缶詰と呼ばれるほどその地域を確立してきましたが、缶詰にも旬があることをご存知ですか?今回は、缶詰博士こと黒川勇人さんに2月に旬を迎える「清水白桃」について語って頂きました。

缶詰にも旬があった!

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
缶詰といえばストック食材のイメージがありますが、実はさらに美味しくいただける「旬」の時期があるそう。これまで1,000種類以上の缶詰を食べてきた「缶詰博士」こと黒川勇人さんに、2月に旬を迎えるという珠玉の缶詰について語っていただきました。

缶詰の原料は「旬」の食材

食べ物の「旬」というのは面白い。一般には「その食材がいちばん美味しい時期」といわれているが、もうひとつ大事なのはたくさん収穫できるということ。それはすなわち、値段が安くなるということでもある。 だから缶詰は、大量に調達できる旬の食材を原料にしている。そのおかげで比較的安価に作れるし、旬だから栄養もあって味もいい。実に合理的なのであります。しかし、同じ旬の原料でも一級品だけを使った缶詰は格が違ってくる。 たとえば、岡山の<角南製造所>が作る『清水白桃』は、収穫期がたった1週間程度しかない「清水白桃」を使う。それも1玉ずつていねいに追熟し、香りと甘さが最適になったものを選んでいるのだ。

食べ頃は、シロップがなじむ6ヵ月後

http://macaro-ni.jp/25566

<角南製造所>清水白桃 425g 1,512円(税込)

そんな贅沢な白桃缶なのだから、ちゃんと作法に則って味わいたい。どうすればいいかというと、真冬に開けて食べるのである。 追熟を終え、シロップと一緒に缶に詰められた白桃は、はじめのうちはシロップとなじんでいない。それが月日の経過とともに、シロップが白桃に染みこみ、また白桃の風味もシロップに移っていって、約半年を過ぎたころから食べごろになる。この清水白桃缶は8月に製造されているから、その半年後といえば翌年の2月である。だから真冬に食べると美味しいわけだ。 とはいえ、この缶詰の賞味期間は3年間ある。半年以上を過ぎたら味がどうなるのか、気になる方もいるだろう。僕個人の感想をいえば、製造から1年、2年と経過したものは、味がよりまろやかになっているように感じる。シロップと白桃が互いに寄り添い、フレッシュな白桃とは違ったとろけるような風味に変化するのだ。

シチリアデザート「カンノーリ」で、白桃缶を味わいつくす

そのまま食べて白桃の美味しさを堪能したら、今度は料理素材として活用したい。たとえば、シチリアのデザート「カンノーリ」をイメージしたデザートはいかがだろう。リコッタチーズにチョコチップやピスタチオ、ドライフルーツなどを混ぜ、香ばしい生地で包んだカンノーリは映画『ゴッドファーザー PARTⅢ』でも登場するシチリアの伝統的スイーツ。本来は筒状の生地を使うが、作るのが難しいのでビスケットを代用した。

材料(2人分)

『清水白桃』……1/8缶(白桃の缶詰でも代用可) リコッタチーズ(カッテージチーズでもOK)……白桃と同量程度 ビスケット……適量

作り方

①リコッタチーズに缶詰のシロップを小さじ2ほど加えてよく混ぜる(シロップの分量を増やせば甘く仕上がるが、チーズがゆるくならないように気をつける) ②白桃は小さめのサイコロ状にカットして①に加え、さっくりと混ぜる ③ビスケットに②を盛りつければ『缶成』! (甘さの少ない全粒粉のビスケットだと、よりカンノーリっぽく仕上がる) 本場のカンノーリは、チョコチップやピスタチオも加える。しかしいざ作ってみると、繊細な白桃の風味はチーズとの相性がすばらしく、それだけで十分だった。ということで、材料はミニマルで作るのがおすすめであります。 ※本場のカンノーリは白桃は使いません。今回紹介したメニューは、カンノーリをイメージした博士オリジナル料理です。
http://macaro-ni.jp/25566

