ローディング中

Loading...

先日サンフランシスコ発のチョコレートショップ「ダンデライオンチョコレート」が東京の蔵前にオープン!オープン初日はなんと入店までに3時間以上待ちだったとか?!そんなダンデライオンチョコレートに行ってきましたのでレポートしたいと思います。

“Bean to Bar”のチョコレート

お店のレポート前に、まずはDANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)のチョコレートがどのようなものなのかを紹介したいと思います。
※会社の概要などはHPのリンクを貼っておきますので、そちらからご覧ください。

Bean to Barとは、カカオとケインシュガーのみを使い、牛乳や類似する添加物を使用しないことでカカオ豆の風味を純粋に味わうことができる、米国でのクラフトフードブームの中で新しく生まれたチョコレートのことです。
シングルオリジンと呼ばれる、ブレンドされていない生産地の明快な豆を選んでいることが特徴で、風味をしっかり表現するために豆の選別、焙煎、磨砕、調合、成形といった過程のすべてが手作業で行われています。スモールバッチ(少量生産)に徹し、ひとつひとつの仕上がりにこだわって作られています。

初日はなんと最高で3時間以上待ちだったとか?!

初日に仕事が終わってからお店に行ったのですが、19時頃に現地に到着した時には当日のオーダーは終了しており、残念ながら店内に入ることが出来ませんでした。
泣く泣く外観の写真だけ撮って、その日は引き上げることにしました。
そういう方はどうやら結構いらっしゃたようで、行列を見て諦めて帰られた方もたくさんいたのではないかと思います。

TwitterやInstagramで調べたところ、祝日だったということもあり、最高で3時間以上待っていたという方もいたとか?!

翌日に再度訪問。待ち時間0分で入店出来ました!

翌日にリベンジ!ということで、18時頃に来店しましたが、なんと待ち時間0で入店することが出来ました。

開店直後は1時間くらいの待ち時間だったようですが、夜になってかなり落ち着いたようでありました。

1階にはレジと、そしてチョコレート製造工場があります!

店内に入ってみると、ウッド調のオシャレな空間が広がっていました。

入口入ってすぐのところにレジとフードの陳列台、そしてエスプレッソマシーンが設置してありますね。
メニューの一部はこのような感じです!
しかしフードの棚をよく見てみると、何とほどんどフードが無い状態?!

店員さんに話を聞いてみると、14時頃にはある程度のフードが売れてしまったとのこと。

今回残っていたのは、”スモア”というアメリカ合衆国およびカナダで伝統的な、夜間キャンプファイヤーで人気のデザート。焼いたマシュマロとチョコレートの層を2枚のグラハムクラッカーで挟んで作るそうです。
という訳で、今回注文したのは、定番のハウスホットチョコレートとパプアニューギニア・スモア。

ホットチョコレートは、甘さがすっきりしていてとても美味しく、スモアは体験したことの無い美味しさでビックリしました!

チョコレート同士の組み合わせでしたが、ホットチョコレートが甘すぎないので、全く気になることはありませんでした。
1階には、チョコレートやカップの販売している棚もあり、チョコレートが自由に試食出来るようになっていました。

残念ながら、チョコレートは早い時間で完売してしまっていたようです。
1階の奥の方は、チョコレートの製造工場になっています。

カウンター席からチョコレートを作っている様子が見えるので、ずっと見ていても飽きなそうです!

2階がメインの客席です

カウンター席、奥にはソファー席もあって、ニーズに合わせてゆっくり過ごすことが出来ます。

店内に緑もあるのが癒されますね!!
2階奥にカウンター席があるのですが、カウンター席のガラステーブルから下を見ると、1階のチョコレート工場が見えるという遊び心が面白かったです。

ぜひ一度行っていただきたいお店です!!

簡単ではありましたが、レポートはいかがでしたでしょうか?

3月からは、チョコレートを実際に作れるワークショップも開催する予定とのことで、ますます目が離せないお店になっていきそうですね。

しばらくは混雑が予想されますので、週末は避けて平日に行くことをオススメしたいと思います。

私は、次回は商品が売り切れる前、平日の午前中に行ってみようかと思っています!


