ローディング中

Loading...

腸内の環境を整えてくれる身近な食品としてヨーグルトが注目を集めていますが、近年は免疫力のアップやしわの改善といった効果を全面に押し出した「機能性ヨーグルト」が数多く販売されているんです。今回は各商品の特徴や効果を解説します。

メリットで選ぶ機能性ヨーグルト

腸内環境を改善する食品としておなじみのヨーグルト。近年では、免疫力アップ・むくみ予防・しわの改善といったメリットが強調された「機能性ヨーグルト」の商品数が増え、どれを選んでよいか迷ってしまうことも。 そこで、機能性ヨーグルトのチョイスに役立つ各商品の特徴や効果を解説します。

目的に合わせて選びたい、機能性ヨーグルト10選

1.つらい冷えや肩こりには「カゴメ ラブレ」

植物性の乳酸菌であるラブレ菌を使用しているのが特徴。便秘解消・肩こり改善・冷えの緩和・貧血予防などの効果が期待でき、多くの女性の悩みにぴったりな機能性ヨーグルトです。

2.お肌をストレスから守るなら「フジッコ カスピ海ヨーグルト」

カスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌FC株をメインに作られた機能性ヨーグルトで、独特の粘りが持ち味です。 この粘りとクレモリス菌FC株が、ストレスから起こる肌荒れや乾燥を抑え、アトピー性皮膚炎の改善にも効果が期待できるといわれています。

3.エイジング対策に「森永 アロエベネ」

アロエべラに含まれる「アロエエステール」という成分を配合した機能性ヨーグルト。「アロエエステール」には、皮膚の奥に直接働きかけ、若々しい肌作りには欠かせないコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生み出す作用があるとの実験結果があります。 さらに、たるみやくすみなど、さまざまな肌の悩みに幅広い効果が期待できるとされています。

4.インフルエンザの予防に「明治 ヨーグルトR-1」

ヨーグルトR-1に使われる乳酸菌1073R-1が免疫力を高め、風邪やインフルエンザを予防するとして人気を博した機能性ヨーグルトです。

5.ノロウイルス対策に「森永乳業 ラクトフェリンヨーグルト」

ラクトフェリンヨーグルトには、「ラクトフェリン」という母乳に含まれるタンパク質がプラスされています。 このラクトフェリンを毎日とることで、胃腸炎や食中毒の原因となるノロウイルスの感染予防に効果が期待できるとされています。

6.花粉症の緩和に「森永 ビヒダス」

森永ビヒダスに使われるビフィズス菌BB536は、免疫力を高め、花粉症の緩和に効果があるとされています。 また、腸内の悪玉菌を減らし、o-157の予防にも役立つことが実験により分かっています。

7.胃がんのリスク低減に「明治プロビオビオヨーグルトLG21」

プロビオビオヨーグルトLG21に使用されている乳酸菌は、LG21乳酸菌。 LG21乳酸菌には、ピロリ菌を減少させる効果があるため、この機能性ヨーグルトはピロリ菌の保菌率が高い日本人にマッチしているといえます。 ピロリ菌を減らすことで、胃がんを防ぐ効果もあるとされています。

8.プリン体対策に「明治 プロビオヨーグルトPA-3」

PA-3乳酸菌が食事由来のプリン体に作用し、プリン体を減らす効果があるとされています。 尿酸値が高めの人におすすめです。

9.内臓脂肪が気になるなら「雪印メグミルク ガセリ菌SP株ヨーグルト」

ガセリ菌SP株は、内臓脂肪の蓄積を抑えてメタボリックシンドロームの予防に効果があるとされています。 姉妹品として、脂肪ゼロ、砂糖不使用の製品も出ているので、メタボ対策をするならこちらを選ぶのがベスト。

10.善玉菌を増やすなら「メイトー おなかでふえるLKM512」

ビフィズス菌LKM512は、大腸の中で増殖する性質があります。細胞の合成(新陳代謝)や抗炎症作用などに働く物質「ポリアミン」を作りだし、腸を元気にしてくれます。 機能性ヨーグルトの効果を実感するには、1日120gまでを目安に、2週間ほど継続して食べることが大切です。気になる商品があれば、まずは2週間トライすること。体質や目的に合った機能性ヨーグルトを見つけてみてくださいね。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ トマト

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「トマト」です。美白&日焼け防止作用が強力で、ダイエット、疲労回復にも役立つすぐれもの。私の体験、効能、効果的な食べ方など、詳しくお伝えします。

ヨーグルト まとめ

スーパーフードとしてとっても注目されているチアシード。そんなチアシードと一緒にいただく機会の多いヨーグルト。チアシードとヨーグルトの割合、上手な戻し方、効果的な食べ方、注意点など詳しくご紹介していきましょう。

レシピ

胃潰瘍で困ったことはありませんか。ここでは胃潰瘍の種類・原因や食事療法について解説し、胃潰瘍の予防や対処についてご紹介します。いざ胃潰瘍になってしまった時のために役立つレシピも。ぜひ参考にしてみてくださいね。

りんごに「ポリフェノール」が含まれているということをご存じですか?ほかの食材に含まれるポリフェノールと比べて、非常に強い抗酸化作用があるのです。りんごポリフェノールの力を知って、健康も美しさも手に入れましょう!

アイスクリーム

アイスには「太る」というイメージがあって、とくにダイエット中には我慢している方が多いのではないでしょうか。しかし、食べ方にさえ気をつければ、ダイエット中でも大丈夫!今回は、その方法を詳しくご紹介したいと思いま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

お腹が空いてる時は見ない方がいいです笑

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。ここでは、あなたが…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

サラダ おしゃれ まとめ

コブサラダのアレンジが今、話題を集めています!インスタをのぞいてみると、色とりどりの具材を配したカラフルなコブサラダのレシピが多数投稿中。今回は、インスタに投稿されているおしゃれなコブサラダのレシピアイデアを…

サラダ

最近、大きな話題を集めるコブサラダ。カラフルな見た目、食べ応え満点のボリュームが人気の理由ですが、じつは理想的な栄養バランスで健康習慣にぴったりのサラダなんですよ。今回は栄養面からコブサラダの魅力に迫ります!

レシピ バナナ トースト

バナナに塩をかける「塩バナナ」がおいしいと話題です。塩をプラスすることで、バナナの甘さがすっきりと引き立つんですよ。トレンドの塩バナナと、同じく流行中のアレンジトーストを組み合わせた「塩バナナトースト」のレシ…

ナス レシピ 夏野菜

夏野菜の代表、ナス。旬の時期にはお手ごろな価格でおいしいものが手に入ります。今年は茄子をいつもと違った食感で味わってみませんか?『ヒルナンデス』で紹介されて話題のなす料理3品をご紹介します。さっそく今晩、試し…

yukky

和洋中なんでも好き、スイーツも好き、ビールフェスはもっと好き。最近...