黒川勇人(くろかわはやと)タレント・缶詰博士・ものづくりナビゲーター。平成16年より世界の缶詰を紹介する「缶詰blog」を執筆。公益社団法人・日本缶詰びん詰レトルト食品協会公認の「缶詰博士」としてTVやラジオ、新聞など各種メディアに出演。朝日新聞beに缶詰コラム「忙中カンあり」を毎週土曜日連載中。著書には、「日本全国『ローカル缶詰』驚きの逸品36」「缶詰博士が選ぶ『レジェンド缶詰』究極の36」(共に講談社+α新書)、「安い!早い!だけどとてつもなく旨い!缶たん料理100」(講談社)など多数。

提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フランス おしゃれ ワイン レシピ

この夏は、「フレンチバーベキュー」が流行しそうな予感。BBQといえば、アメリカがメインかと思いきや、じつはフランスの人もバーベキューが大好きなんです。さすが美食の国だけにひと味違う内容のようですよ。おすすめレ…

おつまみ ワイン レシピ

サバといえば味噌煮!そのままでもお酒と相性がよいですが、今回は粒マスタードで洋風仕立てにアレンジしてみました。ほどよい酸味で、冷めてもおいしいひと品です。白ワインやスパークリングワインによく合いますよ。

レシピ まとめ

カブに角が生えたような、何とも不思議な見かけの野菜「コールラビ」をご存知ですか?新野菜かと思いきや、実は明治の初め頃から日本に入ってきている古い野菜なんですよ。キャベツや大根にも似た淡白なやさしい味の野菜を、…

レシピ

かぼちゃを丸ごと1個使ったグラタンの作り方をご紹介します。女性でも調理しやすい、小ぶりサイズの坊っちゃんかぼちゃを使って作ります。かぼちゃを器にして蓋を添えれば、写真映えするかわいい料理に仕上がりますよ。

さつまいも レシピ パン トースト

「大学トースト」って知っていますか?大学いもの食感と風味をトーストで再現したレシピなのですが、ひそかにブームになっているんですよ。簡単なのに味はまさに大学いもそのもの。今回は、そんな「大学トースト」のレシピと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

お腹が空いてる時は見ない方がいいです笑

まとめ

今年こそはダイエットしようと意気込んでいる人、必見です!国や文化が違えばダイエット方法も違います。世界から集めた2015年最新ダイエット法を紹介します。これで女子力アップを目指しましょう!

カフェ 渋谷 まとめ

大人気のキャラクターがカフェになって登場しています♫お店ではキャラクターのグッズはもちろん、たくさんのお料理なども食べられるんです。とっても可愛くて、見ているだけでも癒されます♡今回はそんなキャラクターカフェ…

まとめ

ネットで買いたいものをセレクトしておうちに届けてもらう...お子さんがまだ小さくて手が離せない方、なかなか買い物に出かけづらい方、今はネットのスーパーも充実してきています。是非活用してみてくださいね。便利さに…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

甘酒 まとめ

夏バテ予防に効果が期待されている、飲む点滴「甘酒」。今回は甘酒を中心に、発酵食品と夏バテの関係についてご紹介します。また、高島屋の食料品宅配サービス「ローズキッチン」を活用すれば、さらに手軽に、夏の食卓に発酵…

女性向け国内最大級グルメニュースサイト「macaroni」にて記事編集のアルバイトスタッフを募集します。週3回からOK!土日祝お休み。朝も10時のゆっくり出社。食べることが好きな人、お気軽に連絡ください。お得…

スイーツ チーズケーキ ケーキ 専門店 まとめ

人気洋菓子店が手がけるチーズケーキのこだわったお店「リュバン チーズワールド」。店頭にはたくさんのケーキが並んでいますが、ほとんどがチーズケーキ!チーズケーキには濃さでランクが付いていて、それを参考に自分のお…

ケータリング お弁当

雑誌やテレビの撮影現場などでモデルさんから大人気という「MOMOE(モモエ)」のケータリングごはん。見た目も彩り鮮やかでおしゃれなことに加え、無農薬・無添加の食材を使ったヘルシーなからだに優しいごはんらしいで…

mihomiho

グルメ、フェス好きのOLです。宜しくお願いします。