最後に、私のカフェ紹介ブログでは都内をメインに様々なカフェ情報を載せていますので、もし宜しければご覧いただけると嬉しいです。

店舗情報

DANDELION CHOCOLATE ファクトリー&カフェ蔵前
・住所:東京都台東区蔵前4-14-6
・TEL:03-5833-7270
・営業時間:10:00~20:00(L.O. 19:30)
・定休日:不定休

執筆者

http://macaro-ni.jp/25469

バリスタぎっさん 私のバリスタとしてのミッションは

『バリスタという仕事を通して、1人1人の日常生活にちょっとした活力を与えること』

普段は都内のカフェでバリスタとして働きながら、フリーランスとしてラテアート体験会などのワークショップを開催しています。

オススメカフェやコーヒーなどドリンクに関連した情報をメインに発信していきたいと思っています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

東京 まとめ おしゃれ メレンゲ

人気番組「嵐にしやがれ」で、この冬おすすめ!新感覚の鍋が食べられる都内の5店舗が取り上げられました。すだち鍋やシャンパン鍋、パクチー鍋にメレンゲ鍋、明太鍋などバラエティー豊か!どんなお店で食べられるかなど詳し…

チョコレート

アンリ・ルルーからバレンタインコレクションが登場。日本への旅をテーマに、日本の素材から刺激を受けて作られた新作ボンボン・ショコラが入ったスペシャルボックスが販売されます。パッケージデザインは京友禅の老舗が監修…

パンケーキ チョコレート

サラベスの各店から、バレンタインデーをイメージしたパンケーキ『チョコレートホッピング』が期間限定で登場します。ぜひ、ホッピング(お店をはしごする)して店舗それぞれのオリジナルメニューを楽しんでみては?

チョコレート

インドネシア産の「Pipiltin Cocoa(ピピルティンカカオ)」チョコレートのオンライン販売が開始。世界第3位のカカオ生産国インドネシアのカカオで作ったチョコレートは、味や香りの種類も豊富。パッケージも…

いちご スイーツ ビュッフェ 東京 ホテル まとめ

苺がフルーツの中でいちばん好き!という方も多いのではないでしょうか。いちごのスイーツが好きなだけ食べられたらとても幸せですよね。今回はそんな願いに応えるべく、ヒルトンを始め東京でいちごビュッフェを楽しめるお店…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ミシュラン 和食 銀座 まとめ

男の憧れ「銀座」。誰もが認める大人の街。そこに名店と呼ばれる料亭がある。

明大前 カフェ 喫茶店 まとめ

喫茶店が少ないと言われる明大前。確かに多くはないけれど、個性的で魅力あふれる喫茶店は存在する。流行に流されずに、ただ、確固たる空間を提供してくれる場所。その一つひとつにスポットを当ててみた。

タイ料理 タイ バジル まとめ

嵐がその味を絶賛したり、料理番組で取り上げられたり、何かと話題のタイ料理・ガパオ。さらにガパオの缶詰がリリースされたりコンビニメニューに登場するなどもーっ今ガパオの人気はすごいんです! 自宅でも作れないことは…

日本酒 新宿 四ッ谷 居酒屋 まとめ

日本酒の飲み放題というと、みなさんどのような印象がありますか?「あまりお酒の質がよくないんじゃないか」って、思っていませんか?実はそんなことはありません!今、都内ではおいしい日本酒飲み放題のお店がアツイのです…

吉祥寺 カフェ コーヒー まとめ

カフェは急に寄りたくなったりしますよね。でもワンちゃんと一緒にいたらなかなか入れなかったりするもの。しかし今はワンちゃん同伴OKのお店もたくさんあります。今回はそんな吉祥寺のドッグカフェを調べてみました☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

コロッケ レシピ

家でクリームコロッケを作るとき、どのように作っていますか?ほとんどの人が揚げて作っているかと思います。しかし、クリームコロッケは揚げずに作ることができるのです。気になりますね。では、一体どんな作り方があるので…

レシピ まとめ

少し前に大ブームを引き起こしたモロッコのお鍋「タジン鍋」。買ったのに使っていないという方もいるのではないでしょうか?今回は、そんな方もいますぐ使いたくなるようなレシピを20選集めてみました。お馴染みのものから…

バリスタぎっさん

私のバリスタとしてのミッションは 『バリスタという仕事を通し...

http://drinkmaster.hatenablog.com/