ローディング中

Loading...

「マシュマロ実験」という心理テストをご存知ですか?その実験によると、おどろきの事実が発覚したんです!その事実とは、マシュマロを我慢できる子供はそうでない子供に比べ、将来、社会的に成功をおさめる確率が高いというものなんです!

マシュマロを我慢すると社会的に成功する

「マシュマロ実験」という心理テストを知っていますか?
この実験ではなんと、子供の頃の自制心と将来の社会的成功や学力に大きな関係があることがわかったというのです。

マシュマロ実験と追跡調査

スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが行ったのは、このような実験です。

集められた4歳児を机とイスだけがおいてあるなにもない部屋に1人ずつ招き、マシュマロを1つだけ机の上に置いて、子供たちにこう話しかけます。

「いま食べてもいいけれど、15分間待つことができたらもうひとつマシュマロをあげる。途中で食べたくなったら、ベルを押せば食べられるけど、もうひとつのマシュマロは無しになるよ」

「私はちょっと用がある。それはキミにあげるけど、私が戻ってくるまでの15分間食べるのを我慢したら、マシュマロをもうひとつあげる。私がいない間にそれを食べたら、ふたつ目はなしだよ」と言って部屋を出ていきます。

ほとんどの子供は待つことを選んだものの、待つことができた時間は平均2分間で、15分間待てた子供は全体の約1/3という結果になりました。

その後追跡調査をすると、

就学前における自制心の有無は十数年を経ったあとも持続している
マシュマロを食べなかった子供たちは、周囲からより優秀と評価されている
マシュマロを食べなかった子供たちは、我慢できなかった子に比べて、大学進学適性試験(SAT)のトータル・スコアが平均210ポイントも高い
ということが判明しました。

ウォルター・ミシェルはこの実験から、幼児期においてはIQより、自制心の強さのほうが将来のSATの点数にはるかに大きく影響すると結論づけています。

2011年にはさらに追跡調査が行われ、この傾向が生涯にわたって継続していることが明らかになりました。

我慢が将来の成功に!

これは、なにもない部屋で目の前の白くてふわふわの甘~い匂いがするマシュマロの誘惑に打ち勝ち、後で2つを手に入れることができるか、それとも1つでいいから今の欲求をそのまま行動にうつして食べてしまうかという簡単なテストで子供の自制心を量った実験です。

この結果はもちろんですが、さらに興味深いのがその後子供たちが22歳になったときに行われた追跡調査の結果です。

4歳のときに「食べたい」という欲求を我慢できた子供は、我慢できなかった子供と比べ、学力が高いだけでなく、日常生活で大切なコミュニケーション力も高く対人関係も良好なこと、さらに45歳時の追跡調査でもその傾向は継続していることもわかったのです。

もちろん、学力が高くても周りからの評価が低い子供もいますしその反対の子供もいます。

しかし、幼児期に自制心や忍耐力、また自分の感情をコントロールできる力を養うことができれば、その後も勉強だけでなく社会的成功を得ることができる確率が高いということがわかったのです。

自制心を子供のうちから養おう

でも、大人だって自制心を持って行動することはとても難しいことですよね。

痩せたいと思っているのについつい甘いものを食べてしまったり、飲み会で失敗してもう飲み過ぎるのはやめようと思ったのに、つい飲んでしまったり……。

耳が痛い方もいるかもしれませんが、生きて行く上で、自制心を持って行動することはとても大事だということはわかっているはずです。

だからこそ幼少期から始めることが大事なのです。

自制心を身につけるには

自制心というとちょっと難しく思えますが、子供でも理解できる小さなことの積み重ねで身につけることができます。

たとえばお菓子が食べたいと子供が言ってきたら「いいよ。でもおやつの時間はまだだから、短い針が3、長い針が12のところまで来たら食べようね」と言います。

するとそれまでの時間子供は自分の欲望をコントロールしたり、手に入った時の楽しみを想像したりしながら3時になるのを待ちます。この時間こそが自制心を養うことになるのです。

中には泣きわめいて満たされない欲求のストレスを吐き出す子供もいるかもしれませんが、そこで親が折れて「じゃあ今日だけね」と言ってしまっては子供の自制心は養えません。

子供の自制心を養うにはまず親も忍耐力や感情をコントロールして接することが大事ですね。

勉強ができることはもちろん大切ですが、自分をコントロールする力や我慢する心も実生活の様々な場面でとても大切です。

これからの長い人生を子供が自分の力でしっかりと生きて行くためにも、子供が自制心身につけられるように見守ってあげてくださいね。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炭酸水で炊飯すると、ご飯の食感が激変!水で炊くよりも、ふっくらモチモチ食感にしあがるんです。秘密は、しゅわしゅわ弾ける炭酸水の泡。実際に炊いて食べてみました。味の感想と一緒に、おいしい炊き方をご紹介します♩

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

スイーツ

レシピにときどき登場するコーンスターチとは、そもそもなに?片栗粉との違いや代用の方法ってご存じですか?今回は、コーンスターチについて徹底的に解説します。コーンスターチを使ったレシピも併せてご紹介するので、参考…

お菓子袋のスマートな閉じ方をお教えします!ストローや、空のペットボトルなど、身近な道具でぴったり閉じられるんですよ。茶色い輪ゴムやテープで閉じるよりもおしゃれ!100円で買える、便利なグッズも合わせてご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

まとめ

我々の愛する日本料理をはじめ、イタリア料理、中華料理など、世界には様々な料理で溢れていますが、今回はそのなかでも「ポルトガル料理」に注目してみたいと思います。意外と知らない代表的な料理と、東京でポルトガル料理…

チーズ

みなさんは、「パルミジャーノレッジャーノ」というチーズを知っていますか?名前だけなら聞いたことあるという方が多いかもしれませんね。今回はそんな方のために、パルミジャーノレッジャーノについてのアレコレを、総まと…

mayo

渋谷と原宿の間くらいにある会社で編集のお仕事してます。食べ歩きが趣...

ページTOPに戻る